ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
柿の摘果、遊休農地の草刈り、自治会役員会他
0

     2020.7.5(日)曇り時々晴れ。予報では降水の可能性もあったが、結局雨らしい雨は降らなかった。全国的には梅雨前線が甚大な影響をもたらしているが、当地ではそうでもないのが幸運だった。

     早朝の行事に備えて5時に起床する。いつも通りの朝食を摂る。体調を整えて待機した。

     

    ☆大いなる勘違い

     

     今朝早朝より集落の総事が予定されていた。内容は山道の草刈りだ。今にも降り出しそうな空模様に備えて上下とも雨具を着こんだ。6時過ぎのことだ。隣に住む弟を助手席に乗せるべく待機するが弟はなかなか出て来なかった。平常の姿で出てきた弟に用意を促すと、弟は怪訝な顔をした。実は今日予定の総事が天候不安の為1週間延期になっていたのだった。区内放送で連絡されたようだが、私はそれを聞いていなかった。早々と準備をしていた私の思い違いを悔やむのだった。

     

    ☆柿の摘果

     

     気落ちして帰宅すると柿の摘果作業をすることにした。念のために草刈り機をトラックの荷台に積み込んだ。

     夜露か雨滴か、その両方なのか柿の枝にはこれまでにないような滴が宿っていた。雨具姿で作業に取り組んだ。1時間ほど作業すると体中が濡れてきた。どうにも効率が悪く、滴が少なくなるまで中断することにした。

     

    ☆遊休農地の草刈り

     

     実は総事が延期になる前の段階では、ある男性と総事の後で遊休農地の草刈りを計画していた。だが、今日は総事が無くなった。草刈りの約束がどうなるか見当がつかなかったが、柿畑からの帰途、持参した草刈り機で一人取り掛かった。20アール余りの遊休農地は丈の高い雑草が繁茂していた。ある一角から刈り始めて、中に中にと刈り進む。巨大迷路のルートを作るようなイメージの進み方だった。

     1時間足らずでバテが来た。一旦切り上げようとしたとき、約束していた男性が草刈り機を抱えて到着した。約束は忘れられていなかった。こういう状況になると疲れたからと言って止める訳にはいかなかった。

     

     取り敢えず今日のところで刈り終える区画を決めた。遊休地全体はとても二人で短時間では刈り終わらない。途中またマムシを一匹刈った。1時間ほどで予定した区画を刈り終えた。

     

    ☆見知らぬ人と雑談

     

     草刈りを終えて刈り始めのところに戻ると、近くで梅の枝の選定をする男性がいた。「随分早い剪定ですね。」と声を掛けた。我が家の場合は、12月に行う。それまではとても剪定をする時間的な余裕がない。そこから話が広がって集落で少し前に亡くなったおじいさんの話になった。その方はそのお爺さんと同級生だという。だからその方もお爺さんだ。

     

     同じ畑のなかにウドの株があった。そこで、新しく生えた柔らかい脇芽を調理して食べられることを話すと、その方は奥さんを既に亡くされて一人暮らしだそうだ。あれこれいろんな料理は作れないと言われた。年齢は85歳を超えたところだと思うが、生活が大変だと思う。お元気で、ということばを残して後にした。

     

    ☆あられが行方不明になる

     

     柿畑から帰宅するとあられは自宅にいなかった。スリッパが三和土の辺りに脱いで置かれていた。畑に行っているなと思った。

     ところが、時間が経過して12時が近くなっても帰る気配がなかった。携帯にかけるが応答がなかった。長男にそのことを言えば、慌てて畑まで出て行った。ひっくり返って気を失っていたりしないかと気を揉んだ。返ってきた長男は畑には居ないという。では、何処に寄り道しているのか。別の畑に回ったのか。すると長男が別の畑に行ってみると出て行った。

     

     その直後のことだった。あられが浴室から出てきた。シャワーを浴びていたという。すぐに長男を呼び戻した。畑から帰宅して、スリッパをはかずに浴室に向かったという。そういうことだった。

     

    ☆午後も柿の摘果

     

     午後1時半、天気が良くなって晴れ間が出た。それを見て柿畑へ向かった。滴が乾いて作業が随分楽になっていた。約3時間、ひたすら作業した。取り掛かっている圃場の残りが随分少なくなって、向こう隣の圃場が見通せるようになった。

     

    ☆自治会役員会

     

     今日の役員会の焦点は、夏祭りの開催可否だった。皆が開催を望むが、一方で町内でも飲食を伴う行事がすべて中止になっていた。折しも県内で4人目の感染者が出たところだ。こうした状況からは開催は無理だと感じていたようで、是非の話になると、自粛でまとまった。今年度下期の予定などを話し合って30分で終了した。後は雑談で終始した。

     

    ☆集落の運営協議会

     

