ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
柿の剪定
0

     2019.1.22(火)雨のち曇り、時々晴れ。今日は柿の剪定をすると決めていたあ。天気予報は、朝方に雨が止み、午前中が曇りで午後は晴れと報じた。それに合わせて作業を組むが、実際は大きく外れた。

     燃えるゴミの日だが、搬出はパスした。その分気楽に寝ていられる。しかも、6時を過ぎても雨は止まなかった。(これでは駄目だな)結局起床したのが7時だった。

     

     午前中、雨は止まなかった。長男も、助力を考えており、「8時半開始」と宣言したものの予定通りにはいかなかった。雨は、10時頃に止んだ。だが、これでは時間が少ない。しかも、屋根瓦や、電線を見れば、雨滴が垂れ下がっていた。この状態では、枝を切るたびに滴を被る。午後いちから取り掛かることにした。

     

    ☆総会資料の作成

     

     度々やっているように思うが、今日は会計監査を受ける準備と農地の借用料支払い準備をした。金の動きが、口座振替と現金支払いに区別される。現金支払いの商標(領収証)を日付順に並べて、ノートに張り付ける。番号を振る。キャッシュフロー表の現金扱分の領収証番号欄に同じ番号を打ち込む。これで証票審査が出来る。口座振替分は、勿論領収証はない。入出金の経過は預金通帳で分かる。後は、それらを説明する通知類をファイルに閉じる。

     

     借用料は、10アール当たりの単価を面積に掛ける。端数処理をして、金種ごとに枚数を入力する。これらをエクセルの合計機能で求めたら完了だ。端数処理をした段階で借用料に誤差が生じて、会計書類全体に修正を掛ける。ここが肝心だ。

     終了したころ雨は止んでいたが、何もする気にならなかった。

     

    ☆柿の剪定

     

     昼食後長男とすぐに出かけた。私が枝を切り落とす。長男が切った枝をさらに整理する。二か所で剪定ばさみの音が響く。

     4時半まで作業を続けて、圃場内にあと1本の木を残すのみになった。流石に良く切った。心配なのは、来年の今頃同じように徒長枝が乱立するのではないかということだ。今回は、柿の枝の間に隙間を作り、全体を低くすることを考えた。多少の切り過ぎも覚悟したのだが、柿の木が危機感で枝をやたら延ばさないか。そうなれば、実を付けることより、枝を延ばすことに専念する。そんなことを考えたが、やむを得ない。

     

     隣の畑も剪定作業にやって来た。どの農家も午後から始動だ。猪被害が話題になる。1頭だけ捕獲したことを告げる。頑張ってもっと捕獲してほしいと励まされた。

     4時を過ぎると山は日が陰る。あと少しだと確認して、作業を止めた。流石に長男も右手が痛いと言う。私は、とっくにその域を超えている。我慢しながら切っている。右手の二の腕が痛い。

     

    ☆恩師からの葉書

     

     剪定から帰宅する。流石にくたびれた。そこに1枚のはがきが届いていた。それは高校時代の恩師からだった。目を通すと、何故葉書を頂いたのか良く分かった。知人から、「北栄文芸」を貰い、その中に私の投稿を見出したからだ。急に思い出して、便りをいただいた。

     夜、ワードで返信をしたためた。私なりの近況報告になったが、明日には投函する。今後どういう展開になるか分からないが、引き続き北栄文芸を読まれる可能性がある。気持ちを引き締めて投稿しなければならない。

     

    ☆55万人台に

     

     ニュースで報じた。鳥取県の人口だ。56万人を割ったらしい。自然増より自然減がかなり上回る。転出も転入より多い。この傾向はこの先も続く。そんな思いを束の間抱いた。タケ

    | 農業 | 20:55 | comments(0) | - | - |
    柿の剪定、「因伯と」新年総会
    0

       2019.1.21(月)晴れ時々曇り。昨日の雨天から一転して天気は回復した。農作業をしなければならない。今朝は冷え込んで、夜具から抜け出しにくかった。それと、朝イチで目覚めたとき、まだ未明だと思った。暫くして時計を見ると6時過ぎだった。それまで目覚めずにいたことになる。それは最近珍しいことだった。二度寝をして、7時過ぎに起床した。

