ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
木工ロビー展展示、県展作品引き取り、ケヤキ材の引き取り
0

     2019.12.1(日)曇り。雨こそ降らなかったが、日当たりがなくかなり寒さを感じる一日だった。早朝から予定が立て込んでいた。

     今日も家族は予定が無く、7時頃まで寝ていたようだ。台所に降りてきたのは随分後だった。私は定刻に起床した。雨が降らないことを良しとした。昨日あられが夜の行事から持ち帰った食材が残っていた。先にコーヒだけを淹れて朝食を摂った。

     

    ☆木工作品のロビー展示

     

     朝食後、トラックに自分の作品や預かった作品群を積み込んで出かけた。まず、集落の公民館に寄った。そこでは早朝から神社総代が新嘗祭用の歳米代金などを集金していた。我が家の分を支払ってから目的地へ向かった。日曜日の朝の道は当然ながら空いていた。時間が掛からずに公民館の大栄分館に到着した。早く付いて8時になったばかりだった。ところが、分館は既に係が詰めていた。入口の自動ドアが開いた。

     

    「早いねェー。NPOは公務員じゃあないから大変だ。」と労う。早速ロビーの陳列テーブルに作品を並べる。果たして、スペースが全て埋められるかどうか見当がつかなかった。作者ごとにネームプレートを置いて同じ作者の作品を並べる。最後に私が持参した自分の作品を置いて丁度うまい具合にテーブルが埋まった。ぐるりと眺めまわすと実に壮観だった。これで一つ目の用事が終わった。

     

    ☆県展出展作品の引き取り

     

     午前10時から、倉吉博物館で行われる。ロビー展示を終えてもまだ時間があった。一旦帰宅して態勢を整える。ここからは同じ市内の用事が重なるため、まとめて対応する。

     博物館には10時前に到着した。例年早めに引き取りが始まる。出展者が早く集まるからだ。順番の列に並んでいると、因伯とグループで写真を専門にする仲間が直ぐ後でやって来た。入選歴はこの方がかなり先輩だ。入賞経験もある。

     

     あまり時間が掛からないところで作品を受け取った。自分ながらそれを眺めて再評価する。流石に拭き漆が良くできている。

     ここからは、真っ直ぐ西倉吉に向かった。

     

    ☆欅材の引き取り

     

     中学の同級生の家が車のディーラーをしていた。駐車すると、店員がそれを認めて挨拶する。その横から同級生が顔を現した。

     すぐにトラックに乗せて話題の木材の置かれた場所に到着した。中を覗いて驚いた。

    mokuzai

     想像をはるかに超えていた。しかも、株元と根でかなり変形だ。声が出なかった。株から上は、20年前にこれを切り倒したときに材木屋が引き取ったという。この部分は流石に引き取りを断られたらしい。空間の広さを目安にすれば、縦横各2メートルだ。

     同級生は、「確かケヤキと聞いたが何の木か分かりますか。」と聞く。私もケヤキだとは言いにくく、むしろどうやってこれを始末するか、何処でやるかというような思いが錯綜して、まともな返事が出いなかった。「いつになるか自信がないが、とにかく考えてみよう。」と答えるのみだった。これを業者に廃棄を依頼すれば、産業廃棄物として重量で高くつくのは間違いない。それでこの屋根の下に20年転がっていたという訳だ。私がこれを処理すれば、救世主になる訳だ。ひとまず引き受けることにして帰宅した。

     

     帰宅後、写真をあられに見せる。毛を抜いた鳥の身のようで、実際の大きさは見当がつかなかったようだ。

     帰宅前から私にはある考えがあった。それは、因伯とグループで同じ木工製作をする仲間にユニックを所持する人が居た。その人に電話で相談してみた。すぐに返事が返った。「今からすぐに行ってもよい。」

     

     時間はすぐということで再び現地に急行した。先方も直ぐに現れた。2トン車には大きいクレーンが詰まれていた。それだけで私には驚きだった。木の種類を聞けば、多分ケヤキだと言う。チェーンソーを引っ張り出して根の先を切った。切り口からケヤキだということは私にも分かった。急に、宝物を手に入れたという実感が湧いてきた。

     

     「運ぼうか。」その言葉自体が魔法のような響きを持っていた。私は200キロ程度かと思っていたが、その人は1トンあるかもしれないという。2トン車なら運べないということはない。お任せすることにした。ベルトを掛けて遠隔操作のクレーンですぐに吊り上げた。トラックの荷台に乗せ、固定するのに時間はかからなかった。私は、何処にそれを降ろすかで悩んでいた。

