ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
梨の摘果、民泊引き受け2組目
0

     2019.5.23(木)晴れ。いよいよ2組目の民泊引き受けの日を迎えた。午後受入のため、午前中に梨の摘果を少しでも進めることにした。

     

    ☆梨の摘果

     

     6時過ぎ、いつも通りに梨畑へ向かった。露は殆ど無かった。ただ、乾燥しているため、早朝は若干肌寒かった。小袋を掛けながら、摘果漏れを発見して、摘果からやり直す。枝に付ける実の数の調整で切り落とす。こうした作業のため2時間余り作業して100枚余りの消化に留まった。

     すぐ目につく箇所の実は、そのまま残した。というのは、民泊引き受け後の最初の行程がこの作業だった。8時半で切り上げたのは、疲れ感じたからだ。しかも、気温が上昇して熱中症を懸念したこともある。

     

    ☆筍堀

     

     梨畑から帰宅すると、あられは引受中学生の夕食の準備に追われていた。筍を食材の一つにしようと言い出した。すぐに、鍬を乗せて山に戻る。旬の頃から大分経つ。どういう状況下見当がつかなかった。

     一番近い山に入ると、すぐに手ごろな長さのものが3本見つかった。10分ほどでこれらを掘り、持ち帰った。中は既に黄色が濃く、やや固めだった。時期外れだからやむを得ない。夕食は筍ご飯になった。

     

    ☆資料作成

     

     昼食までは資料作成をして時間の有効活用に努めた。田植前の苗の潅水当番表を作成した。代かきと田植、更に除草剤散布要員の目途を検討した。簡単ではない。勤務のある組合員には1日は休んでもらわねばならないようだ。

     

     文化団体合同発表会の招待状の修正や、広報関係の依頼原稿の確認などをした。

     

    ☆民泊引き受け

     

     関金町の体育館に向かう。やや早めに到着すると、生徒を乗せたバスが予定より早めに到着した。これで後の予定に余裕が出来た。

     自宅に4名の男子生徒を案内して、自己紹介や日程説明をする。前回通りの手順で対応した。だが、今回は、少し予定を変更していた。

     

    ☆梨の小袋掛け

     

     ある生徒の希望に農業体験があった。そこで、目下対応中の小袋掛けをしてもらうことにしていた。作業が簡単で、興味を持ってくれると思った。

     若干説明して取り掛かる。「小さな実は掛けないで残す。」と念を押すと、最初は一つ一つについて確認を求められた。すぐに興が乗って追加の袋を求められた。4人がそれぞれ枝の間に潜り込んでいった。

     後の予定もあって、途中で中断した。

     

    ☆日本海や風力発電

     

     これはまるっきりこれまでと同じコースをたどった。途中、道路をカメが横断する。車を停めて亀を5人で囲む。河川から河川敷を這いあがってきた模様で、反対側に向かっていた。

     風が弱く、風車がほとんど動いていない。にも拘らず、海辺の波は高かった。時折しぶきを飛ばす。海水の色がきれいだった。

     

    ☆青山剛昌ふるさと館

     

     民泊用に発行された半額割引券を使って、4名を入館させる。私は、夕刻が近づいた風を受けながらベンチに座って待つ。案に相違して4名は短時間で出てきた。近くにあるジェラートの店で暑さを凌ぐ。そのうちに、見回り中の先生方が3名合流した。辿ってきたコースや、最後の行き先を説明して後にした。

     

    ☆山菜の里

     

     ここに上がるのも前回通りだった。地元の客は無し。5人で高台から北条地区の全体を眺める。田植がところどころ始まって、日光を反射している。のんびりと休んで帰宅した。

     

     夕食前は、グーグルアースで当地を上級から眺める。そのうちに、彼らがマウスを握って自分たちの学校や、通学路などを辿り始めた。慣れるのが早い。

     夕食は、あられの手料理を全員で堪能した。今日の生徒たちは特に苦手な食材が無く、全て完食した。夕食後に、外に出て星空を観察するが、街灯などの明かりが強くくっきりとは見えなかった。北斗七星だけが判別できた。

     夜は夜で、4名がにぎやかだった。タケ

    | 農業 | 05:44 | comments(0) | - | - |
    梨の摘果、陶芸本焼き、柿の防除
    0

       2019.5.22(水)晴れ。天気が戻って快晴になった。気温が高いのだが、風が強い。家の周りの鉢がころころ倒れる。晴天続きで乾燥が進み、朝晩は過ごしやすい。いや、却ってひんやりして鼻水が出る。温度差による鼻炎だ。

       

       6時になるのを待って、営農組合員に電話を架ける。水田圃場の見回りをしなければならない。私が、いつ実施するかを言わなければ、事が進まない。24日の9時から4名で行うことに決めた。

