ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
西条柿の目合わせ会
0

     2020.9.25(金)雨のち曇り。未明から雨が降っていた。午前中降り続いてかなりの水分が水田にも溜まった。勿論庭の池も満水になった。

     今日は11時から県の目合わせ会が行われる。昨日と同じ顔触れで行うが、柿の品種が変わって今日は西条柿だった。西条柿は渋柿で、出荷時に脱渋の処理をする。4日後におろし市場が日を開けて小売店に売り渡す。その時刻まで降り続き雨の中自宅でのんびりした。

     

    ☆緊急の入院

     

     文化団体協議会のある役員が先日の代表者会議で欠席した。通院としか聞いておらず、会議の結果などを知らせることもあって携帯に電話を架け続けていた。一向に繋がらず不審に思いある方に照会してみた。すると、緊急入院だった。外科で昨日私が定期通院した病院だった。症状などを若干聞いて電話を切った。このところ、高齢者の不測の事態に良く出会うようになった。

     

    ☆表彰状が届く

     

     雨の降る中で配達があった。大き目の袋で、中身はすぐに分かった。県展受賞の表彰状と記念の盾だった。盾は安物ではなかった。重みと品のある盾だった。

     

    ☆西条柿の目合わせ会

     

     県下東中西部の至る所で柿を栽培している。鳥取県は岐阜や和歌山ほどではないが、全国でも有数の柿生産県だ。山陰を代表する柿が西条柿だ。東部の山地では鎌倉時代以前から伝統的に栽培している。10月一か月間が収穫と出荷の時期になる。県下一斉に販売開始するために、初選果の時期を各地で調整する。また、持ち寄ったサンプルをもとに今年の作況を確認して選果基準や等級を徹底する。県の目合わせ会を経て各地でそれぞれ目合わせ会を開催する。その中では出荷対策として生産者に出荷や選果の細かいルールを再確認する。こうした手順を毎年繰り返しながら出荷の水準向上と市場の評価の維持に努めている。

     

     午前10時頃、生産組合のある役員から電話を貰う。既に目合わせ会の会場では人が集まっているとの連絡だった。それを聞くとのんびりしておれない気分になった。準備は既にしてあった。鞄を抱えて飛び出した。

     会場に到着するとまさに柿の実を並べているところだった。目合わせ会では各生産部の指導部長が30分前に召集されていた。集められた実をクラス別に区分けする。実に問題がある場合はその特徴毎に別にまとめる。そういう作業が済んだ結果を全員で確認して、それぞれ好き好きに意見を言い合った。

     

     そんな中で、若干疑問に思う点があった。他の出席者も同じような印象を持ったようで事務局に問いただす。そうして、非常に微妙な点の条件緩和や基準の更なる明確化を図った。

     

    ☆販売会議

     

     11時半頃から販売会議が始まった。生産部長はこの段階から出席すればよかったのだが、どの生産組合も早くから集合していたのだった。

     

     目合わせの結果を踏まえて各生産部の販売計画や生育の最終見込みなどを話し合った。今日とても参考になったのがある卸市場とのリモートでの意見交換だった。会議にオンラインで参加してもらい、卸市場としての視点から要望を述べて貰った。販売開始直後の出荷量についてだった。ある程度の量がでないと小売店へ回せなくなって店頭に並べられない。出始めは高値が付きやすく、折角の時期に出荷量が出ないのは大変困るという話だ。生産者から計画通りの出荷量が出るように頑張ってほしいという期待だった。

     

     近年開始直後のロット数が乏しい。生育の遅れがある。だから敢えて要望として出されたのだが、このことはまさに生産部長が立場上問題視すべきことだった。このために、生産者にどう訴えるか、28日の目合わせ会での話法を考えておかねばならない。それと、週単位で出荷計画量の消化状況をチェックする必要がある。

     生産部長1年目の今年は、戸惑うことも多いが何もかもがまさに学習の連続だった。当地でもそろそろ選果が始まる。問題の多い今季だが、出荷管理に精一杯取り組んでみたい、と思う。

     

