ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
トラックの車検、共済部長会議
0

     2019.11.15(金)晴れ。ゴミ出しはなし。今日は軽トラックの車検がある。済むまでは農作業が出来ない。ただ、水田の中は雨水で湿ったままだ。特に排水の悪いところでは水たまりが残っている有様だ。

     あられは特に用事がなかったはずだが、私がほぼ定刻に起床した後から起きてきた。今や6時起床が習慣化している感じだ。

     

    ☆北栄文芸

     

     8時に車検場へトラックを持ち込む。朝食後それまでは時間が空いた。そこで、今朝推敲を重ねてきた北栄文芸の原稿に取り組んだ。いつも忘れるのだが字数制限があり、文字数25×22の用紙で4枚以内という規定だった。字数では2200文字で、原稿には2500文字があった。文脈を変えずに余分な表現などを削いでどうにか2200以内に収まった。そういう気持ちにならなければ、大げさな表現や重複があるものだ。同じことを、言い方を変えて楽しんだりする。投稿締切は12月10日だが、区切りを付けるために校了として印刷した。

     

    ☆車検

     

     トラックの後からあられにキャロルで追いかけて貰った。同乗して帰宅するためだ。今回の車検は代車を購入して間もないために費用が余り掛からないように頼んでいた。自賠責などの公的な費用は無理だろうと思っていた。

     係りが書類の不足を言う。納税証明書がないと。しかし、我が家にある証明書は、廃車になったトラックで支払ったものだ。購入した車の証明書は販売店が持っているはずだというが通じなかった。

     一旦帰宅して改めて持参すると、別の係の人が判断の誤りを告げた。そのことは軽く流して何も言わなかった。

     

    ☆反省会の買い出し

     

     17日の夕刻に営農組合の反省会を行う。実質は飲み会だ。その飲料や食材の仕入れを行う。早めのタイミングでは乾きモノを中心に購入したが、新鮮なものは当日に調達する。金額は、予算の半分くらいだった。

     帰宅後は、別の行事の資料などを作成して過ごした。

     

    ☆素焼きの窯出し

     

     会長さんと2時から窯出しをすると決めていた。1日で500度も温度が下がったため、大丈夫と見込んで決めたものだ。少し前に公民館に寄る。既にキーが用意してあった。ついでに北栄文芸の原稿を係に渡す。

     焼成室を覗くと当てが外れた。というのは、窯の中の温度が100度以上あったからだ。この状態で窯出しは無理だった。すぐに会長さんへ中止を連絡して、明日の夕方3時半に延期した。

     

     帰宅すると、21日の文化団体で行う視察研修のしおりを印刷した。32部ホチキス止めして完了した。その後、一休みすると疲れて急に眠りに落ちた。久し振りの昼寝だった。

     

    ☆トラックの回収

     

     居眠りから覚めた直ぐ後で電話が架かった。4時前のことだが、車検が終了したという連絡だった。あられとキャロルに乗って出かけた。引き取り時に支払いを打診すると、無料だった。つまり、2か月も経たない時期の車検で、購入費用に含めて販売されたということが分かった。記憶では、確か公的な費用は云々と聞いたように思うが、私の勘違いだったようだ。ラッキー!

     

    ☆農業共済の共済部長会議

     

     毎年行われる定期総会だ。簡単な報告と質疑で会議は終了した。質問は私一人だった。火災保険の更新書類を受け取る。集落分だが、帰途関係のお宅を回って書類を配布して回った。手続き後の書類は月内を締切とした。

     

     夕食後は因伯とグループの関係資料の作成に取り組んだ。タケ

    | 農業 | 07:08 | comments(0) | - | - |
    柿の選果、意見書の提出
    0

       2019.11.14(木)雨のち曇り。未明から強い雨が降った。稲刈りは終わったものの、稲わらのロールが転がっている。雨に濡れて重くならないかと心配する。昨年がそうだった。猫車で運ぶ足元が雨でぬかるんでいた。足を取られないように運び、トラックに載せる。重さも結構重く感じたものだ。

       

