ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
通院、柿の圃場視察研修、柿の摘果
0

     2019.7.23(火)晴れ。いよいよ梅雨明けだ。暑さが終日続いた。体が慣れていない。たちまち熱中症予防だ。

     燃えるごみの日で、一袋を自転車で出す。暑さのせいもあるが、ステーションの中にコバエが飛び交っていた。締め方が緩い袋があったからだ。帰宅して身づくろいをする。あられが用意した朝食を食べる。昨日までと比べて、やや体が軽くなった。(うん、回復傾向だな)と感じた。

     

    ☆通院日

     

     間隔を置いて通院日がやって来た。診察とともに投薬を受ける。血液検査をする予定だった。少し早めに到着して、エアコンの効いた院内で予定時間を待った。診察はすぐに始まる。大した検査もせずにどういう訳か医師の愚痴を効かされた。政治やこの国の体制に関する愚痴だ。何で私がそれを聞かなければならないか疑問に思うが、敢えてそれは言わなかった。

     

     診察を終えて、代金を支払う。薬局へ回りここでも代金を支払う。その間、病院での領収証を眺めて気になることに気付いた。

     病院の精算窓口に戻り、ある検査の代金を問う。「この検査は受けた記憶がないが、、、」「外来に確認します。」その返事が直ぐに述べられた。「酢k蘇飛だけやったと言っていますが。」「それは何ですか。私が受けていないと言っているだから、おかしい。これはどういうことか分かるでしょう。」「はい。」今日は余り追及することは避けたが、「外来にあなたからはっきり伝えてください。必要があるなら検査もやればよい。やらない検査料まで払わせないで。」と、告げた。怒りの表情で伝えたからか、精算係の役付は、緊張していた。まあ、次の検査がどうなるか、本気になるのはその時だ。

     厚さが増す中を帰宅した。午前中はもう、何もする気にならなかった。

     

    ☆柿の圃場見学

     

     鳥取中央農協の柿生産部会の指導員対象に、視察研修が行われた。いたろうか気を大規模に栽培している2軒の農家の圃場を見学した。13時半集合で、隣町の営農センターに手剥く。折しも気温が最も高い時間帯で、日差しを受ける肌が痛いくらいだった。誰しも熱中症を心配した。

     

     2つの柿畑は、私にとっては高根の花のような圃場だった。ここまでは流石にやれないなという感想だった。だが、説明を聞きながら質問は良くした。学習の機会だから、自分の圃場がどうかは関係なく、質問した。まあ、知識レベルが向上すれば、少しは我が家の圃場や栽培もましになることだろう。

     

     圃場見学の間に風が出て来た。それで幾分かは凌ぎやすくなった。4時前に全ての予定を終えて帰途に就いた。最後の圃場が山の中で倉吉市だが、すぐ隣はわが町だった。

     

    ☆柿の摘果

     

     一旦帰宅すると、長靴に履き替えて柿畑へ向かった。まず、梨畑は相変わらず異変はなかった。摘果は、昨日の続きから取り掛かる。この圃場は、どういう訳か前の2か所より蓑状態が良くない。そんな気がした。そもそも、この圃場の柿は余り当てにしていない。最近は随分ましになったが、これまでは病気がちで、収量も少なかった。

     5時を知らせる合図を聞いて、切り上げた。

     

    ☆猪牧場

     

     町内の散暗部に猪牧場というところがある、名前のとおり猪を飼っている。現在仕掛けている罠に猪が掛かった時、その処分をどうするかで大いに悩む。そこで、予め聞いていたこの牧場に相談することにした。

     

     生存している間に引き取るのは現在はやっていないそうだ。既に織が満杯のようだ。殺処分したものを引き取るということだった。雄雌関係なく、重量が大きいほど引き取り対象になるが、軽量だと引き取らない。引き取る際は、買取という扱らしい。代金は要らないというが、他の場合もそうしている関係でそれは逆に困ると言われた。