     全農から出された弁当を農協の担当職員と食べて帰宅した。金曜日で生協の引き取りをして、その後野菜の買い出しに出かけた。

    野菜市場では午後になると店頭の品ぞろえが随分と減っていた。ほうれん草を買い求めるが、倉吉市内のファーマーズマーケットより価格は安かった。ほうれん草の生産者を見ると、柿生産部の役員の名前が記されていた。それもそのはず柿は昔からあくまで収入の保管作物だ。柿だけで生計を立てることは県中部ではありえない。

     

    ☆栗拾い

     

     午後4時ころ、今日も山に向かった。栗拾いだ。斜面を登ると状況は昨日と同じで地面に落ちた実が視野に飛び込む。短時間だが狭い英愛をうろうろして、昨日と同じような数量を拾った。今頃がピークかとも思う。朝だとyルのうちに猪が食べる。暫くは夕方にやって来るのが良いようだ。タケ

    | 農業 | 07:46 | comments(0) | - | - |
    「封神演義」を読む
    0

      「封神演義」 八木原一恵編訳 集英社文庫

       

       一般にはあまり知られていないこの物語を私は特に気に入っている。違う翻訳者の作品で二度目でだ。一度目の記憶が薄れ、細部は二度目でも新鮮に感じられた。

       中国の奇書とされる物語の一つだが、その奇想天外な内容に惹かれる。時代は殷の末期で周に交替する時期が背景になっている。わが国でも漫画やアニメに描かれているが、本で読む世界を描き切れていない。登場人物の数や多彩さ、さらに繰り広げられる闘いの中で使用される武器のとてつもない威力を描けないからだと思う。

       

       歴史上殷の時代から周の時代に交替することが殷周革命とも呼ばれている。殷の国では、神をまつる儀式で多くの生贄を必要として周辺諸部族から生贄を狩り集めた。周辺諸部族の反発が高まったことだけでなく、社会の古い枠組みが時代の変化に合わなくなったために起きた政権交替のようなものと考えられている。だが、巷の伝承では、絶世の美女妲己の魅力におぼれた紂王の暴政が招いたものとされているが、あくまでそれは物語の世界観だ。

       

       物語の中では、乱れた国の天数(=命運)が尽きたとして仙人が政権交代のお膳立てをする。その使命を帯びるのが姜子牙ということになっていいる。姜子牙は太公望呂尚として知られている。周の建国の立役者で宰相となる。一国を与えられて斉の国の君主となる。

       

       「封神」という言葉の意味は、仙人や仙人のもとで修業を積む道士、地上界の人間たちの中で行いの良くない者や命運が尽きた者の命を奪い、封神する(神として祀る)ことで、それぞれ役割を持つ。いわゆる何々の神というものに当てはまる。これが殷周革命の戦の中で事業として行われる。封神される数が365人で事前にリストが作られるが、たまたま行きがかりの例外も発生する。

       

       面白いのは奇想天外な武器の数々が戦闘で使われる場面だ。それらの武器を宝貝(パオペイ)と呼ぶ。よくもまあ、これだけの武器を考え付いたものだと驚かざるを得ない。しかも、それらには威力を言葉で表す名前が付けられているからただただ感心する。仙人や道士が使う仙術も多種多彩で、宝貝の威力と合わせて結構楽しめる。

       

       殷の紂王は決して悪逆凡庸な王ではなく、能力の高い君主だったそうだ。妲己の魅力におぼれたというのも作り話で事実ではない。時代の変革期にたまたま行き当たって、人の力でどうこうすることが出来なかった。かつて最古の王朝と言われる「夏」が「殷」に取って代わられた歴史が、数百年が経過して繰り返された。

       殷は殷墟という遺跡から付けられたものだが、国家としては「商」が正しい。商の国だ。殷の国が滅びた後、殷の人々が各地に散らばって交易に携わったため、それらの人達を「商人」と呼ぶようになった。商人、商業、商売という言葉の語源はここにある。 

       