       5時半頃目覚めた。まだ時間がある。頭の片隅でそう考えながらまどろんだ。6時過ぎ起床して朝食を食べる。その頃あられが起床した。今日あられも公務があった。私も午前午後と用事がある。

       

      ☆柿の選果

       

       7時過ぎ自宅を出た。まだ雨脚が強かった。その中を選果場目指してトラックを走らせた。この時点から出荷量が少ないという思惑があった。午前中も早めに終了するだろうと見込んでいた。

       選果場に到着すると170コンテナだという情報を耳にした。ところが、今日ばかりはなかなか終了時期を迎えなかった。理由は作業員が少なかったようだ。少ない量でも作業員が少なければ、時間が掛かるという道理だった。結局は11時過ぎにようやく終了を迎えた。

       

       私が担当する贈答品の箱詰めは最初該当する実が少なく、暇を持て余した。その間にある事柄を決めた。素焼きの窯出しだ。当初、16日に行うよう会長さんと話し合ったが、もし窯の温度が下がればという条件付きで15日午後2時に行うよう変更した。関係者の一部にその旨の連絡をした。

       

       暇な時間帯が過ぎると行き着く暇もないほどに対象の柿が流れ始めた。2名体制で大慌ての作業を行った。これでかなり疲れた。選果作業が終わっても、箱詰めは延々と続いた。最後は手の空いた役員の助けを得てようやく作業を終えた。昼までに帰宅したい私はこの後急いで帰宅した。

       

      ☆意見書の提出

       

       今日午後1時半から町長に意見書を提出する。農業委員会の農政委員会で半年以上かけて議論した結果だ。資格を示すバッジを付けたスーツとネクタイで臨んだ。あられが留守で昼食は一人で摂った。

       

       30分前に農業委員会事務局に到着する。事務員がコーヒーを淹れてくれた。飲みながら関係者が揃うのを待った。何のことはない、コーヒーは委員の負担で備え置かれたものだ。

       

       予定の時刻が訪れ、町長室で伝達のセレモニーを行った。町議会の議長も同席した。快調の挨拶の後、私と副委員長が分担して内容の説明を行った。その後全員が意見交換をして2時過ぎに終了した。僅かな時間だった。

       

       尿意を感じてトイレで用を足していると町長がやって来た。トイレから出て立ち話で雑談を行った。私が忙しい存在だということは知れており、そこから幾つかの話題に広がった。この中でも新たな情報を得ることが出来た。熱中小学校の生徒会長さんは、実は町長と同学年だった。いろんなところで出会う元気な人たちは、多くが70歳あたりということが良く分かった。

       

       帰途、銀行に寄る。因伯と団体の口座開設をするにあたって用意するものを確認するためだ。団体名での口座は、かなり前からマネーロンダリングの温床としてチェックが厳しい。それを意識してのことだった。

       

      ☆窯の温度を確認する

       

       公民館に寄った。民芸実習館の鍵を借りるためだが、スーツ姿での訪問が初めてで、職員の眼を惹いた。焼成室に入ると温度計は277度を表示していた。1日たって500度以上下がったことになる。寒くなったためだろうか。この分だと明日の午後なら間違いなく窯出しが出来る。それを確認して帰宅した。

       

       3時過ぎ、私が帰宅して間がない内にあられが帰宅した。1時間早く切り上げたという。今夕も別の会議が入っている。忙しいことこの上なしか。タケ

      | 農業 | 09:17 | comments(0) | - | - |
      柿の選果
      0

         2019.11.11(月)昨晩少し雨が降った。予報でも雨模様だったが、朝から晴れ間が広がった。ただ、夕方頃また少し降った。殆ど影響はなかった。

         作品展を終えて一息つく。一つの山を越えた気分だった。だが、体は疲れを引きずる。週明けで、また柿の選果作業が始まった。

         

        ☆柿の選果

         

         そろそろ出荷量が増加すると見た。そうでなければ困ったことになる。今日から富有柿一本になる。ドライアイスの処理が無くなると随分楽になる。弁当を持参して選果場に向かう。作業開始とともに知らされた出荷量は200コンテナ余りだった。異常と言えるほど少ない。これでは10時過ぎには終了する。弁当を自宅で食べることになる。