     自宅に案内する途中、此処しかないという場所を考え出した。勿論屋外だ。ブルーシートで被おう。20年かけて乾いた木材は、ちょっとやそっとでは腐ったりしない。

     指定した場所に下ろすのも時間が余り掛からなかった。仕事が仕掛けや道具だとこの時つくづく感じた。私一人では全く何も出来なかった。同級生に電話を架けて、物は引き取った旨告げた。さぞびっくりしたことだろうと察した。

     

     この後、差幣で冷えた体を温めようと自宅に誘いコーヒーと柿で労った。この時つくづく思ったのは、「持つべきは、、、、」という言葉だった。大げさかもしれないが。

     

    ☆視察研修の集合写真

     

     協議会の会計担当役員から、参加者に集合写真を配布すると連絡されてネット注文をした。今日それを受け取る。ケヤキ材騒動の後ひと休みしてキタムラに出かけた。この写真については問題があった。ネットで注文する際、3枚の画像から最初に選んだものは27人のうち一人の顔が隠れていた。もう一枚を見るとやはり同じ状況だった。(まずいな)

     

     撮影は、たまたま近くに居合わせた人にお願いをした。被写体をよく見ないうちにシャッターを押していた。ところで、1枚目は私が試しに撮ったもので、26人しか映っていないかった。映っていないのはシャッターを押した私自身だった。

     止む無く1枚目を選んで注文したのだった。誰か、私が映っていないことに気付くだろうか。

     

     写真を受け取って帰る途中でディスカウントショップに寄った。そこで久々に書籍を買い求めた。

     

    ゝ監擦僚王卑弥呼(上下)  黒岩重吾  文藝春秋

    ⌒覲ぁ覆Δ漾砲萍欧譟複院ぃ押ぃ魁法 ×恵狼彁沺 (現嬖幻

    殺人犯はそこにいる   清水潔  新潮文庫

     

     ,郎郤圓覗んだが、邪馬台国の北九州説(東進説)を採用していることがポイントになった。

     △蓮▲潺奪疋ΕА竺だ錣竜録であり、筆者との関係で選んだ。

     

     夕刻のことだ。ラインで公民館大栄分館から連絡が届いた。今日から開始のロビー展の看板が出来たという知らせで、画像が添付されていた。なかなか良い出来で、この方の配慮が伺えた。礼を返信した。もう一つ言葉を思い出した。「情けは他人の為ならず。」だ。タケ

    | 趣味 | 21:33 | comments(0) | - | - |
    陶芸教室色付けと窯詰、梨の棚でひと揉め
    0

       2019.11.27(水)晴れのち雨。晴天が続くはずだったが、一転して雨模様の日が続くことになった。秋耕耘をするためには条件が悪い。今日は午前中に陶芸教室で色付けをして、夕刻には窯詰目をすると会長さんと約束した。

       

      ☆長男の送り迎え

       

       今日長男はまた出張だった。JR山陰線で鳥取まで生き、バスで研修会場まで向かう。時間が合わず会場への到着がかなり早いらしい。不便なわが県だ。車社会になっている。社有車が今日空きがなかったそうだ。

       7時10分に倉吉駅まで車で送った。夜は、7時15分に駅の前で待つ。

       

      ☆陶芸教室で色付け

       

       早めに入館して一人で作業に取り掛かった。2作品への色付けだ。一つは花瓶で、もう一つは来年の干支である子をデザインした置物だ。後者は先生が製作方法の手ほどきをされたもので、多くのメンバーが同じものを製作した。相違点は色付けだけだ。

       

       花瓶には皇帝ダリアを描いた。花や葉をネットで検索したイラストを参考にした。岩絵の具で図柄を描く。予め鉛筆で下書きしていた。ところが、その途中で梨の棚を修復していた業者から電話を受けた。作業が終了したため、確認をしてほしいというものだった。勿論確認が済めば支払いもしてほしいという意向が潜んでいたが、それは察しがついた。

       

      ☆梨の棚

       

       色付けを中断して、そのままで梨畑へ向かった。確認を求められた。どうも棚線の感覚が広めだ。大丈夫かなと思う。縦1本、横1本を追加で張るように指示する。それでOKを出す。