       

      ☆柿の剪定

       

       昨日は、降ったり止んだりの雨に祟れれて落ち着いた仕事をしていない。今日は、全く降る気配もない天気で、この機を逃さず剪定作業をする。午後は「因伯と」グループの新年総会がある。午前中は目一杯作業を追い込む。

       今日、あられは公務があった。私が帰宅するのと入れ違いで出かける。

       

       柿畑では、続きの場所から黙々と作業をした。時折日差しが雲間からのぞく。本当に僅かだが、日差しの温かさを感じる。爽やかな日和の中、作業は進んだ。今日は、枝を集めることを考えなかった。ただ、切り落としていく。早く切り終えたかった。

       

       隣の畑の奥さんがやって来た。2,3言葉を交わして黙々と作業を続ける。途中で、あられを送って行った長男から電話が入る。そのついでに、缶ビールの買い出しを頼んだ。今日午後の総会のあとで会食時に飲むためだ。

       自分で果たす用事が無くなり、正午ぎりぎりまで作業に専念できた。

       

      ☆因伯とグループの新年総会

       

       10名ほどの創作集団だが、7名しか出席しなかった。町内のサロン形式の、「テカラ」という民家活用の店で開催した。

       端的には、今年11月の展示会の日程と展示会場を決定する目的があったが、その他にも幾つか確認事項があった。

       

       現会長さんから、役の交替が申し出られた。趣味で作品製作に取り組む集団だけに、誰しも自らはその任が不似合いと受け止めて、続投をお願いした。ここ数年そうしたやり取りが続いて、本人んもそれを強調された。会話の途絶えた重苦しい時間が続く。

       どうにか辿り着いた結論は、条件付き続投だった。1年後には、新会長に交代することを約束した。勿論日が浅く、レベルが低い私がその任に就く訳にはいかない。永く会に籍を置く別の会員が今季より副会長に推薦された。

       

       今年の展示会は、10回目を数える。展示会期中にそのセレモニーをしては、という提案が出された。具体的な検討会を3月に開催することにした。

       この他にも、今年からグループの事務所が我が家に変更になった。理由は、我が町の美術展や作品展に、「因伯と」グループから出展が可能にするためだ。少しでも、多くの製作者が出展することが、展示会や美術展のレベルアップにつながるからだ。特に問題はないのだが、私としては、どこか責任のようなものを感じて一旦は辞退した。しかし、他のメンバーの合意で決した。

       

       話し合いの進行が遅く、時間が掛かった。会議を終えて夕食を摂る時刻は、2時間後のことになった。

       

      ☆缶ビールを忘れる

       

       夕食前に、今日長男に頼んで仕入れた缶ビールを自宅に忘れて来たことが分かった。電話を架けて持参するように頼む。同じ町内でそれほど時間が掛からないために、気の毒とは思ったが、敢えて頼んだ。酒量の少ない面々には、350ミリリットル缶6缶で十分だった。

       飲食の時間は余り掛からなかった。7時頃にはそれぞれ帰途に就いた。私は、送迎をしていただくつてがあり、そのまま送っていただいた。帰宅すると、あられが思いもよらない早さに驚きの声を上げた。ともに夕食を食べることになった。

       

       今日、長男が採用の決まった勤務先に、3月からの勤務を申し出た。ほぼ1年経過してようやく復帰の道筋がついた。タケ

      | 農業 | 07:18 | comments(0) | - | - |
      柿の剪定
      0

         2019.1.19(日)雨時々曇り。未明から雨になった。予報通りだった。昨日に働いて、今日米子に行けばよかったという思いがチラついた。だが、フル稼働では体がもたない。午前中で雨が止んで午後には曇りという予報だった。だが、これは当たらなかった。

         

        ☆議事録の調印

         

         日曜日で少し寝坊、7時前に起床した。午前中の予定は、自治会費の集金案内を班内各戸に届ける、ことだった。その前に朝食を終えると来客があった。農事組合総会の書記担当役員が、議事録が出来上がったと持参した。目を通して確認する。あられに署名人宅を訪問すると告げ、傘を挿して2軒を訪問した。議事録の控えを用意して、それぞれに捺印と引き換えに手渡した。

