ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
畔の草刈り、水田のヒエの除草、熱中小学校
0

     2019.8.24(土)曇りのち晴れ。夜明けから減れ間が出た。暑い日になるものと思えば、そうでもなかった。湿度が低く、体感ではそれほど蒸し暑くはなかった。ただしじっとしていればということだ。夜明け前、肌寒さを感じてタオルケットを引き寄せるようになった。

     昨夕、雨で長男を迎えに行った。従って今朝は車で送って行った。送り迎えで気づいたのは、農業用水路の水がほぼ満水に近かった。転倒堰はといえば、3号機も4号機も下がっていた。だのに満水というのは理解できない。更に下流の堰で、私の管理外のものが水を堰き止めていた。後で3,4号機を起立させなければならないと考えた。

     ところが、1時間ほどしてから同じ用水路を見たとき、不思議なことに水が殆ど無かった。この現象に驚くが、上流で水を堰き止めたとしか考えられない。

     

     後刻、改良区から電話が入った。やはり上流域で堰き止めて、今日半日水を止めるという。だが、既に水は朝から無かった。

     

    ☆畔の草刈り

     

     長男を送った後すぐに草刈りに取り掛かった。昨日途中で中断した箇所から始めた。残りの作業はあまり時間が掛からなかった。場所を変えて別の畔を刈る。此処も1時間ほどで終了して、草刈りを切り上げた。

     

    ☆水田のヒエ除去

     

     鎌で刈るのではなく、今日はある機械を試した。それは、この度ようやく手に入れた中干名人という装置だ。名前からすれば、既にその時期を過ぎて間に合うかどうかが気になった。試すのはそういうことだった。装置を草刈り機に取り付ける。それを水田の中に入って株間に下ろす。そのまま前に押しながら株間のヒエを刈る。確かに切れた。よく切れる。ところが、稲が伸びすぎて株間を進むのが窮屈だった。株を分けて進むのも手間取った。そして、刈り取ったヒエが装置に引っかかる。長すぎて簡単に外れないからだ。(やはりもう少し草丈が低い時にやるしかないか)と作業を切り上げた。これで午前中の仕事を打ち切った。

     

     この後は、納屋で木工用の木材を丸鋸で切断した。この作業はかなり汗をかく。

     

    ☆熱中小学校へ

     

     11時過ぎにあられと自宅を出た。昼食を外食するためだ。今日午後に参加する行事の場所に近い海鮮料理の店を選んだ。自宅から30分も掛からなかった。店は混んで、駐車場に空きが無かった。止む無く、敷地の外に置く。店の中の席は空いていた。あられの話では最後に来たのは1年以上前のことだ。頼んだのは此処の看板メニューで、いつもこれを注文した。値段が昔のままだった。料理が運ばれてくると、量がやや少ないような気がした。さもあらん。給仕する係に、「値段が変わっていない。」と言えば、「主人の努力で、、、」という返事が返ってきた。

     

     食事を終えて会場に向かう。大勢の見知らぬ人たちが集まりつつあった。私にとっては全く初めての参加だった。

     そもそもこの集まりは、さる方からの誘いを受けてあられと共に参加したものだった。会員制のところ、自由参加という設定で行われた。(結局、この後で正式な会員として勧誘されたのだが)

     

     ところで、熱中小学校とは何かを知らずに招かれたまま参加した理由は、3人の講師が講演をするその3番目に興味があった。大原美術館の理事長さんで、大原あかねさんの話を聞いてみたかった。現在、観光名所の美術館がどういうコンセプトで運営されているか、それが県立美術館のコンセプトにも参考になると考えた。招いてくれたのが県立美術館の応援団長さんだ。その方は、熱中小学校の生徒会長ということになっている。

     

     正式な名称が「とっとり琴浦熱中小学校」という。18歳以上なら誰でも生徒になれる。ただし、会費が要る。町外でもOKで、全国にまだ14の組織しかないそうだ。定例の行事が講演会で、6か月間を1期とみなす。月に一回講演会が開催されて、2,3名の登録された講師の中から選択してお願いするというものだ。恐らく総務省辺りが政策に掲げて、補助金なり講師団の発掘などを手助けする。全国にこういう組織が浸透すれば地方創世の進展に役立つ、そういう発想だろうと見当がついた。

     講演会がベースにありながら、意欲的な人々の繋がりや、共同活動の広がりを期するものだ。確かに手法としては魅力的で面白いと思うが、私も忙しくて日程調整が可能かどうか分からない。