     これで、最悪の場合の目途がついて、多少は気が楽になった。タケ

    | 農業 | 06:24 | comments(0) | - | - |
    柿畑の草刈り、柿の摘果
    0

       2019.7.22(月)曇りのち晴れ、時々雨。ころころと変化する一日だった。未明にかなり強い雨が降った。夜が明けると止んでいた。路面は乾き始めていた。今日の予定は昨日のうちに決めていた。

       

      ☆柿畑の草刈り

       

       「あそこはマムシがよーけおるからな。草を早く刈らんと。」と言われた言葉が脳裏に残っていた。一昨日に、3分の1ほど刈って止めていた。(早く刈らねば)という思いを引きずる。

       長男が出勤するのと同時に畑へ向かった。気分良く刈りために刃を新品に替えた。5枚セット販売の安物だが、新品は新品だ。

       もう一つ気にしたのは、マムシのことだ。まだいるのかという思いだった。切れ味よく刈り進む。作業を始める頃朝日が射し始めた。肌を刺すような暑い日差しだ。たちまち汗が出る。湿度が高く蒸し暑さを伴う。

       

       1時間ほど刈って休憩した。お茶を飲もうかと思うが、忘れてきた。止む無く、近くにある自販機まで行く。ペットボトルで1本購入して戻る。

       その途中に、犬に散歩をさせるおばあさんに会う。知っている人で、暫く雑談をする。「忙しいのに、よく働く。体調に気を付けて。」と言われる。こういう場面が実に多くなった。

       

       同じ畑に戻って草刈りを続ける。1時間も経たなかったとき、急に体がとても重く感じた。(熱中症かな?)そういう予感のようなものが浮かぶ。刈り残しは大分少なくなったが、ばて気味には勝てなかった。長雨や、疲れで農作業のペースが鈍っていた。それで体が鈍ったのかなとも思える。(止めた、止めた)と区切りを付けて帰途に就いた。それでも作業開始より2時間経過して、この時間帯の日光は厳しさを増していた。

       

       帰宅してシャワーを浴びる。ここからは動かない。かいた汗を乾かし、体の熱を冷ます。休息するだけだった。

       

      ☆柿の摘果

       

       昼食後はしばし休息する。30分くらいだろうかうとうとして13時過ぎ、最後の柿畑へ向かった。摘果作業だ。ハサミと脚立で作業する。1時間も作業しないうちに天気ががらりと変わり、雨が降り始めた。雨脚は急に強くなった。まるで土砂降りだった。大して作業できないうちに中断した。帰宅すると雨が止む。(ええーっ)残って作業を続ければよかったかなと悔しがる。だが、その後もまた強い雨が降り始めた。(わからんな)

       

      ☆再び草刈り

       

       3時頃、雨が止んで晴れ間が出た。それをきっかけにして、最初の柿畑へ向かった。残った草を刈って目途を付ける。

       ここでの作業には時間が余り掛からなかった。残る部分があまり広くなかったからだ。結局、今日、マムシは1匹も見なかった。

       

       刈り終えた畑内は、すっきりした。畑の端から樹間を通して、反対側の景色が展望できた。

       

      ☆再び摘果作業

       

       雨で中断した柿畑へ戻った。早く作業を進めるという一念で集中して取り組む。だが、取り掛かってあまり時間が経たないうちにまたポツリポツリと降り始めた。(嘘だろう)瞬く間に雨脚が強くなった。同じパターンだった。嫌気がさして中断した。午後から降った雨で枝や葉には水滴が溜まって、摘果の度に体を濡らした。

       帰宅して入浴、汗を流した。2度汗をかいた後のビールは美味で、あまり酔わなかった。

       

      ☆中学同級会の幹事会の確認

       

       明後日の夕刻、幹事会を行う。出欠状況の最終確認と2,3点の話し合いを残す。後は焼肉で前祝を行う。予約の取り消しが無いことを願いながら全員に電話で確認をした。もし、欠席があれば予約の変更が必要になる。変更はなかった。タケ

      | 農業 | 06:45 | comments(0) | - | - |
      柿畑の草刈、マムシの駆除
      0

         2019.7.19(金)雨のち曇り。昨日の雨が朝まで降った。池の水の溜まり具合で、降った量が分かる。天気予報では、大雨の警戒がほじられたが、当地ではその後雨が止んで、降らなかった。農作業を何から取り掛かるか迷う。だが、仕掛中の作業を終えるにしくはないと判断した。