       周の建国後は、祭祀や埋葬で生贄をささげる風習が改められたようだ。神をまつるのではなく、「天」という概念に切り替わる。君主を天子と呼ぶようになる。タケ

      | 読書 | 07:37 | comments(0) | - | - |
      定期通院、輝太郎柿県の目合わせ会
      0

         2020.9.24(木)雨のち曇り。今日も早朝に雨が降った。台風の影響ではない。単なる秋雨前線だ。それにしてもそれほどの降り方ではなかった。

         今朝本当に寝坊をした。僅かな時間だが、起床したのが6時15分だった。長男委声を掛ける。だが、長男は既に朝食を食べて居た。今日はいつもより早く出掛けて行った。今日私は定期の通院日で2科を回る。その時間と重なるように輝太郎柿の目合わせ会があった。中部生産部からは私のほかに書道部長が出席する。私が遅れることを報告してほしいと頼んでいた。

         

        ☆定期通院

         

         消化器内科と泌尿器科を受診する。投薬を受けるのが主目的だったが、前回受信時のことを思い出した。泌尿器科で膀胱炎を指摘された。白血球が多量に尿に混じっていた。原因は不明だが1週間分の投薬を受けた。その結果だけが気がかりだった。

         

         やや早めに病院に向かった。早めに診察を受ければ早く片付くかもしれないという漠然とした期待があった。ところが、消化器内科に着いたとき待っている患者の多いことに失望感を覚えた。取り敢えず血圧を測る。このところにすれば高めだった。これが今日思いもしない結果に繋がった。

         

         9時診察の予定が延びる。9じ20分になって看護師に催促をした。どうも個々の医者は時間の観念がない。9時半からは泌尿器科の予定になっている。催促後すぐに順番がやってきた。高血圧の自覚も何もない。医師は直前の血圧に注目した。その結果、これまでより量を増やすことになった。あとで薬局でこのことを確認されたが、何も言うことが無かった。あくまで医師の判断だ。

         

        ☆泌尿器科

         

         どうにか9時半までに回ることが出来た。尿検査の結果が問題だった。暫く待って結果を聞く。白血球は尿に混じっていなかった。膀胱炎は治ったということだった。今日は血液検査をするための採血があった。時間受信時にPSAという項目の結果を聞く。

         

        ☆輝太郎柿の目合わせ会

         

         病院の支払いと薬局での投薬と支払いを終えると10時半が目前だった。急いで県の園芸試験場へ向かった。10時45分頃ようやく到着した。遅刻だが、会場に入ると柿の実がテーブルに並べられて丁度ランク分けや糖度検査が終わったところだった。私もその中に混じってサンプルの実の検分を行う。小振りで、まだへた周りが青い。生育の遅れが明らかだった。

         

         指導部長と共に目合わせ会を見守った。当地での目合わせ会で可たる材料を頭の中で整理する。今日並べられたサンプルを幾分か頂戴して、28日の当地の目合わせ会に利用することにした。正午前に終了して、すぐに帰途に就いた。

         

        ☆昼寝

         

         今日もばて気味だった。帰宅後は自宅でぐったりとする。

         

        ☆苗木の注文

         

         この間自宅に罹って来た電話の主に見当がついた。輝太郎柿の苗木の注文を口頭で行っていたが、正式に注文書に書いて欲しいという内容だった。そのことに気付いたのが丁度山に栗拾いに行こうとした時だった。

         取り敢えず、農協の資材センターに赴き手続きを済ませる。そこでまた思い出すことがあった。柿出荷に伴う協力をお願いしているが、今年も10月からの二か月間昨年同様の協力をお願いしたいと申し入れた。偶然が重なり、忘れていた確認を済ませることができた。

         

         山に着くと斜面を登る。足もとにイガがはじけてこぼれた実が転がっていた。明らかにこれまでと様子が違った。大量とはいかないが、これまでよりは多い数の実を拾うことが出来た。朝より夕方の方が効率が良さそうだった。明日の朝だと、先に猪にやられそうだ。

         

         夕食で今日はビールを飲んだ。ただ、冷蔵庫には居れていなかった。温いビールを一本ちびちびと口に含んだ。気候が変わりのど越しの良さより、味わいの方を好んだ。酔いは勿論変わらない。タケ

        | 食べ物・健康・日常生活 | 06:57 | comments(0) | - | - |
        文化団体代表者会議
        0

           2020.9.9.23(水)雨のち曇り。昨日は降りそうで降らずに日付けが変わり、今朝夜明け前から暫く降った。今日一日雨模様かと思っていたが、一度上がった雨がその後降らなかった。

           