     

     さて、後援会だが、3人の優秀な方々の話を聞くことが出来た。皆、スマホやモバイルパソコンを駆使してプロジェクターに映しながらの講演だった。

     一人目は、本田技術研究所の技術部門の偉い方で、ホンダの社風や、開発の歴史など細かく詳らかに解説頂いた。今は定年退職でようやく趣味で車が運転できるようになったと締めくくられた。

     二人目は、政策研究大学院という機関の名誉教授で、最近の国際情勢を面白く可笑しく漫談調で解説された。私には、政府にべったりの立場からの面白く可笑しくというのはやや白け気味だった。この先生に質問タイムに敢えて質問した。「目下二国間の貿易交渉中だが、農業を人質にして車の関税を無くそうという方向性が明らかになっている。農業の今後について私見を頂きたい。」と聞いた。

     期待した応えは返ってこなかった。いなされた感じだった。「品質の高い国内の農産物を海外に輸出することで、生き残れるのではないか。」という答えだった。これは、政府も言っている市、目新しい話ではない。中小農家が対応できない話でもある。まあ、こんなところかな、と諦めた。

     

     三番目は、大原あかねさんで、高名な美術館でも様々な工夫や取り組みを行っていることが理解できた。美術館は、維持することが大変難しい。しかも、新しいい試みが無ければすぐに忘れられてしまう。時代の流れを受け止めて時代をリードする取り組みを考えなくてはならない、という。コンテンポラリーという言葉がピッタリする。

     

     三人三様の講演に自由参加をした私には、結構興味深い経験だったと思う。この会の生徒になるには会費が要る。安くはない。いきなり降って湧いたような話に直面して大いに戸惑うのだった。

     それにしても、こういう地方創世の集まりは各市町村で取り組まなければ地方創世に繋がらない。だが、県下でも琴浦町にそれが出来たという事実、わが町ではこういう話も動きも無縁である現実に失望の念を抱いた。

     

     講演が長引いて、質問が多く出て、予定時刻を過ぎて終了した。急ぎ帰宅すると、既に長男は帰宅していた。タケ

    | 農業 | 12:08 | comments(0) | - | - |
    畔の草刈り、農地パトロール
    0

       2019.8.23(金)雨時々曇り。まさに秋雨前線の影響下だ。未明に激しい雨が降った。池に水が溜まったくらいだ。しかし日中は、降ったり止んだりでスッキリしなかった。

       

      ☆文化団体役員会

       

       9月に役員会を開催する。具体的な計画が決まっておらず、そろそろ取り掛かることにした。役員会のメンバーが5人で、4名の都合を調整する。6時前に会長さんから別件でメールが入った。既に起床されていると考え、その時間帯から7時までの間に電話を架け続けた。高齢者が多く、特に問題はなかった。次期役員会を、9月9日、午前9時に開催することになった。

       

      ☆畔の草刈り

       

       次から次に気になる圃場が浮かび上がる。管理担当が出来なくなった区域だが、一斉作業以外には手を付けていなかった圃場が2か所あった。今朝は、そこの草を刈ると決めていた。

       現地に赴くと、肝心の圃場のすぐ近くまで草刈りが済んでいた。恐らく、もう一人の管理担当が、少しずつ刈り進めていたと思われる。

       

       目的の場所は流石に荒れ放題といった経過になっていた。高く伸びたヒエは私の背丈を超す高さだった。畔際で刈れるヒエを倒しながら、畔の姿が現れるように刈った。往復を刈って畔らしくする必要があった。

       新しい草刈り機にまだ慣れなかった。時折エンジン音が弱まったり、シャフトが振動したりする。何故かは分からないが、考えられるのは回転数不足だ。フル回転が基本のようだが、私は草の硬さに合わせて回転数を変える。それに機械がついて来れないのかもしれない。

       

       かなり力を掛けて刈った草を倒す。戻りは倒した草を反対側に戻しながら刈る。タンクが空になった。給油して再び取り掛かる。川ののり面も刈る。結構刈り進んだ時、小ぶりだった雨足が強まって中断した。帰宅する頃にはかなり強くなった。全体で1時間半ほどだった。

       

      ☆農地パトロール

       

       今月、農業委員会で担当区域の農地をパトロールすることになっていた。委員会事務局の一人と実施する。私が車を運転して農地を巡る。事務局の職員が、携帯用のナビとネットとつながるパソコンで農地の1筆ごとを把握する。