     今年度下期の運営について話し合う協議会だ。各班の班長や区内各団体の代表が一堂に集う。ここでもやはり焦点は夏祭りの開催是非だった。役員会で方向性を話し合って、協議会で確認することになっていた。やはり異議はなく、全員自粛に同意した。その他には下期の行事を確認して30分で終了した。

     

     終了時刻が早く、帰宅してビールを一本飲む。明日は終日雨のようだ。本当に良く降る。タケ

    | 農業 | 07:18 | comments(0) | - | - |
    柿の摘果
    0

       2020.7.4(土)曇り時々雨。(雨、時々曇りというのが相応しいかもしれない)

       夜半に降った雨が朝方には止んでいた。トイレに起きて外を覗くと屋根が濡れていた。雨音のしない様な小ぶりで降っていたのだった。夜が明けると降ったり止んだりを繰り返した。

       長男は、今日もサービス出勤で出掛けて行った。丸々一週間、午後に社内研修の講師を務めた関係で、自分に割り当てられた業務が捗っていないからだ。入館する鍵を管理する人の出勤に合わせて事務所に入る。

       

      ☆柿の摘果

       

       今日の天気は予報を信じて午後が雨、それまでは曇りと理解していた。実際は午前中から小雨が降っていた。本降りになるまで柿の摘果を進めることにした。

       雨具を被り作業に取り掛かる。雨よりも枝に溜まった水滴の量が多かった。枝に触るとバケツをひっくり返したように水を被る。これが溜まらない。雨具が薄手で、やがて中まで濡れてきた。

       

       工夫したのは、離れたところから枝を揺すってまず水滴を落とす。その後に摘果する。或いは、脚立を寄せて登る。枝が下に見えるような一で作業する。水滴が落ちても濡れることはない。こうした作業では、雨が降っているかどうかも分からず、降っていても気にならなかった。7時半から10時前まで働いた。

       

       帰宅してからは眠気を感じた。兎に角休息だ。そしてその後はドールハウスの製作で気を紛らした。

      ドールハウス

       こんな調子だ。横幅が10センチないくらいで実に細かい。牛乳パックは特に面倒臭い。ピンセットで挟んでこしらえた。くたびれたときに何でこんな面倒臭いことをと普通考えるのだが、私の場合はそうではない。

       

       そんな時、突然長男が帰宅した。鍵の管理者が午前中で帰宅したため、追い出された形になったという。もぐりの出勤だからやむを得ない。持参した弁当を昼食で食べていた。

       

      ☆再び柿の摘果

       

       雨が降ったり止んだりする中、自室でだらだらと時間を過ごした。だが、止み間を狙って午後も再び柿畑へ出かけた。2時半頃だ。

       作業中雨は降らなかった。雨滴は大分乾いて、作業であまり濡れることはなかった。結局夕方まで雨は降らなかった。折しも熊本では大雨による球磨川の氾濫で大変なことになっていた。5時前に帰宅した。まだ10本以上の柿の木が残っている。タケ

      | 農業 | 11:17 | comments(0) | - | - |
      柿の摘果他
      0

         2020.7.3(金)曇りのち雨。明日にかけて雨が予報された。外仕事が余りできないだろうと感じたが、出来るだけ柿の摘果を進めようと考えた。

         

        ☆水田のヒエ取り

         

         今日も起き抜けに水田に入った。圃場内は若干スッキリしたように思うが、まだ残るヒエが多い。中に入り、泥田を歩く。体が重い。ヒエを手で抜き、大きい株は根にたっぷり付いた泥を水で洗うように落とす。作業は随分慣れて効率は良くなった。昨日も一昨日も1時間以上やって収穫籠で4,5杯しか取れなかったが、今日は30分ほどで3杯分抜いた。だが、その代わり、今日はやけに体が重く、30分ほどで中断した。やる気が無くなったということだ。

         

         帰宅すると、長男と自分の弁当を作っていたあられが、「今日は帰宅が早いね。」というのだった。僅か3日目ながら家族からしてあさイチモードになっていた。あられは今日終日公務で出掛ける。自分用の弁当が必要だった。

         

        ☆柿の摘果

         

         8時過ぎ、ようやく重かった腰を上げた。柿畑へ向かう。圃場内の雑草が少し黄色味を帯びてきた。除草剤が効いているのだろう。

         摘果作業も3日目になれば要領が良くなった。枝の高さによって脚立を使い分ける。残す実は一枝に一個以下にする。徒長枝は、風通しを妨げるため、極力切り倒す。実の付いていない枝は来年使えそうなもの以外これも切り落とす。移動の邪魔になる枝は、収穫まで邪魔になる。

         