         

         帰宅して、次に集金案内をと持参する封筒を探す。その中には、昨夜作成したメッセージを挿入している。

         封筒が無かった。上り口にあられのスリッパがあった。それで、あられが届けに出掛けたことを知った。暫くして帰宅したあられに礼を言った。

         

        ☆自室の片づけ

         

         雨中に用事をすませたが、午前中一杯は雨に止む気配はなかった。自室に籠り片づけをする。溜まった殻のペットボトルのキャップを外し、ラベルを剥がす。これが思いのほか沢山あった。次の外出時にスーパーに運ぶ。

         厚紙の箱類を潰して重ねる。パンフレットなど不要な雑紙もまとめる。封筒類の中を改め、不要な中身を破き、ゴミ袋へ納める。空になった封筒は、封筒入れに納める。保存するものは封筒のままボックスに挿す。午前中の残った時間で、修正が生じた総会資料を手直しする。後は読書だ。

         

        ☆柿の剪定

         

         昼食後も雨が降った。だが、暫くして小雨になったのを見計らい、柿畑へ出かけた。ウィンドブレーカーを着込み、フードを被った。

         雨はさほど気にならなかった。じきに止んで、日差しも出た。脚立に上り圃場内を見渡すと、圃場内に置いた稲わらのロールが、ほぼ崩されて、散らばっている。日々猪が散らかしたのだろう。手間が省けたと言える。

         

         止んでいた雨が降り始めた。構わず作業を続ける。すると、また雨が止んだ。こんなものだと高を括る。こうした繰り返しが何度か続いて本降りになった。雨脚が強く全身がずぶ濡れになった。これで今日の作業を終えることにした。

         

         帰宅して、雨具を脱ぐ。コーヒーを淹れて飲むうちに雨が止んだ。日も射して来た。(あれっ)雨が止んだ。時刻はまだ早く、考えを変えた。再び柿畑へ。向かった段階で降り始めていた。今度は粘る気でいた。同じ展開を迎えて粘ったが、寒さが加わりこれが最後と中断した。トラックで自宅に戻ると、また雨が止んだ。悉くタイミングが悪い。あられ曰く、すぐに帰らなくてもトラックの運転席で居眠りでもして雨が止むのを待てばよい、と。次からはそうしよう。

         作業が進まなかった代わりに雨にはしっかり濡れた。

         

        ☆農地相談

         

         帰宅すると電話が入っていた。遠方の営農組合組合員からで、農業委員会からの通知が届いたこと、それへの対応をどうすればよいかという相談だった。

         通知が送付されたのは、休耕農地があり、それを今後どうするかという照会だった。まず、その意味が分からない。何故そういう通知が届いたかという説明と、委員会宛返信での回答内容など詳しく説明した。

         

         今は大変便利だ。電話で話しながら、パソコンのインターネットで全国農地ナビを検索して、わが集落の地図を出す。地番を教えてもらって該当する圃場を探す。位置が分かれば、そこがどういう状況にあるかが分かる。電話を貰ったことを喜ぶ。農地に関する相談に対処出来たからだ。

         

         再び雨が止んだかに見えたが、もう今日は止めた。再び書類の廃棄や整理を始めた。明日は遅い午後に因伯との新年総会だ。今年の展示会を話し合う。頼まれた資料を必要部数印刷した。タケ

        | 農業 | 08:00 | comments(0) | - | - |
        柿の剪定
        0

           2019.1.18(金)雨のち曇り、一時晴れ。外での仕事はそれほど寒さを感じなかった。予定のない日は農作業だと昨日のうちから計画していた。ただし天気が良ければということだった。

           燃えるゴミの日だった。未明から雨が降り始めた。もう少し、もう少しと時間を延ばす。6時15分に起床すると、小雨になっていた。ゴミの袋と傘を持って搬出した。傘は差さなかった。

           

          ☆柿の剪定

           