       瓶ごみの日で、先週間違えて搬出した瓶を改めてトラックに載せた。

       

      ☆梨の小袋掛け

       

       早朝の農作業は大分慣れてきた。涼しくて効率が良い。出かける前に瓶ごみを搬出して梨畑へ向かった。昨日とは打って変わって、枝に水分は殆ど無かった。ただ、少々空気がひんやりして、ウィンドブレーカーを着た。

       

       残した梨の実を探しながら小袋を掛ける。多すぎるところや、貧弱な実、傷が出来た実などはハサミで切り落とす。時間は多目に掛かるが、少しでも理想に近づける。

       スマホで音楽を聴く。その中で、気に入っている曲が流れた。HANK JONESというミュージシャンのジャズピアノで、MY ONE AND ONLY LOVE という曲だった。日本では、よくオンリーワンというが、英語ではワンアンドオンリーと表現しているようだ。

       

       8時半が近くなって中断した。陶芸教室に向かう時刻だった。

       

      ☆陶芸本焼き

       

       素焼き候補作品が随分溜まって来た。そのために残った本焼きを済ませる。会長さんと窯詰を約束していた。9時前に民芸実習館に入る。あられは、明日からの民泊受け入れに備えて、活動を休んだ。

       メンバーが数人集まったところで窯詰に取り掛かった。1時間ほどかけて詰め込むが、今回が薄い作品が多く、鎌の上の方ががら空きになった。熱の具合がどうなのか、さっぱり見当がつかない。

       

      ☆陶器の鍋

       

       少し前に、陶器の土鍋を製作したメンバーがいた。ところが、自宅で水を入れて火にかけたところ、暫くしてひびが入ったという。どうしてそうなったのか訳が分からず、確かめたいと考えていた。相談された私もさっぱり分からなかった。

       

       そこで、ふと思い出したのが、浜田市にある尾上窯の螺山さんだった。懇意にしていただいている方で、いきなり電話を架けると本人が出られた。そこで、唐突ながら聞いてみると、答えはすぐに返ってきた。こういうことだった。

       

       土鍋の製作では、専用の粘土を使う。しかも、焼き締めは1230度で終えるそうだ。これを外すと、火にかけたとき割れるという。鍋の下側が熱で、上側を水で冷やすと温度差に陶器が対応できず割れる。

       

       そこで、いつも購入する陶芸品の業者に問い合わせると、確かに専用の粘土を売っていた。だが、ここではたと困ったのが、通常の焼成では1250度まで温度を上げる。1230度で終えるときは、全員が土鍋を製作しなければだめだ。うっかり粘土を買っても焼成で躓くことに気付いた。やはり、陶芸は奥が深い。

       11時過ぎに私は教室を後にした。

       

      ☆柿の防除

       

       西条柿と輝太郎柿だけに散布する防除があった。時期が遅れていた。23日に交配促進用のミツバチの箱を設置するため、今日中に済ませる必要があった。品種が限られて、面積が狭く、サンプ量も掛かる時間も少なかった。2時半頃、昼寝から起きて取り掛かった。僅か50リットルの水を汲んで取り掛かった。散布作業はすぐに終わったのだが、気になることがあった。その圃場は山の峠にある。このところの強風で、あちこちで細い枝が折れていた。もったいないことだ。早い枝では開花が始まっていた。梨の後は柿の摘果が待っている。

       

       防除を終えてから、農協の資材センターに出かけた。先日の元肥散布で異常をきたした肥料を持参した。業者に今回の異常を説明してもらうためだ。

       

      ☆資料の配布

       

       昨日の会合で長男がまとめた書類を、5軒のお宅に配布した。5軒は、その会合に出席していなかったからだが、折角長男が作成した資料だけに、配布してやりたかった。しかも、長男が今日帰宅するまでに配布を終えるのが好ましいと考えた。班内を歩いて届けて回った。

       今日の疲れは左程ではなかった。明日は4人の中学生を迎える。タケ

      | 農業 | 05:45 | comments(0) | - | - |
      梨の摘果、文化団体代表者会議、農政委員会
      0

         2019.5.21(火)曇りのち晴れ。未明に雨が止んだ。雨滴がびっしりと枝に付く。だが、今日は気にしておれなかった。梨の摘果に目途を付けたかった。

         

        ☆梨の摘果

         

         6時、自宅を出た。梨畑の手前まで来て思い出したことがある。そうだ、今日はゴミの日で、一袋の搬出を頼まれていた。慌てて自宅に戻った。ゴミ袋をトラックに積んで再び出かけた。遠回りをして搬出する。