         2時間程作業して疲れを感じた。作業にも飽きてきた。帰宅すると10時だった。昼食にはまだ早い。自室で時間潰しをする。今日は読書をせずに取り掛かり中のドールハウスの製作に手を出す。

         

        ☆生協の引き取り

         

         昼食は11時半に摂る。あられが用意した食材などを食べる。12時半から生協の引き取りをする。雨が降り始めた。定刻になって傘を差しながら待つ。だが、今日はなかなか生協の車がやって来なかった。午後1時前にようやくやって来た。引き取った食材を冷蔵庫に詰める。冷凍食品と、要冷蔵の食材だけ冷蔵庫に収納した。

         

        ☆柿の摘果

         

         暫く休息するが、雨脚が弱まった頃合いを見て再び柿畑に向かった。休む時間が短く体が重い。脚立を登る動きが鈍い。しかし、いずれ早めに作業を終えなくてはならない。気を取り直して作業に励んだ。

         

         そういうときほど邪魔が入る。それは降り始めた雨だった。予報通りだから仕方がない。アッサリ切り上げて帰宅した。

         

        ☆投稿記事の反応

         

         昨日から今日までに、日本海新聞に投稿した記事のことを話す人が一人しかいなかった。新聞を読む人がそもそも少ない。読者の欄を読む人は更に少ない。そういうことだろう。

         

         そんな中、夕方1枚の葉書が届いた。高校時代の先生で、昨日の投稿に関するものだった。考え方を共有できるという文面で、今後も投稿をという励ましで結んでいた。

         読んですぐに葉書にメッセージを書いて投函する素早さには感心した。恐縮してすぐに電話を架けた。そこから話が弾んで長くなった。

         

         葉書は常時手元に置いて何時でも書けるようにしているそうだ。退屈な生活を送っておられるようで電話がなかなか切れなかった。外出は用事が減ってめっきり減ったとか、日常話をする相手に事欠くというような話だった。アフターコロナの段階で会おうという話も出た。農作業ばかりで気持ちも体も重くなっていたところに届いた葉書から気分転換が出来た様で、電話を切ると随分気分が軽くなった。

         

         夕刻帰宅した長男が教えてくれたのは、会社の社長さんが長男に私の投稿を見たと告げたそうだ。これで3人目だ。タケ

        | 農業 | 06:13 | comments(0) | - | - |
        柿の摘果
        0

           2020.7.2(木)雨のち曇り。予報は終日曇りで、降水確率が20%だった。だが、午前中に雨が降った。

           今日やるべきことが決まっていなかった。気持ちは水田の対応が支配していたが、やればやるほど効果が出るというわけでは無く、暫く時間をかけて稲の生育を見守る。中干の時期がくれば改めて圃場を点検して後期除草剤を散布する。そう考えてじたばたしないことにした。

           

          ☆日本海新聞「読者の欄」に掲載

           

           投稿して2週間ほど経つが、ようやく今朝の新聞に私の投稿が載った。投稿の内容は以前の投稿で紹介済みだ。あれだけ掲載を待ちわびた一方会、いざ掲載されると気恥ずかしさが勝った。暫くそんな気持ちを引きずった。

           

          ☆ヒエ取り

           

           だが、今日も早朝市電の中で作業した。ヒエ取りだ。昨日に続いて2日目だが、なかなか捗らない。やはり生えているヒエの数が多いのだろう。

           5時過ぎに作業を始めた。昨日に入れた水が減っていた。後で圃場のグルリを歩いてみたがよくわからなかった。取水口で漏れているのだろうか。今日も作業中に取水した。すぐに水が入った。こういうことだから除草剤の効きが悪いのだろうか。

           1時間ほどやって腰がだるくなった。それで引き上げた。収穫用のかごで4杯ほどか。

           

          ☆柿の摘果

           

           水田のことを除けばやらねばならないのはまず柿の摘果だ。7月中に終えなければならない。長男が自転車で出かけた後小雨が降り始めた。それを合図にしたように私も柿畑へ出かけた。昨日に取り掛かった圃場だ。雨具を着て臨む。

           

           雨滴が枝に残る。その圃場にある1本だけの西条柿の摘果がようやく終わった。残りは全て富裕柿だ。途中で雨が降り始めた、段々と雨脚が強くなった。それで中断を余儀なくされた。帰宅すると10時頃だった。午前中は自宅で休息した。

           

          ☆畔の草刈り

           

           午後1時半頃、休息を止めて畔の草刈りを始めた。この間の一斉作業でやり漏らした圃場で3アールしかない。しかも、東側と北側は隣接する農家が監修により買ってくれる。従ってこの圃場は狭いうえに半分しか刈らない。時間的にはすぐに終わった。

           

          ☆再び摘果

           