       

       パトロールの目的は、農地が本来の姿で利用されているか、遊休地は耕作できる状態で管理されているかを確認する。管理が無く、今後も耕作が懸念される農地と、もはや農地とは言えないところを区別して、記録する。

       多くは昨年通りの様相だが、昨年通りに不耕作であったり、ますます荒れてきた農地もチラホラ見受けられた。耕作者の高齢化などで管理が出来なくなった圃場だ。

       

       大体状況が頭に入っている私でも驚いたことがある。耕作者が殆ど居なくなった箇所の周辺では、農道の雑草やくずなどの蔓性植物に覆われた景観に荒れ方の進み具合の酷さを感じた。ますます山自体が荒れていく、と感じたのだった。

       午後3時に一通り巡回して終了した。理想的な時間の経過だった。運よくパトロール中は雨に降られなかった。

       

       パトロールから帰宅後は、自宅でのんびりした。時間を惜しんで農作業というモードにはならなかった。納屋に入って木材を切断した。エンズイという木だが、かなり硬い木だ。丸鋸で周囲を切り30センチくらいの長さに切断した。この木の切断は、持ち主から頼まれたものだ。この後は板状に成形して引き渡す。あまり大きくない太さで、小物しか製作できない。作業には大汗をかいた。

       

       降り続く雨の中長男から迎えの依頼があった。明日(土曜日)も勤務で、しかも残業だという。仕事が詰まってきたようだ。タケ

      | 農業 | 10:17 | comments(0) | - | - |
      梨畑の草刈り、集落の「話さあ会」
      0

         2019.8.22(木)曇り時々雨。終日重苦しい天気だった。今にも降りそうな、という雲行きで気持ちが中途半端になった。気温が低めながら蒸し暑く、少し体を動かしただけで体中汗をかいた。これといった行事もなく、取り留めもなく過ごした一日だった。

         

        ☆梨畑の草刈り

         

         梨畑に行かなくてはならない。だが、行きにくい。こういう心理に陥っていた。原因は、このところのカラス被害だ。また惨めな状態になっていないか。そう思うといたたまれなくなる。足が鈍った。もっとも、カラス被害を訴えても家族は同じ心境にはない。大したことではない、些事に神経質になり過ぎるという反応だ。

         

         梨畑では、被害が拡大していないか、仕掛けた脅しが外れていないか、そして草刈りだ。新しく手に入れた草刈り機を試す機会になる。いずれは行かなければならない。それをいつ実行するかというだけだから、躊躇するのを止めた。

         梨畑では脅しは正常だった。圃場内の雑草が伸びて、新たな被害があったかどうかよくわからないが、何となくカラス被害が収まった気がした。あくまで気がしたという程度だ。

         

         草刈り機はなかなか感じが良かった。操作が楽だ。エンジンを掛ける力も軽い。一旦かかると同じ回転数に固定する仕掛けが働いて、スムーズに作業が出来た。エンジン音が軽く、振動も少ない。ただ、一定の回転数が維持されると燃料の消費はどんどん進む様で、40分ほどでタンクが空になった。シリンダーの容量が24CCだ。22CCのエンジンより燃料を多く喰う。

         

         1時間ほど作業した時、空の雲行きが急に悪くなった気がした。(降るかな)と感じて中断した。いずれ一度で刈り終えることはできない。梨の様子を見たこと、新しい機械の調子が良かったことで今日は満足した。

         帰宅してシャワーで汗を流すと、あられに物資の運搬を頼まれた。

         

        ☆集落の「話さあ会」

         

         今月の取り組みは、食推委員が受け持つ食事会だった。昨日からあられが準備に時間を取られていた。食材や飲み物などの量が多く、一人で運べなかった。

         会場には既に早めの係が控えていた。私は、役目を終えてひとまず帰宅した。蒸し暑さの中一人留守番をした。

         

        ☆アシナガ蜂の巣

         

         トラックを注射する場所の真上の梁にアシナガ蜂の巣があった。一度殺虫剤を掛けて退治したが、うっかり巣を始末していなかった。今日よく見るとその時の幼虫が成虫になって数匹巣の周りにいた。再び殺虫剤を掛けて退治した。あるものは飛んで逃げる。あるものはマヒして落下した。いずれどれも生きられない。巣を落として潰した。

         

         

         