           朝食後雨が更に小雨になった。止みそうだった。ウィンドブレーカーを被って柿畑へ出かけた。寒さも雨も苦にならなかった。前回作業を止めたところから続けた。柿の木のそばに置いた稲わらは、ますます散らかっていた。だが、構っておれない。

           2時間ほど作業して帰宅した。まだ11時になっていなかった。

           

          ☆役場に報告

           

           税務課から、営農組合に関する報告を求められていた。締め切りは1月末だが、雨が降る今日済ませることにした。早朝に資料の再確認を行い、ホチキス止めをしていた。

           柿畑片帰宅して一休みすると役場に向かった。外は小雨だった。トラックのフロントガラスは間欠ワイパーで間に合った。

           

           駐車場に着いたとき雨脚が強くなっていた。庁舎内に駆け込むだけで頭が濡れた。タオルで頭を拭いていると、声が掛かった。「ああ、こんにちは。」だったが、声の主はマスクをしていた。誰だか良く分からなかったが、知った人を認めたような返事をして通り過ぎた。マスク姿は、相手が特定しにくい。この時特にそれを感じた。マスクを外してもらうのが良いだろうか。怪訝な顔をした場合、どういう印象を与えるかな?そんなことを考えながら税務課に立ち寄った。

           

           書類を税務課の職員に手渡し、若干説明を加えた。これで用事が済んだ。そそくさと役場を後にした。農協で営農組合の通帳を打ち出す。1件振り替えられていた。恐らくこれで月末まで残額の移動はないと思われるが、確認が必要だ。会計監査は2月5日に決めている。

           

          ☆再び柿の剪定

           

           昼食後、私は柿畑へ、そしてあられは助け合いの会に代表して出かけた。雨は小雨程度で降ったり止んだりの状況だった。時折晴れ間も出た。午後は結構作業がっ進んだ気がする。それは、切り落とした枝の量で分かる。4時頃に今日の作業を止めた。切り落とした枝を切って揃える作業をして帰宅した。4時過ぎだろうか。手と肩に疲れを感じた。当初の予報で雪とされていたが、小雨程度で助かった。今、山々では梨や柿の剪定作業が忙しい。

           

           作業の途中で、営農組合副組合長が通りかかった。そこで暫く雑談になった。猪捕獲を何人かで組合を作り対応したらどうかと話しかけた。反応は、NOではなかった。5,6人集まれば設立できると思うのだが、まだ二人に話しかけただけだ。

           

           夕刻、右手と右肩に疲労を感じた。関節に引っかかったような感覚が残る。例年この時期はこういう感覚が付きまとう。

           

           夜のニュースで、ズワイガニの漁獲制限の緩和が報道された。漁業組合が資源保護の観点で漁獲量の枠を設けている。涼気が始まってすぐに豊漁の気配から、枠が無くなってしまった。その結果、地元でも市場から生のズワイガニが姿を消した。この状況に対する、今年限りの軌道修正だった。タケ

          | 農業 | 08:03 | comments(0) | - | - |
          料理教室、営農組織研修会、農政委員会
          0

             2019.1.17(木)晴れのち曇りのち雨。今日は多忙な日だった。しかも、午後からは緊張感を伴う会合が控える。

             ゆっくりと起床する。7時15分だった。新聞を取りに出て、庭の梅の木を見やると、いくつもの花が咲いていた。蕾も大きく膨らむものが増えた。

             9時半に出かける予定でゆっくりしていると、長男が早々と出かけて行った。そして、私が出かける前に帰宅した。この間受けた健康診断の結果を受け取って来た。結果は問題なしだった。これを入社する頃に勤務先に提出する。

             

            ☆料理教室

             

             今月のメニューはズワイガニだった。それで、参加人数が多いかと予想していたが、出かけてみると10数名でかなり少なかった。葬儀や急用、風邪などでキャンセルが相次いだという。

             メニューは、.ニ鍋、蟹の甲羅蒸し、てんぷら、ぞ鉢(なます)だった。

            1901料理

             左側の4つの器が私の分で、鍋の中にはこれから具材を入れる。

             

            ☆調理

             