         遠回りをしたおかげで良いことがあった。今日が木工クラブの活動日だが、私は休む。鍵の解錠を頼もうと思っていた人が、早朝にもかかわらず庭に出ていた。車を停めて、ウィンドウを下げて、用件を依頼した。この後は一目散に梨畑へ向かった。

         

         案の定、雨滴はびっしり付いていた。雨具を着てフードを被る。すぐにずぶ濡れになった。だが、作業を続けた。次第に濡れることに慣れた。そのうちに日が射してだんだんと乾いてきた。そこからは作業が進んだ。

         9時頃、ほぼ作業が終了した。ようやく摘果が終わった。残るのは小袋掛けだ。ひとまず作業を止めて帰宅した。

         

         帰宅してから午前中は、自宅で雑用をする。午後と夕方に会合がある。暫く体を休めなければもたない。

         

        ☆文化団体代表者会議

         

         午後1時半から開催した。今年度第2回目だ。どういう訳か、私が事務局になってから、何もかも回ってくるような気がする。冒頭から司会をする。

         ある代表者が、「早く終わってほしい。この後も予定がある。」と話すのを聞いた。そこで、開始早々に、「出来るだけ早く終わるようにしますので、協力をお願いします。」と宣言した。結局は、1時間丁度で終了した。

         

         今日の主な議題は、合同発表会の役割分担と展示作品数の確認、演技を行う団体の確認などだった。出来るだけわかりやすく資料を説明した。予定した項目の確認を終えて、1時間後散会した。

         欠席者が5名で、会議の結果を書面で連絡する。いつも決まった団体の代表者だ。早めに終えられたことに満足して帰宅した。

         

        ☆農政委員会

         

         午後7時半から開催する。青年農業者研修会の運営や、町への意見書の内容検討が議題だが、これがなかなか難しい。意見が出にくく、とにかく何でもよいから自由に話し合おうと切り出す。多くは雑談のような話し合いだった。まとまりを欠いて、最後に、次回はテーマに沿った話し合を行うことを告げた。そのためには、各自意見をまとめて出席してほしい。

         定刻の9時を迎えて終了した。どうにか、予定を消化したものの、消化不良の気がした。

         

         帰宅すると、長男が資料を作成していた。今日、私もあられも別々の会合に出席していた。ところが集落では、更にもう一つの会合があり、長男に出席してもらった。近隣で行われる解体工事に関する説明会だが、同じ班内で数軒が欠席した。我が家が班長であることに気を使って、話し合いの経過を紙面にまとめていた。配布するようにという気づかいだった。

         早朝から夜遅くまで働いて疲れた。タケ

        | 農業 | 06:14 | comments(0) | - | - |
        梨の摘果
        0

           2019.5.20(月)曇り時々雨。日中時折小さな雨が降った。夜になって強い雨脚の雨が降った。田の作業を終えており、今は慈雨だ。野菜や、干上がった池には恵みの雨だ。

           

          ☆総会翌日

           

           昨夜の通院の影響は全くなかった。ただ、眠い。それだけだった。6時に起床。7時に朝食を摂る。しっかり食べた。今年から選ばれた新会長と食後のコーヒーを飲んで旅館を後にした。

           帰宅すると、あられは公務で終日留守、長男は勿論勤務で留守だった。鍵を忘れており、非常時の入り口から中に入った。

           

          ☆梨の摘果

           

           帰宅して間を置かずに梨畑へ向かった。とにかく早く摘果と小袋掛け作業を終わらせる。時刻は9時だった。12時前まで作業した。随分進んだがまだ残る。作業中に電話が何度も掛かった。用件はいろいろあったのだが、今日は運よく山中にあっても電波が届いた。

           

          ☆湖南市からの連絡

           

           湖南市の生涯学習課からの電話は、我が文化団体協議会の作品展に出品いただけるという返事だった。歓迎すべき内容だった。先方には、帰宅してから、送付いただく時期と送付先を連絡した。

           

          ☆深い居眠り

           

           帰宅して、あられが用意していた昼食を食べる。食後、寛ぐといつの間にか深い居眠りに陥った。かなり疲れていると感じる。体が沈み込んでいく感覚だ。意識ももうろうとして時間の観念が飛ぶ。そういう居眠りを2時過ぎまでした後、思い切って起きる。体が痛い。

           

          ☆資料の印刷

           

           明日の午後、文化団体の代表者会議がある。その資料を作っていた。公民館へ寄って必要部数を印刷した。ところが、財布を忘れていた。取り敢えず書類を受け取り、明日にでも支払うことにした。

           

           この後は直接梨畑へ向かった。続きを作業して、あと少しのところまで来た。3時から5時過ぎまで作業して帰宅すると、すぐに長男が帰宅した。少し遅れてあられも帰宅して、そのころ雨脚の強い雨が降り始めた。タイミングが良かった。