         

         新しい作業は贈答品の箱詰めだった。ところが、出荷量が少ない関係で、必要な箱数の秀品が揃わない。資材を揃えて準備万端で待つが、待てども待てども箱詰めする対象が流れて来なかった。ひたすら何もせずに待つ。そのうちに選果作業が終わった。

         関係者と話すのは、生育が進まない木や圃場が沢山あるようだ。色付きが悪くて出荷できない。では、何故進まないのか。聞くところでは、気温の高さだという。最低気温なのか、或いは最高気温なのかそれらの気温差なのか、生育条件を満たさないということだった。そうなると、選果日をいつまで延ばすかという班足になるが、私としてはそれも困る。

         雑用を済ませて帰宅すると11時頃だった。

         

        ☆長男が帰宅

         

         岐阜での大学OB会から共帰宅した。2泊して同期の仲間と時間を過ごしたようだ。いろんな人といろんな話をすることは本人のためになると思う。あまり詳しくは聞かなかったが、それなりにためになったと思う。

         

         一方あられは今日も倉吉市へ出かけて行った。一方私は、早く来たkして早目の昼食を摂り、雨の止み間を狙って、稲わらのお届けをした。ベーラーという気会で撒いたワラノロールをトラックに積み、配る。相手はおばあさんだったり、女性だったりで男手の私が配る。個数が少なく手、左程の体力は使わなかった。

         

         夜は明日の農業委員会の準備などをした。タケ

        | 農業 | 07:11 | comments(0) | - | - |
        大詰めを迎えた稲刈り
        0

           2019.11.8(金)晴れ。雲一つない晴天と葉今日のような日を言うのだろう。そういう天気だった。予報では雨交じりの曇天だったが、、、。

           ゴミ出しはなく、稲刈りは10時と決まっており、早く起きる必要はなかった。しかも体はもっと寝ていたかった。しかしほぼ定刻に起床した。そこからは余裕のある朝を過ごした。

           

          ☆日本海新聞の記事

           

           5日に取材があった。そしてようやく今朝の朝刊に記事が載った。因伯との作品展の記事だ。今回はどういう訳か出展者について詳しく記述されて、私の名前や作品まで紹介されていた。第10回目ということや、記念冊子を用意していることまで説明されていた。朝から気分を良くしていた。

           

          ☆干し柿を吊るす

           

           気温が低くなった。そろそろ時期が来たと判断してわずかに残った西条柿の皮を剥いた。軒下に掛けた竿にそれを吊るす。焼酎を霧吹きで掛ける。そうして表面の乾燥を待つ。HIまずこれで終わり。

           

           納屋でうろうろする。ケヤキの木材が丸鋸では切り離せず転がっていた。切り込みにノコを入れて引く。ケヤキ材がなかなか固い。かなり時間を掛けないと切り離せない。途中であきらめる。こんなことをしながら時間を潰した。

           

          ☆稲刈り

           

           修理の終わったコンバインが戻る。トラックにフレコンを積みこみ、指定した場所に向かう。10時引き取りと決めていた。時間前にオペレーターと、もう一人の運搬員が到着する。10時まで3人で待つ。青い空と、ポカポカ陽気の中雑談をしながらコンバインの到着を待った。

           業者がトラックに載せて運んできた。機会を降ろす前に、今回の故障の原因になった破損部品を見せられる。頑丈なはずの金属部品が見事にねじれたりちぎれていた。詰まった籾の圧力の凄まじさだ。これでは修理代が高くついたと感じ取る。だが、それも致し方ない。

           

           修理の終わったコンバインで、刈り取りの途中で終えていた箇所から刈り始めた。此処は簡単に終わる。そこから隣り合った圃場に映すが、雑草の生え方が半端でなかった。刈り進むのと同時に横で歩きながら手を伸ばして刈り取られた雑草を取り除く。機会に挟まれるのを防ぐためだが、本来はこんな作業はない。常識を超えた雑草で埋まったためだ。