           草刈りの後は柿畑で摘果作業を開始した。午前中に取り掛かった富有柿の木を含め、3本の木を済ませた。それらは小ぶりで余り時間は掛からなかった。4時過ぎに終了したが、その頃空が曇って暗くなっていた。

           摘果しながら気付くのは、枝の先端に付く実が生育不良が多かった。遅れて開花、交配したものだろうか。それらは全て切り落とした。午後に持参した低い踏み台が役に立った。脚立は高いところは便利だが、上がり降りと、場所の移動に伴う運搬に手間がかかる。

           夕食でまたビールを飲み始めた。汗をあまりかいてはいないのだがのど越しが良い。タケ

          | 農業 | 07:09 | comments(0) | - | - |
          柿の防除、柿畑の除草、県の普及員と圃場を見回る
          0

             2020.6.29(月)晴れのち曇り。明日から週末まで雨模様の日が続く。特に明日、30日は強い雨らしい。雨雲が西から流れてくるが、それを最初に迎える九州と四国が大雨警戒だ。ここにきて梅雨前線が発達している。

             

             昨日に畔の草刈りが終わった。今の陽気では、また伸び始めて次の草刈り時期を考えなければならない。だが、取り敢えず区切りをつけたという気持ちに開放感があった。一方、今日午後に県の普及所の水稲普及員の訪問を受ける。稲の生育状況や、圃場ごとに課題を確認するためだ。可能であれば、対策のアドバイスをしようという判断だった。

             この状況の中で私は、出来るだけ時期を迎えている作業を消化することにした。それは柿の防除だ。

             

            ☆柿の防除

             

             6月で3回目の防除だ。基準日が25日で、やや遅れていた。柿の防除は、5−6月のものが重要だ。ここでしっかり対応しておかないと、後で生育期に問題が起きる。落葉病がその典型だ。これから雨天が続くとなれば、今日早い時刻に済ませなければならない。そう考えた。(雨を控えての防除はタイミングとしてベストではない。だが、ぐずつく天気を考えれば今やっておく。薬剤散布後数時間でもあれば、一定の効果が期待できる。)

             

             5時過ぎに起き抜けに作業で飛び出した。まず、最も広い圃場に向かう。ここが済めば残る3圃場は比較的時間が掛からない。

             農薬を調合しながら視野に入る枝を横目で眺めれば、実が沢山ついていた。生理落下でかなり失ったかと思っていたが、そうでもなかったようだ。

             この圃場で約1時間作業して6時半に終了した。ひとまず朝食のために帰宅した。

             

             朝食後若干の休息を取った後で再び防除作業に取り掛かった。8時半のことだった。丁寧に掛けて4圃場目で薬剤が無くなり、終了したのが9時半だった。早い。随分と時間が掛からなかった。タンクを洗って帰宅すると10時前になった。

             

            ☆畑の除草

             

             もう一つやってしまいたい作業があった。何時にしようかと迷った挙句、防除から帰宅してすぐに除草作業に取り掛かった。

             

             これまで梨畑や柿畑に除草剤を散布したことはなかった。だが、草刈りで掛かる負担が最近とみに応えた。規模の大きい柿農家に聞けば除草剤散布が基本だという。注意して使用すれば省力化できるという話だった。約1か月間は草刈りが要らないそうだ。

             

             タンクに100リットル余りの水を汲んで梨畑から取り掛かった。周辺には念入りに掛けた。圃場の外から侵入する場合に圃場が奇麗に刈られていると侵入をためらうとも聞く。除草剤で刈らせておいても効果があればよい。そして、内部も一面に掛けた。

             

             その後、隣の遊休地をはじめ3か所の柿畑に散布して回った。終了したのが12時を回り、腹を空かせて帰宅した。

             

            ☆県の農業普及員と圃場を見回る

             

             今年新たに水稲栽培を担当する職員より、圃場の見回りを依頼されていた。具に確認して、課題に対するアドバイスをしたいというのが理由だ。14時雨に訪問を受けた。私がトラックで60ほどある圃場を順番に見て回った。いくつかの課題が浮き彫りになる。だが、既に私たちはそれを承知しており、対策を聞くことにした。

             

             帰宅して我が家に招きコーヒーを飲みながら雑談で時間を費やした。そして対策も。

             

             訪問客を返した後でのんびりしておれずその後課題のある圃場に向かった。その圃場は取水口に問題があった。水漏れの懸念が生じて、新たに措置する道具を持参して対策を講じた。少しでも早めに対応するのが得策という考え方に切り替わっていた。

             

             今日も帰宅するとぐったりした。夕食ではビールを飲まなかった。飲むことで疲れそうな気がしたからだ。夕食時に長男から聞いた話では、今会社で社内研修を担当しているそうだ。今日が一回目で、4時間話したそうだ。ご苦労様なことだ。タケ

            | 農業 | 06:50 | comments(0) | - | - |