            .ニ鍋は、カニのほかに白菜、エノキ、白ネギ、大根に豆腐だ。具材の盛り方で先生のダメ出しが出た。我がグループは私が見本に忠実に盛ったため問題なしだったが、他のグループではやり直しになった。

             カニの切り方は、足は包丁で真ん中を割く。手で少し広げておく。でないと、折角煮えたカニの足を割くのに力が居る。

             

            ▲ニの甲羅蒸し

             

             これはよくあるメニューだ。カニの甲羅の中に割いたカニの身、エノキ、銀杏、板蒲鉾を入れ、だし汁を混ぜた溶き卵を満たし蒸し器で仕上げた。

             

            てんぷら

             

             カニの足の天ぷらを作った。包丁で足の裏と表を削り、包丁の先を両端に入れて殻と身を話す。殻を切り取ると、身だけが足の節の先にぶら下がる。これをてんぷらにする。一人一本が限度だった。その他に、白ネギとサツマイモ、それにかき揚げが付いた。

             サツマイモはオーブンで熱を通してから揚げたのだが、かじると、ガリッという音がした。

             

             カニの足の殻を削るとき、学ぶことがあった。包丁には和包丁と洋包丁がある。刃の作りが違う。和包丁は片面だけ刃先が研いである。切り込みを薄く入れるとき、研いである側を下にする。逆だと、刃がどんどん深く入る。刃の向きを変えることで切り方を変えられるのが和包丁だ。洋包丁は表裏の区別が無いため、どちらを使っても同じように切れる。その分切り方を変えるときに技術が要る。そういうことだった。

             

            い覆泙

             

             大根と人参、それにカニの身が混ざる。

             

             鍋の後は雑炊で、最後は食べ切れずに残った。次の予定があり、食器などを洗って私はすぐに辞した。

             

            ☆営農組織育成研修

             

             急に降って湧いたような研修会だった。個人農家は対象ではなかった。会場は営農組織の代表で満席になった。

             

             テーマは、\蔚舞の品種説明、大豆栽培の大雨や雑草の影響と対策、7弍調浜システムについて、県の担当室長や関係者から解説が行われた。

             質疑時間には、様々な意見が出た。知識不測の私には情報入手の機会になった。この後で休憩を挟んでグループに分かれて意見交換に臨んだ。驚くことに、休憩時間に半数以上の人たちの姿が消えた。面倒くさかったのか。

             

             意見交換では、自己紹介と、どういう作付けか、昨年産の状況などを順番に語った。話を聞いて概して言えることは、例年に比べて水稲も転作の大豆も中部地域全体で収穫量が少なかった、ということだ。我々だけではなかったことを知る。

             

             4時を過ぎて研修会が終了した。研修中に迷いが生じた。それは、新品種の星空舞を営農組合で今年から導入するかどうかだ。県のブランドというべき水稲品種だが、種籾の供給量が限られて、希望に対しては調整がある。帰宅してから結論を出した。今年急いで導入するメリットはない。今年は見合わせて、当地の平均的な作柄を見て来年度からの導入を検討することにした。

             

            ☆農政委員会

             

             夕食後会議の場所に向かった。2名が所用で欠席した。今日の議題は第7回青年農業者研修の運営と平成31年度の委員会の事業計画だった。

             研修会の運営はすぐに結論が出ると考えていたが、実がそのようにはならなかった。細部の詰めや、講師の接待、次回以降の研修会との関連性をどうするかなど、次々と意見が出た。若手農業者のために知識教育の機械提供を考えてきたが、今後発展性に期待が持てるようになったために、検討すべき要素が拡大した。委員長としてそれらの調整にかなり気を遣うことになった。7時開始が8時半を過ぎて打ち切りとなったが、次回以降の研修会運営については幾つもの選択要素を残した。条件付けと取り組み順序が複雑になって、覚えきれずにひたすらメモに残す。次年度の事業計画については、2月の例会で本格的に検討することにした。

             

             今日は、様々な話を聞き、意見を述べ、また話し合いに臨んで頭が混乱気味だった。能力の問題かと思えば、更に疲れを感じた。タケ

            | 農業 | 07:15 | comments(0) | - | - |