           

           帰宅すると、郵便受けに封筒が入っていた。23日から受け入れる民泊の生徒たちの資料だ。男子4名だった。

           

           夕方から夜にかけて、電話を架ける。田植前の苗を引き取ってから田植まで毎日灌水する。その当番を決めるために対象の奥さん方にお願いをした。幸い全員了解を得て、5名体制を組むことが出来る。タケ

          | 農業 | 21:09 | comments(0) | - | - |
          梨の摘果、田の元肥散布、文化団体役員会
          0

             2019.5.18(土)曇り。雨が降るでもなく、終日どんよりと曇る天気だった。日中、特別な予定が無く、その間に農作業を組み込んだ。今しなければならない作業と、遅れている作業だ。昨日最初の民泊を終えて、一息つく間もなく次の予定が待ち受ける。今夕には、文化団体の役員会を開催する。運営する立場になったため何から何まで準備をしなくてはならない。その最初の多忙さを痛感する。

             

            ☆梨の摘果

             

             昼間は少しでも時間が惜しい。早起きして、その時間を捻出する。今朝は、朝食抜きで5時半から山に向かった。9時から田の元肥散布を約束していたからだ。

             道路も山も、この時間は人気が無い。曇り空で、今にも降りそうな雲行きだったが、爽やかで雨が降らなかった。梨の実は確実に大きくなっている。枝のどの部分でも選択の迷いはない。

             

             早朝の時間にも拘わらず虫が顔の周りを飛び交った。いわゆるブヨだ。(早いな)という気がする。

             7時半、ひとまず切り上げた。腹が減ったからだ。

             

            ☆元肥施肥

             

             50歳代の若者(?)とペアを組んで取り掛かった。例年の作業に比べると、かなりハードになった。理由は、10アール当たりの施肥量を5キロ増量したこと、そして、今年の作業可能な人員が揃わず、3組体制にしたからだ。昨年は4組体制だった。今日と明日のうちに施肥を終えることにした。その先頭を切って、私たちが取り組んだ。

             

             二人で交替して動力散布機を担ぐため、負担はまだましだった。60筆を3組で分ければ約20筆、2ヘクタールずつになる。散布する肥料の量は、20キロ入りの袋が46個、約1000キロになる。二人で担ぐわけだから、一人で500キロを受け持つ。

             掛かった時間が最終的に5時間だった。9時から12時までと、2時から4時までだ。

             

             面倒臭くなって、タンクに20キロの袋を全て入れる。これを担いで散布すると、機械の自重と燃料などを足すと35キロになる。体重を合わせて100キロを両足と腰が支える。畔にモグラがあけた穴に足がはまると、100キロの重さで足が穴に沈んだ。それにしても、モグラの穴が多い。このままではまた水が直ぐに抜ける。田植前に穴を全て潰して回らねばmならない。困ったことだ。猪にモグラが当地では農家の天敵だ。

             

             午前中の作業を終えて昼食後2時間の休憩を取った。思い切り疲れて、深い眠りに落ちた。体の節々が痛むのを感じながら起き出して午後に作業に向かった。

             

            ☆最後にトラブルに見舞われる

             

             後弘袋となった時、急に動力散布機が止まって、肥料を噴出しなくなった。噴出量をコントロールするレバーが動かない。何故だ。早速、機械を分解して確かめると肥料が詰まっていた。中身を取り出してみると、粒粒の肥料がくっ付いて大きな塊として出てきた。これがつかえて機械の動作を止めていた。そして、驚いたのは、プラスティックの部品が燃料とともに転がり出た。これは何処に付いていたものなのかさっぱり分からなかった。

             

             あれこれ思案して、部品の突起がはまる溝を発見した。そこに部品をはめて組み立てる。エンジンを架けると正常に駆動した。これで済んで良かったが、壊れでもしたら、そして塊の入っている袋が最初だったら、とんでもないことになっていた。運が良かった。二人とも疲労困憊して帰宅した。私は、5時から役員会だ。のんびりしておれない。

             

            ☆文化団体役員会

             

             目的は、21日に行われる代表者会議の準備と、6月開催の合同発表会の準備に関する検討だった。取り敢えず自分流で資料を用意して臨んだ。項目ごとに用意した資料は半端でなかった。分からないことも多く、確かめながら取り扱いを決めて行った。

             

             対応事項が実に多く、話し合いが2時間に及んだ。次回役員会を6月11日開催として散会した。帰宅して一人で夕食を食べる。不思議と眠気などが無かった。明日は午前中が農作業で、午後から泊まり込みでOB会の総会だ。タケ

            | 農業 | 05:44 | comments(0) | - | - |