       取り掛かりから掛かった日数が短かった。当初、予算の設定で聞いていた日数よりかなり短く、話が違うと感じて口火を切った。「実際に掛かった日数ではいくらになるのか。明細を掬ってもらえないか。それを見て判断せざるを得ない。」急に相手が興奮してきた。後になって文句を言ってもらっては困ると。「いや、文句を言っているのではない。最初の説明と違ってきたから、計算が変わるのではないか。」と食い下がる。理路整然としない言い訳を聞きながら押し問答になる。そして相手が僅かだが譲歩した。それで私も手を打った。決して納得した訳ではないが、少しでも相手の強欲に食い込めたと思うからだ。

       

      ☆陶芸窯詰

       

       業者との押し問答を終えてから民芸実習館へ戻ると、数人が引きつづき作業をしていた。加わって私も残りの作業を続けた。

       3時に休憩を取り、雑談をする。その後数名で窯詰をした。4時過ぎまでかかって、色付けの済んだ全ての作品を詰め込んだ。作業中にトラブルが多かった。八資材を塗らずに釉薬を掛けた作品や、既に色付けが済んだがそのまま机上に放置されていた作品があり、詰め方を変えながらどうにか作業を終えた。4時過ぎだった。

       

      ☆棚線の返却

       

       2巻を注文したが1巻だけで間に合った。指示された業者はいい加減なもので、その始末をこちらに押し付けた。注文した業者に電話で返品の旨頼み込んだ。運よく了解され、早速指定された場所まで返却することにした。雨が降り始めた。その中をトラックで運んだ。早めに決着させて荷を一つ下ろす。

       

       今日も今日で疲れた。収穫は、色付けをして、焼成のボタンを押すだけになったことだ。結果が楽しみだ。タケ

      | 趣味 | 19:07 | comments(0) | - | - |
      木地師の館で木工製作、「因伯と」忘年会
      0

           2019.11.24(日)晴れ。天気予報では夕方から崩れると告げてはいたが、結局終日その気配はなかった。

         今日は、久々の木地氏の館行きだ。来援の展示会用に作品の製作に励む。使用する木材は予約済みで、デザインも頭の中に出来上がっていた。

         

        ☆木地師の館へ

         

         夕刻から同じ場所で忘年会が行われる関係で、早めの作業開始と決めた。しかも、忘年会でhあ私が飲酒するため、自宅まで迎えてもらうことになった。至れり尽くせりで恐縮するばかりだ。7時半の約束で、自宅から出て待った。せめてものこちら側の誠意だ。

         

         もうひと方を迎えに寄ると、時刻を失念されて寝間着姿だった。こういうこともある。一路柿西原の赤和瀬渓谷を目指す。国道179号線から警告を抜ける。黄色く変色した木々の葉が見ごろだった。いつもはとっくに時期が終わっているはずだが、今年は気温が高く、葉が落ちていない。もう一つそのことを示す現象に遭遇した。渓谷を抜けて田園風景が広がる集落に出ると、辺りは一面朝もやに包まれていた。まるで雲海の中を車で走るような感覚だった。ドライバーの好意で一時停車してカメラ撮影した。

         

         こういう現象は、朝の気温の高さから発生する。夜間の降霜が、暖気に触れて蒸発する。それが靄になる。一時の間だけだ。木地氏の館の手前にあるいっぷく亭の茅葺の屋根とともにカメラに収めた。

         

        ☆作品製作で苦しむ

         

         選んだ木材は、直径が50センチ、厚さが10センチというかなりの大物だった。此処で製作に興じる人たちは、大きすぎててをださないしろものだった

        mokuzai

         横向きのままで恐縮だが、板の両側の波を打っている状況は一目瞭然だ。旋盤に木材をセットしていきなり問題が生じた。旋盤が回転を始めると、旋盤も大きく揺れて、木材が外れそうになった。慌てて回転数を最も低い位置にセットする。これでようやく安定した回転を得たのだが、当然、刃物の切れ味が良くない。面を平らにすることに今日の時間の大半を費やすことになった。

         

         もう一つ特徴的だったのは、凸凹した面を削る際、最初に刃物に当たる部分は木材の回転中はほとんど見えない。2センチほど手前の空間に刃物を当てると、ペン、ペンという音とともに木屑が飛び散る。この2センチという歪みの矯正は初めてだった。しかも両面だから面倒この上ない。

         10センチあった材の厚さが真っ平らな板にすると5センチしかなかった。作業と時間のロスばかりの製作だった。結局、4時までかかって終えたのは、器の下側の削りだけだった。磨きも出来なかった。器は「丸膳」で、直径が50センチ足らずの大物だ。

         

         気が競って手元が狂うと怪我や、木材の破損が起きかねない。我慢しながら、ペン、ペンと削る間の集中に疲れた。材が薄くなったおかげで、高さの低い膳になるだろう。

         