           6時前に起床する。 コーヒーを淹れる。 小雨が降っており、山行きは止めた。のんびりと過ごす朝だった。

           体がだるい。風邪気味のような症状で、濱水やくしゃみが出た。体温を測ると36.2度だった。疲れだと判断するが、体調は良くなかった。午後には下痢気味になった。

           

          ☆交通事故の話

           

           朝食後時間待ちをしてある女性に電話を架けた。中学の同級会の幹事の一人で、コロナ下で集まりを望むという話を耳に挟んだからだ。その話が女性の幹事から出たと聞き、まとめ役の女性に架けてみた。朝食が済んだだろう時間帯を選んだ。すぐに本人が応じた。今まさに朝食中だという。「(朝食が)遅いな」と言えば、家にいないという。(どこに?)「入院中です。」「どうして」「交通事故です」「ええーっ」こうしてその訳を細かく聞いた。個室で遠慮なく話せる。事故に遭った瞬間から気を失って、気付いたときは病院のベッドの中だった。

           田んぼの中の開けた農道でお互い左右を見ずに走っていたそうだ。交差点でぶつかるタイミングの悪さを感じる。入院2か月のところ、今3週間経過したそうだ。早い回復を祈り電話を切った。コロナ下では見舞も行けない。

           

          ☆文化団体代表者会議

           

           恐らく今年度最後の代表者会議になるだろうと思う。今日の会議では、視察研修のことそして、今年度新たに取り組んだサークル紹介について話し合うことにしていた。目玉行事である合同発表会がコロナの影響で実施できなかった。何ともうだつの上がらない話だったが、ゴートゥーキャンペーンが始まり、視察研修を実施することになった。そういう経緯を受けての話合いだった。

           

           冒頭私が定員について説明した。35名を募集としたものの、定員を超過しても追加のバスを仕立てて全員参加できるようにする。定員を気にして、会議の前に郵送で参加者名簿を届けてきた団体もあった。

           もう一点注意を喚起したのが三密対策だ。健康状態などをチェックするシートを作成して全員に配布した。研修旅行に出かける直前に参加者全員についてチェックして、ひと項目でも引っかかると参加を断念してもらう仕組みだ。

           

          ☆資料の誤字

           

           会議中出席者からは特段の質問などはなかった。ただ、一点だけ資料の誤字を指摘する人があった。美術館や資料館を訪ねるくだりで、「館」の字を「棺」と印字していた。誤変換だが、デスクトップを眺めるときに夜間疲れていると誤変換に気付かないときがある。原因はそういうことだが、たちまち「そこに入るのはまだ早い」という声があがり場の失笑を買った。入館が入棺では様にならない。

           

           会議の中で視察研修への参加希望者数を各団体から聞く。想定した通り35名を上回り40名も超えた。

           

          ☆お見舞いを届ける

           

           陶芸教室のメンバーで、この間退院されたおばあさんがいた。会としてのお見舞いを渡す必要があった。入院中は、どこもコロナ感染防止で見舞も出来ない。退院を待って本人に渡すしかない。

           

           陶芸教室の会長さんと会議のあと直行した。元気そうだが、入院していた関係で体力が落ちている。特に足元が不安だそうだ。80歳を過ぎたお婆さんなら当然だろう。このお宅でも早い回復を述べて辞した。午前中がここまでで終わった。

           

          ☆午後は自宅でバテる

           

           会議中から具合がおかしかった。帰宅するとくしゃみが出始めた。昼食後は長時間ひたすら居眠りをして過ごした。実際眠かった。そのお陰か、夕刻になると随分体調がましになった。

           

          ☆小学校へ

           

           突然電話が架かる。小学校の先生からだ。どの粘土を使えばよいかという回答の打診だった。連休明けに訪問の予定だったと訳を話すが、どうも先生たちは休日も出ていたようだ。

           

           4時過ぎ粘土の包みを携えて小学校に向かった。担当の先生に選んだ粘土を教えて用事を済ませた。その後、近くにある農機具のリサイクルショップに回った。柿の新植で作業に使う中古の運搬車を物色するためだ。だが、めぼしいものが無くすぐに帰宅した。

           

          ☆観光バス会社に打診

           

           今日の会議で判明した視察研修の参加人数を営業担当に報告した。大型バス2台という選択が可能だと教えられた。まだ日数があるため、しばらく様子を見ることになった。

           