         11時半を過ぎて会場に向かった。12時会食開始だったため、早い到着だった。ついでに配膳を手伝う。ご飯を茶碗に盛る。炊き出しの量が少なく、茶碗に盛る量も少なくした。高齢者を想定した行事で、それでも間に合うらしい。メインは長芋のステーキだった。食推が考えるメニューは地元産品で健康食だ。

         

         想定より出席者が少なかった。もっと集落内に広げなくてはならない。当日の参加者と雑談をして昼食を終えた。

         

        ☆書類の配布

         

         農家などに配布する書類があった。昨日の農事組合長会議受けての対応だった。今朝、草刈りを終えてからプリンターを使いまわして用意した。

         自転車で18件の農家を回った。帰宅すると汗だくになっていた。出発する前に、自転車の虫ゴムを交換した。空気を入れると禅語のタイヤが膨らみ、走行が可能になった。

         

         帰宅するとあられから電話で、材料の回収の手伝いを頼まれて車で向かった。参加者が少なかったからだ。帰宅してからは、雨模様で、納屋に籠り木材を丸鋸で切る。またもや汗だくになった。湿度が高い。夕食後、雨になった。しかも雷鳴が轟いた。タケ

        | 食べ物・健康・日常生活 | 10:18 | comments(0) | - | - |
        陶芸教室、支え合い推進協議会検討会、農事組合長会議
        0

           2019.8.21(水)雨のち曇り。最低気温がやや下がって、真夏用の恰好では寝冷えをしそうになった。今降っている雨が秋雨前線の影響だと急に報道し始めた。やっぱりもう秋か。そういう心境だ。

           瓶ごみの日で、トラックで搬出した。中元やらで頂いた品物にビール瓶が多かった。しかも瓶ビールだ。空になった瓶が沢山あった。立ち当番に、「今年の中元はビールが多かったもので、、」と注釈をつけた。貰いものくらいしか瓶ビールはない。

           長男は、この程度の降りなら、と自転車で出かけた。降っては止み、止んでは降る。終日そういう天気だった。

           

          ☆陶芸教室

           

           自由参加の日だったが、暇なおばあさん方は集う。また、素焼きが終わって本焼きまでの間に色付けをするメンバーが出席した。私は時間の余裕はなかったが、教室の開錠と自分の作品の色付けのために参加した。あられは次の行事に私と出席するために、同行した。

           

           色付けをしたのが2作品で、白天目と酸化青磁釉を撹拌機で混ぜる。青磁釉を掛ける作品には、岩絵の具で僅かに絵を描いた。山の枝。遠望する山嶺の絵で、夏と秋と冬の姿を単純に描いた。その上に青磁釉を掛けた。1時間しか余裕がない。大急ぎで処理をして、9時半で教室を後にした。

           

          ☆支え合い推進協議会の検討会

           

           国は現在、福祉制度を地域ごとの支え合い活動で維持しようと考えている。行政単位ごとに「地域福祉計画」なるものを制定することと、定期的な見直しを求めている。80%近くの行政体が制定し終わっている中、わが町では未制定の状況だ。そこで、計画策定とともに社会福祉協議会が、並行して「地域福祉行動計画」を策定しようとしている。そもそも、こうした動きの中で、有志による意見交換や、実際に福祉活動の推進に繋がる取り組みをここ2年ほど実施してきた。当地区では12人いる第2層協議体の半分しか集まらなかった。(地味な取り組みに興味を失ったのかも)

           

           今日の検討会は、これまでと内容が違った。事前の予告があり、町の福祉課が任意に町内で実施したアンケートが配布されていた。それらに基づいて、「地域福祉行動計画」への意見を求められるというものだった。

           まず、行動計画なるものへの理解は全員が出来ていなかった。従って、行動計画の立案に相応しい意見が述べられるかどうか、それ自体が問題だった。

           

           アンケートの回答は、殆どが自治会の共同意識の低下や、新たな取り組みの限界を憂えるもので、私たちもそれを既に痛感しながらこの取り組みに身を投じていた。

           福祉は、他人事ならいざ知らず、5日の時点で誰もがお世話になるものだ。一般的にそういう意識が乏しい。また、福祉!福祉!と叫んでも、強制するものでもないため、どうしても後回しになる。福祉とはそういう受け止め方をされている。

           