        ☆因伯との忘年会

         

         先日作品展の反省会を行ったところだが、今日は1年間の労いの意味での集いだった。私が木材の削りに悪戦苦闘している頃、他のメンバーが集い始めて、苦闘ぶりを見物された。

         特別なゲストが加わり、会は恒例の猪鍋で大いににぎわった。冒頭、用意した会則の修正案を全員で確認した。

         4時開始の頃には、山間部のこともあって陽が陰る。7時過ぎには、食べ疲れ散会した。既に漆黒の闇の中だった。迎えに来ていただいた方に再び自宅まで送っていただいたのだった。

        | 趣味 | 07:09 | comments(0) | - | - |
        陶芸教室、稲わらの運搬
        0

           2019.11.20(水)曇りのち雨。そろそろ晴れの日がやって来るという予報だが、今日も雨模様の日だった。早く終わらせなければならないのは稲わらの運搬だった。私だけが未着手だった。そして、今年春先から体調不良で農作業をパスした農家が、体調が回復したのか早々と秋の耕耘を進めていた。その中のある圃場には、私の引き取る稲わらが24ロールほど転がっていて、耕耘作業を妨げていたのだった。

           

          ☆陶芸教室

           

           自由参加日だが、午前中だけ参加した。取り掛かり中で、タオルを掛けてビニール袋を被せていた作品の仕上げをしたかった。

           8時半、公民館で鍵を受け取る。先に民芸実習館に入り、一人で製作の続きに取り掛かった。本来は色付けをすべきだが、やりかけの作品をまず仕上げたかった。

           

           作品は花瓶だった。上部が膨れて口が小さめに絞る。どうにか成形を終えることが出来た。これで今日の狙いは消化することが出来た。

           あれれも前回からの作品の仕上げの取り組んだが、途中で作品を傷めて補修に努めていた。結局仕上げが出来ず、再びビニール袋に封入した。

           

          ☆稲わらの運搬

           

           午後予定が無かった。休息することも出来たが、もはや懸案となっている稲わらの運搬が気になった。空模様が良くなかった。今にも降り始めそうな雲行きだったが、昼食後敢えて取り掛かった。

           

           乾いて土が固くなっているとはいえ水田に軽トラックで入ったことがなかった。稲わらを満載して、急こう配の進入口から出られるかも不安があった。下手をして、脱rンなどすればとんでもないことになると、自分にプレッシャーをかけた。

           水田は2か所あった。25ロールと24ロールが残っている。一回で10個積めば6回出入りすることになる。最初に入った時は流石に緊張した。だが、4WDに切り替えてLか2速のギアで走れば全く問題はなかった。

           

           稲わらのロールは4か所の圃場に運んだ。10数個ずつだが、十分な量とは言えなかった。上手に広げるしかない。48束を3時間掛かって運搬したが、途中から降り始めた雨も気にせずにとにかく終わらせた。これで、秋耕耘も取り掛かれる。

           

          ☆損保会社からの連絡

           

           昨日の事故の過失割合の連絡があった。先方も気の毒に思っているようで、事故担当者の話し合いが上手く進んだという。かなり私には有利な割合に落ち着いたようだ。担当者に改めて礼を言った。

           

          ☆倉吉淀屋の会場押さえ

           

           因伯と団体の新会長さんから連絡があった。来援の10月中に解雇を設けるべく予約を頼んだが、生憎10月は既に埋まっていたという。結局今年と似たような時期を押されえるしかなかったとのことで、会の忘年会で確認し合うことになった。タケ

          | 趣味 | 07:26 | comments(0) | - | - |
          木工クラブ、交通事故、因伯と反省会
          0

             2019.11.19(火)雨のち曇り。雨模様の天気が続いて、稲わらの運搬や、秋耕耘が出来ない。昨年もそうだった。昨日、各地で20度を超えた。今日はそれが一気に下がって10度くらいになった。寒い日だった。

             ゴミ出しはなし。長男は自転車で出掛けていった。

             

            ☆木工クラブ

             

             今月二回目の活動日だが一回目を休んでおり、初めての活動になった。刃物で気を削る感覚など、体が遠ざかっている気がする。

             今日取り組んだのは、蓋物の弁当箱だ。正式には合子(ごうす)と呼ぶ。前回から取り掛かっており、大まかには下側の成形を進めている。

             蓋物は通常の作品より難易度が高い。というのは、蓋と身の部分を合わせる作業が難しい。どちらを先に成形するかで迷う。今回は身の部分を先に手掛けていたが、荒削りの段階で気が変わり、蓋の部分に削りに切り替えた。身の部分の外周と蓋の部分の内周が、削りと磨きの工程を終えたときにぴったり合わなければならない。どちらかを先に仕上げると、微調整の余地が残せなくなる気がしたからだ。