         長男を会社の近くまで送る。夕刻は徒歩で帰宅すると言った。

         

        ☆柿畑の草刈り

         

         雨が止んで、何となく空が明るくなった気がした。気分が落ち着かなくなった。農作業を考えるからだ。だが、今朝も体調が優れなかった。長男を送るときも、口には出さなかったがダルさを感じていた。

         結局、摘果作業が大詰めになった柿畑の草刈りをすることにした。雨が止んで草むらも柿の木の枝も雨滴がたっぷり宿っていた。上下とも雨具を着て取り掛かった。枝に体が触れると、雨滴がどさっと落ちて体を濡らす。覚悟して作業を続ける。軽作業ながらどうにも体調が悪い。

         

         柿の木の幹の近くを刈っていた時。またもや蛇がいた。マムシだ。動きが悪く、しかも草刈り機の餌食になった。瞬間的な出来事だったが、こちらは気が引き締まった。此処は結構マムシが要る。身の危険を感じながら作業を進めたが、体調が悪くなった。疲れを感じた。それであっさり中断した、時間にして1時間、面積では畑の4分の1強という程度だった。

         雨具のせいもあるが、全身汗まみれになった。(やっぱり、今日は休息日かな)と感じた。帰宅してシャワーで汗を流すとかなり体調が戻った。そんなものだろう。

         

        ☆公民館の在り方

         

         草刈りの間に考えたことがある。昨日1回目の審議会で取り上げられた公民館の在り方論が頭に浮かんだ。公民館は、昨今は全町民の集まる場所ではなくなっている。これは間違いない。利用する必要性のある人だけが利用するからだ。利用しない人には、存在そのものが必要でない。これが現実だと思う。利用する人は、端的に子供と高齢者、そして趣味のサークルや公開講座に参加する人だ。一般の成人でそれらが無い人はまず行かない。

         

         では、多くの人が出入りする場所だったらどうか。必要論が浮上する。出入りが必要な仕掛けづくりが可能かどうかということになる。こういうことを考えていた。

         帰宅後、休息中にパソコンのネットで検索してみた。検索した言葉は、「公民館は必要か」だ。すると、結構な数の記事が現れた。必要論と不必要論が相半ばするような気がした。

         眼を惹いたのが、神奈川県の秦野市で試みられた「公共施設再配分計画」だった。何時の頃のことかが分からないが、全国的に画期的な取り組みとされており、よく調べてみる必要がある。

         

        ☆柿畑の草刈り

         

         午後も前が降らなかった。スマホの雨雲レーダーでは、降る恐れが無かった。そこで、3番目の柿畑の草刈りをすることにした。

         そう決めた理由があった。近くに梨畑があり、仕掛けた罠の確認が必要だったからだ。2日ほど見に行っていなかった。

         

         罠も梨畑も変化はなかった。確認後柿畑に移動して草刈りに取り掛かった。面積が2番目の柿畑の半分くらいで、やや雑な刈り方で臨んだ。ここでもマムシに遭遇した。気付いたときは真っ二つになっていた。どこでもマムシがいるものなのか。これまでこうした経験がない。

         

         手抜きしながら1時間ほどで作業を終えた。夕食時までにはまだ時間があった。そこで、今朝草刈りをした柿畑へ向かった。残った摘果作業を行うためだ。時間的にもあと少しで終えられるはずだった。

         

         目的地に到着すると、隣の畑では農家が、スイカの収穫作業をしていた。声掛けしてマムシの出現を伝えると、「その柿畑はマムシがよーけおるからな。伸びている草を早く刈っておかんと増える。」こういう返事だった。これまでに、草刈りとマムシの関係を考えたことが無かった。今日は摘果で、明日の朝に草刈りをすると決めた。長靴とズボンの上に雨具を付けて、手袋もする。草むらに間違っても手を入れない。注意すべきはこういうことだろう。