           私が社協の人達に問う。地域福祉とはどういうものか。範囲は何処までか。答えは、町であり、最も小さいものでは集落レベルだ。そこで、集落の在り方や、自治会長を中心とする自治会役員の資質が大きく影響する。そんな中で福祉!と声を上げても響かない。此処の町民の生き方やモラルは物差しで測るものではない。個人差が容認される時代だからやりにくい。

           

           結局、今日の出席者がいろいろ意見を言い合い。。それを社協の職員がまとめることで終了した。帰路、あられと話すのは、昔の5人組のことだ。権力が、人民を掌握するために全国津々浦々設けられた制度だが、今から思えば随分と人権が制限されたものだ。一方で、仲間内では困ったときの助け合い精神が発揮された。事の良し悪しを別にすれば、こういう人の密接なつながりがあってこそ地域福祉が可能になるのではないか。地域福祉は時代の流れに逆行しているのだろうか。公助から共助に振替が進まないはずだ。

           

          ☆農事組合長会議

           

           今日の会議は事務連絡だった。だから、ひとことも質問をしなかった。昼食後会場にとうちゃくすると、随分早い組だった。午前中の会議もそうだが、午後の会議もエアコンが効いて肌寒い。鼻水が出て困った。

           農家の取りまとめや諸連絡の資料を貰って帰途に着く。開始より1時間余りで終了した。

           

           帰宅してからは疲れがどっと出た。あられは今後の会議などの資料作成で忙しい。私も、草刈りに出ようかと迷っているうちに雨が降り始めた。それで外出は諦めて、拭き漆作業をする。2作品の3回目だった。タケ

          | 食べ物・健康・日常生活 | 08:28 | comments(0) | - | - |
          木工クラブ、敬老会の案内
          0

             2019.8.20(火)雨のち曇り。明け方は小雨混じりの曇天だったが、やがて本降りになった。最近では珍しい量が降ったと思うが、それでも長く降り続くことはなく、池の水も余り溜まらなかった。

             

             長男は、止み間をみて自転車で出勤した。私は、その前に、トラックで燃えるごみ出しをする。傘をさすまでもなく、小雨の中一袋を搬出した。ステーションの中にゴミの匂いが籠っていた。

             

            ☆木工クラブ

             

             7時半頃から本降りになった。その中を木工クラブの定例の活動に出かけた。雨のせいなのか、今日ばかりは製作をしたのは私一人だけだった。その意味では時間がたっぷりあった。

             

             今日は随分前から仕掛中で、製作を止めていた小ぶりの2作品を持参した。厚さの調整で削りをしたり、仕上げの磨きをして目途を付けた。ただ、ケヤキ材の一つは器の中を削る際に付けた傷が落とせず苦労した。その部分だけは未完成になった。

             生徒は一人だが、先生が二人で雑談になる。コーヒーを飲みながら先々の展示会などを話題にする。11時を過ぎると活動を切り上げた。

             

            ☆ネット詐欺

             

             一昨日にあられのスマホに飛びこんできた宅配品持ち帰りの詐欺について、倉吉警察署に通報した。係りの署員と話す。これで二度目だが、住所から名前、生年月日まで聞かれて、まるでこちらが詐欺の仕掛人に疑われているような感覚になる。

             署員の話では、はがきで民事裁判を起こすというタイプは減って来たそうで、新たな手法がどんどん出てきているという。役場にこういう話をしてもさっぱりらちが明かないと言えば、まず警察にと念を押された。

             

            ☆新しい草刈り機

             

             木工の帰り道、遠回りをしてホームセンターで使用不可になった機械を回収した。帰宅すると早くもネット注文していた草刈り機が届いていた。段ボールで梱包された巨大な包みが玄関の三和土に横たわっていた。

             夕方、部品を組み立ててエンジンを始動させた。シリンダーの大きくない機種だが、感触は良さそうだった。

             

            ☆敬老会の案内

             

             自治会役員の一人として、集落内の高令者に敬老会開催の案内を持参する。役員がそれぞれある班を受け持つ。案内をして出欠を確認するのが役割だ。

             在宅と思しき時間帯まで待つ。8名への案内を携えて各戸を回る。担当した班では、一人を除き他は全員欠席になった。一人だけ保留だった。全体で50数名の75歳以上の高齢者がいる中、例年半数余りしか出席できない。残りは、健康不安や施設入居者だ。

             9月は様々な行事が詰まっている。忙しい限りだが、どういうことになるか、あまり考えないことにする。タケ

            | 食べ物・健康・日常生活 | 06:47 | comments(0) | - | - |