             

             メンバーの出足が悪かった。10時を過ぎてから集まり始めて、いつものメンバーが揃った。私はその段階で旋盤を交替した。

             11時過ぎで作業を終えて帰宅した。

             

            ☆交通事故

             

             昼食後用事で出かけた。軽トラックで優先道路を走る。交差点に進入するとき、脇の道路から一台の車が飛び出して来た。その車は少し手前から視野に入っていたが、こちらが優先道路を走行する限り、通過を見送ってから通り過ぎるものと考えていた。(嘘だろう)まさかの事態に遭遇して、思わずブレーキを踏んだが間に合わず、運転席の横のドアに相手の車がぶつかった。大して衝撃がなかった。ドアの損傷も少なく、開閉にも全く支障がなかった。

             

             車を降りて相手と話す。いきなり示談でと告げられたが、昨今の県下の厳しいじょこ状況から判断してもきちんと処理すべきと答えてすぐに110番通報と、保険会社への連絡を済ませた。気温が下がって風の強い日で、そこから最終的に処理が終わるまで1時間以上震えていた。トイレにもいきたかったが、我慢した。

             

             相手はおばあさんで、停止線に一旦停止した後そのまま侵入した様子で、目視を怠っていたようだ。1分間でも時間が食い違えばこういうことにはならなかったが、事故とは往々にこういうものだ。双方怪我はない。見た目はどちらも軽度の損傷に見えた。運の悪さをただ呪うのだった。

             

            ☆ローンの申し込み

             

             事故に遭う前に予定したのが、ローンの申し込みだった。事故処理を終えて農協の金融課へ向かった。到着が遅れて待たせたようだが、課長から要件の説明を受けた。購入するのは営農組合が使用する田植機だ。使用時期の拘わらず、有利なローンの締切に合わせて手続きをする必要だった。

             詳細を確認して後にした。

             

            ☆整備工場へ

             

             トラックを購入した業者に事故後の車両を持ち込んだ。事前に話を通りしおり、修理の査定をしてもらうことになった。

             すぐに状況が知らされた。鉄板の叩き延ばしでは済まず、扉一枚の交換となった。(ウヘェー)だった。だが、仕方がない。

             保険会社の事故担当に事故状況の念を押した。相手方との交渉を頑張るよう依頼する。

             

            ☆地元駐在所に意見を言う

             

             夕刻、事故処理をした地元の駐在所から事務処理の連絡を受けた。その後でついでに私の意見を述べた。停止線のことだが、一旦停止した後道路に進入する際に左右確認をする必要がある。法律的には、停止線で停止すれば後は特に規定がないため、いきなり飛び出すと実に危険だ。常識レベルの対応では事故が防げない。こういう話をした。その警察官は、個人的には同感だと認めてくれた。だが、事故のことはあくまで民事不介入だ。

             

            ☆因伯と反省会

             

             この間終了した作品展の反省会だ。最大の反省点は、作品展の会期だった。期待したほどの来観者がなかった。世間で行われる諸行事の重なりが大きいと考えると、会期を酢k蘇飛は止めるという意見に落ち着いた。開催場所については同じところを借りることになった。

             

             この他は、規約の整備が重要なテーマだった。かなり形式的に整えたものが10年経って修正が必要になった。総合的に規定を見直し、新しく整えることで合意に達した。これを持参して会の気障解説に臨むことになる。

             

            ☆木工用の材料について

             

             中学の同級生で、毎年作品展を鑑賞している人が居る。今回も来観いただいて、その折の伝言を今日初めて聞いた。早速そのお宅に電話を架けて来観のお礼を述べた。すると、伝言の話に及んで、具体的に説明を受けた。20年ほど前に伐採した欅材の幹の部分がいまだに残ってるという。重量が5,60キログラムなんてものじゃないというから、かなりの巨木だったようだ。誰も希望する人がなく、20年間放置されていたという。軒下かどこかで風雨にさらされていない。実物を見なければ判断が付かないが、不確実な期待感が湧いた。時間のある時にお邪魔して現物を見せてもらうことになった。こういう運の良いこともあるのだと、しみじみ思う。タケ

            | 趣味 | 13:13 | comments(0) | - | - |