           風邪の症状は治まった。だが、体調を思い、夕食でのビールは控えた。タケ

          | 食べ物・健康・日常生活 | 07:19 | comments(0) | - | - |
          柿の防除、柿の摘果他
          0

             2020.9.22(火)晴れのち曇り。天気予報の通り日中の降雨はなかった。明日から降るという予報だったが、午後空が曇り気温が下がる。風が出て今にも降りそうだという雲行きだった。

             

             今日は特に用事が無く、6時前まで寝ていた。長男は出勤扱いで定刻に出かけて行った。ゆっくりと朝食を摂り、山へ出かけた。今日も栗は余り落ちていなかった。やはり猪に夜のうちに喰われたのだろうか。足跡が残っていた。

             

            ☆柿の防除

             

             栽培ごよみでは収穫前の最後の防除が9月15日とあった。1週間遅れだった。だが明日から雨天が続く。また出ていないと思うカメムシ対策はしない訳にはいかない。昨年ある圃場で半分ほどがやられた。その結果肥大が進んだ実も出荷できなかった。実に残念な結果だった。その経験を踏まえると、早々と済ませるべきだったが、天気やその他の用事に追われてすっかり抜けていた。実際にいろんな会議で情報交換するとあまり出ていないという答えが多かった。それで気が緩んでいた。

             

             農薬は運よく必要量以上残っていた。8時頃タンクやエンジンなどを積み込んで出かけた。タンクは200リットルにした。

             6アールの圃場から始めた。枝々に掛けていくと、まず目につくのが葉の少なさだ。台風11号での被害だ。肥大が進まないと思われる。しかも、長い間の日照りで樹勢が弱り全てが小ぶりだ。いまだに生理落下が続く。まさに二重苦だった。日焼け果はその部分が変色している。時折摘果漏れが目に入る。葉が少なくなれば目立ちやすい。惨憺たる景色だった。ここで1時間、100リットルを掛けた。

             

             2か所目と3か所目で約1時間、残る100リットルを掛けた。水汲み場の周辺は大変混んでいた。ライスセンターの出口と隣り合わせで荷受後のトラックがそばを通り過ぎる。また、近くにある墓地には彼岸の中日で墓参の客がひしめいていた。それらを尻目にタンクやホースを洗い帰宅した。これで今日のノルマを終えた。その後も気になっていたのは摘果だ。最初の圃場では日焼け果や小振りの実を落とす。摘果漏れを摘果する。今からもそうしなければだけだという気持ちに捉われていた。

             

            ☆冬野菜の種まき

             

             あられが畑に行くと言い出して、付き合うことにした。運ぶものが多かったからだ。随分前になるが、耕耘して元肥を撒いた畝があった。雑草を管理機で根こそぎ取り除いたため、その後もなかなか草が生えていたかった。4種類ほど古い種をまく。もみ殻の燻炭と追肥を撒き、もみ殻で覆う。みょうがを探す。まだ生えていた。捨て生えの冬瓜が実っていた。今日、新たに持参したのが粒の除草剤だ。撒いてから水を掛けるようだが、この後雨が降る見込みで、種にも除草剤にも水を掛けなかった。

             

            ☆柿の摘果

             

             畑から帰宅してすぐに最初の柿畑へ向かった。ここは木自体が若く、手を入れてやらねば駄目だと感じた。摘果をしながら更に気付いたのはカメムシ被害だ。これまでの作業では分からなかったが、摘果をするとなれば至近距離で眺める。汁を吸われてあばたが出来た実が結構見つかった。早めに防除をすればよかったのかと悔しがる。しかし、どうしようもない。今日散布した薬で今後の被害が治まれば良しとする。それにしても今年の柿栽培は何重もの苦難に見舞われている。他の生産者はどうだろうかと思う。今年の総売り上げがどうなるか、生産部長としての気になるところだ。1時間程作業して帰宅したが、降りそうだと思った雨は夜が更けても降らなかった。どうも台風12号は東日本に反れているようだ。

             

             帰宅して明日の資料を作成する。文化団体代表者会議の資料だ。タケ

            | 農業 | 06:54 | comments(0) | - | - |