         摘果作業は5時までに終了した。残るのは、3番目の畑だ。帰宅してまたシャワーを浴びた。あられは今日、一人で大奮闘をした。隣の畑からキゥィのつるが我が家の屋根に伸びていたらしい。頼まれて切ることにしていたが、待てなくて、自分で屋根の上に上がり剪定ばさみでバサバサ切ったという。伸びた長さや切った本数を盛んに訴えた。ご苦労なことだった、と褒めるのだった。タケ

        | 農業 | 07:00 | comments(0) | - | - |
        木工クラブ、柿の摘果
        0

           2019.7.16(火)晴れ時々曇り。今日も好天が続いた。予報では、明日までは晴れで、それ以降は曇りになる。週末には梅雨前線がかっぱたすになり、また台風5号が接近する。先々の天気が不安だらけの中、早く水田の中干しが進むよう気を揉む。もう一つ気を揉むことがある。猪のことだ。暫くこのことでも気持ちが引きずられる。

           

           燃えるゴミの日で、一袋を自転車で搬出した。前かごに載せられた。今日からまた長男の勤務とあられの弁当作りが始まった。あられは風邪気味だ。疲れから体力が減退しているようだ。

           

          ☆木工クラブ

           

           私も体がだるかった。連日の作業等の疲れだと思う。今日は、どうしてもしなければならないことがあって、休めなかった。

           定刻に公民館で鍵を預かり実習館に入る。そこで用事を思い出して、2か所に電話を架けた。

           

           持参した木材は、相変わらず花梨材だ。今日辺りで目途を付けたい。今日も花梨材の硬さに閉口した。刃物を研いでもすぐに先が鈍った。一度ついた傷が取れない。サンドペーパーで磨いても殆ど取れない。ペーパーから刃物に持ち替えて削り直すが、あまり変化が無い。結局、自分の結論としては旋盤の回転数が速すぎると考えた。後は自宅でやるしかない。辛うじて、器の形だけは削り終えた。

           

           遅れてやって記やメンバーの製作に立ち会った。更に、二人の指導者の指導ぶりとしてそれぞれ写真に収めた。文化団体協議会に、講師招へい謝礼金の請求をするためだ。これで今日の活動を終えた。疲れた体を引きずるように帰宅した。

           

          ☆昼寝

           

           夫婦揃ってばてていた。あられは、午前中休息を取らせた。私は、昼食後昼寝に陥る。スマホを握ったまま寝ていた。

           

          ☆罠の確認

           

           昨年もそうだった。罠を仕掛けてから最初は毎朝覗きに行った。1か月間は何事もなかった。その直後に1頭が掛かった。

           それが脳裏に浮かぶ。今年も毎日様子見に行くのかなと思うと、気分的には嫌だった。というのは、掛かればその後の対応に大騒ぎをする。

           

           午後1時を過ぎて目を覚ます。のんびりしてはおれない。慌てて起きる。梨畑へ直行すると、特に変化はなかったようだ。罠には掛かっていなかった。

           

          ☆柿の摘果

           

           2か所目の柿畑が残り少なくなってきた。昨日と同じペースで作業する。頭が枝の下から出ると、日差しが暑い。だが時折風も吹く。枝が密集した箇所がある。この辺りは剪定作業の反省点だ。

           午後4時、随分やった気がした。5時までやるかどうか迷ったが、止めた。この畑の次がまだ残っている。

           

           夜になって8時前に激しい雨が降った。これも予報通りだった。中干はどうなるのだろうか。タケ

          | 農業 | 06:10 | comments(0) | - | - |
          柿の摘果、罠を仕掛ける
          0

             2019.7.15(月)晴れ。久々の快晴になった。今日は、水田の乾燥が進みそうだ。月曜日だが、3連休の最終日だった。

             