           

           何回かフレコンで籾をライスセンターまで運び、合間に昼食を摂る。あられが作ってくれた弁当だ。トラックの運転席で食べた。

           とにかく時間が掛かった。その割にフレコンがなかなか一杯にならない。ヒエなどが沢山生えるところでは稲が影響を受けて株が細かったり、穂が余り付いていなかったりで、実に惨めな状況だった。

           

           5時前にきりの良いところで作業を終えたが、2筆の圃場が残った。あと2筆だと思えば、もう1日で終えられる。ようやくここまで来たという思いだった。ここまで手間取った年は近年ない。この地域で刈り取りの終わっていな水田は探してもないくらいだ。

           

           帰宅してから、あるオペレーターに状況を話して最後の刈り取りを頼む。明日か明後日に簡単に終わるはずだ。私は、藁販売の手配と、反省会の連絡をしなくてはならない。タケ

          | 農業 | 08:00 | comments(0) | - | - |
          柿の選果、畑の草刈り、集落の楽しもう会
          0

             2019.11.7(木)晴れのち曇り、一時雨。夕刻から短時間雨が降った。そして今夜も降るという予報だ。明日、稲刈りを組んでいるが、果たして作業が出来るかどうか。

             目覚めると今日も6時だった。外が暗く、夜明けが近づいたかどうか分からなかった。ただ、目覚めるきっかけになったものがある。少し離れたJR山陰本線を通過する列車の音だ。午前6時前に通過する。今日は柿の選果日で、ゆっくりしておれなかった。

             

            ☆柿の選果

             

             いつも通りに自宅を出る。道路が混んで到着はやや遅くなった。今日が西条柿の最終出荷日で、ドライアイスの処理も今日で終わる。それがまず有難い。

             西条柿のコンテナ数は40個余りだった。20キロのブロックを2個粉砕すれば余る程度の量だった。時間も1時間ほど富田。その後で作業する富有柿も少な目で、午前中も早く終了する見込みが立った。実際は10時半で終了した。持参した弁当は自宅で食べることになった。

             

             それにしても富有柿が少ない。まだ生育が進んでいない圃場が多いらしい。果色が進んでいないようだ。落葉病などで実がやたら落ちる頃は、健全な木や枝だと考えていた。この時期になればそうでもなさそうだ。考えられるのは日射不足ではないだろうか。日陰が多く日射時間が少ない圃場なのだろう。最近になって、霊園とは違う現象を耳にするのもそういうことだろう。

             帰宅して弁当を開く。あられは今日も生協の行事で外出し、昼を過ぎて帰宅する。

             

            ☆畑の草刈り

             

             午後になると空が曇ってきた。休息の後畑の草刈りに出かけた。畑地の一角にサツマイモと里芋を植えている。その他は雑草に覆われていた。そして、週明けには農業委員会が農地転換に伴う現地確認を行う。隣の畑の一部を転換するためだが、せめて草刈りでもして管理の一端を残す必要を感じていた。

             

             久々の草刈りだった。丈は長いが細い草ばかりで負荷は余り掛からなかった。40分ほどで終了した。11月も10日が迫る。だが、里芋もサツマイモもまだ葉が緑色だ。これが今年の特徴だ。

             

            ☆集落の楽しもう会

             

             かねてから予定していた行事の話し合いをした。行事は芋煮会だ。有志が行う地域興しの取り組みだが、なかなか参加者が増えない。粘り強く取り組みを継続するしかないのだが、今日もぎくしゃくする意見が出る。当初は町の事業を活用して始めたものだが、今ではそれも終了して資金面の算段から始まった。食材は出来るだけ持ち寄りとしながら、開催日を決定すれば話し合いは目的を達した。全員が必ずしも同じ考えでないところに違和感の原因がある。取り組みの温度差とでもいうのだろうか、何となくスッキリしないまま帰宅した。日程は12月14日、土曜日だ。夜半雨が降って、明日の作業が懸念された。タケ

            | 農業 | 07:12 | comments(0) | - | - |