             寝たいだけ寝させる積りで、私もついつい寝坊する。すると、私が起床する前にあられが起き出していた。疲れ気味で、昨晩は早く寝たのだが、何度も目が覚めたという。寝ていられなくなって早い時間に起きていた。私が、「寝過ぎかな」と冷やかすと、暫くして「また寝てこよう」といって、寝室に戻った。

             

            ☆書類の配布

             

             気になることがあった。梨畑の状況だ。昨年の例では、猪が連日進入ということはなかった。果たして今日はどういうことになるか。だが、その前にしておくべきことがあった。集落内の関係先に書類を届けて回る。2種類あった。一つは、専業農家へ届ける農協からの書類で、水稲の穂肥の時期を説明したもの。二つ目は、営農組合員への連絡だ。中干後の作業計画と、作業体制を徹底する。早めに連絡をして、都合の悪い組合員がいれば調整するためだ。

             

             自転車で回った。いつも犬に吠えられるお宅では、大分吠えられなくなった。1時間足らずで配布を終えた。

             

            ☆梨畑へ

             

             問題の猪被害だ。8時を過ぎてから出かけた。今日も新たな被害が確認された。だが、食い散らされた個数は10個程度だった。

             

             昨日被害を受けた木に加えて2本の早生品種がやられていた。今日確認すると、獣道が2か所見つかった。同じところから二つに分かれて畑に繋がっていた。此処に括り罠を仕掛けるしかないと判断したが、それは午後の作業に回した。

             昨日ほどには気落ちしなかった。思うほど防げないという現実を受け止めれば、やれることをやって駄目なら仕方ない、という気持ちに切り替わっていた。兎に角やれることをやる。

             

            ☆柿の摘果

             

             被害の状況を確認してから、柿畑へ向かった。柿の実は確実に大きくなっている。摘果は早く終えなければならない。落とす実に迷わずハサミを入れる。作業は次第に早くなる。作業が済んでいない枝を目で探す速度が重要だった。

             

             嫌なものを見た。オコゼだ。触れば激痛を感じる。まだ孵化した程度で小さい。収穫の頃によく触る。ハサミで摘まんで落とす。

             最も嫌なものはマムシだ。少し前に柿畑で一匹、畑の草刈りで1匹見つけた。気にしていても仕方ないので、一応手袋をして構わず作業した。柿の木には、オタマジャクシから成長したアマガエルの子供が数えきれないほどいた。これを餌にしようとすれば、蛇もいるはずだった。柿の実の上に座っているが、実を切り落とすとすかさず跳んで逃げる。ハサミに飛び乗ったり、顔にぶつかったりするものもいる。

             

             欲張らず、形と位置の良い物だけを残す。迷いはなかった。大分効率が良くなった。11時に、作業を止めた。隣のおじいさんにトラックを移動させてもらい先に帰宅した。日差しを受けて暑い。疲れを感じた。

             既に昼食前に暫しの居眠りをした。

             

            ☆罠を仕掛ける

             

             括り罠の新品が2組あった。昼食後居眠りをして、これをもって梨畑へ向かった。見つけた獣道に入る。スコップで穴を掘る。藪蚊が襲うが構っていられない。踏めばストンと落ちる仕掛けを穴にはめる。太い木にくくったワイヤーの先をセットして、土を掛ける。こうして仕掛けを終えた。あまり時間は掛からなかった。これで、梨畑の周りに3組の括り罠、そして一つの箱罠が仕掛けられた。1頭でも掛かれば、同じファミリーは暫くやって来ない。そうして栽培の今季を終えたい。

             

            ☆柿の摘果

             

             罠を仕掛けた後は、再び柿畑に向かった。ひたすら摘果に取り組んだ。4時過ぎに疲れを感じて中断した。2番目の畑の半分以上終えた。残す実の多さではなく、切り落とす実の多さが作業負荷になる。やはり、蕾の段階から小まめに整理していればこういうことにはならないのだが。

             取り敢えず、今日は出来ることをやったという気持ちで落ち着いた。ビールが美味だった。タケ

             

            | 農業 | 06:28 | comments(0) | - | - |