ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
陶芸教室、柿の摘果
0

     2020.7.1(水)晴れのち曇り、一時雨。天気予報では、当地は午前中から3時頃まで雨で、その後曇りということだった。だが、大外れだった。朝から晴天になり、降雨の気配が殆ど無かった。午後になって俄かに曇り始めて3時頃にしっかり降った。夕刻には前が上がり、朝自転車通勤をした長男は支障なく帰宅した。こういう一定しない天気の為、サンヒーターの湯はぬるま湯だった。

     

    ☆水田のヒエ取り

     

     毎年手で行っている4アールの圃場がある。今年も醜い景観となり、起き抜けの早朝に水田に入ることにした。昨晩寝る前からの予定だった。5時過ぎに取り掛かったヒエ取りは6時半頃に中断した。全体のヒエ取りは結構時間が掛かる。手が届く周辺の作業は早く済むが、泥田の中の移動に時間が掛かる。大体は手で引き抜くことが出来た。泥ごと引き抜いて水で根を洗う。ヒエの根は実に太く、吸収力が凄まじい。

     

     圃場内に入った時、中の水が余り無かった。浅水管理の時期に入りあまり気にしなかったが、作業をしやすくするために取水することにした。

     一旦圃場から出て帰宅すると自転車に乗って水流調節の場所に向かった。ここで止めていた板を数センチ引き開けると勢いよく水が流れ始めた。そうして、作業を終えるまでに狭い圃場内は一面に水が入った。こんなことをしていたために時間を喰った。

     

     早朝だが、集落の人二人に会う。一人が車を止めて話しかける。野菜の収穫の帰り道で、少しおこぼれを頂戴した。

     

    ☆米の引き取り

     

     保有米が少なくなった。だが、まだ残っている。隣と我が家の分一袋ずつを引き取りに出かけた。8時半開始のところ10分前に米倉庫に着く。既に引き渡しを始めていた。2番目ですぐに受け取る。

     事務をしている女性が言う。「先月は弟さんの引き取りでしたね。」「1か月前のことをよく覚えているな。」この女性は、中学の同級生の妹さんで、同級生から私のことをいろいろ聞いているようだ。何か月か前にお互いの素性が分かり、そうした繋がりで妹さんとも話すようになった。急ぎ帰宅して米袋を降ろす。

     

    ☆ロビー展示回収

     

     陶芸教室の会長さんと8時半と約して展示作品の回収をする。だが、8時半は米の引き取りがあり、少し遅れて公民館へ赴いた。すると、中に入る前から人の気配がして、見れば会長さんが展示作品をコンテナに収めたところだった。遅参を詫びて荷物を教室に運んだ。

     

    ☆陶芸教室

     

     今日の活動では明確に目的があった。粘土に岩絵の具を練り込む。練り込んで色付き粘土をこしらえる。さらに、それを7ミリの板状にして3色を互い違いに重ねる。厚さが3センチ、縦横が20センチ×15センチほどの塊が出来上がった。3色は、緑色とオレンジ色と粘土そのままの色(明るいベージュ)だ。

     

     粘土は1キロずつ3つの塊を用意する。その中の2つをさらに8個の塊に分ける。1個当たりが125グラムだ。一方岩絵の具は50グラムに水を少々足してよく混ぜる。8個に分けた塊を平たく潰してその中に岩絵の具の一定量を包み込む。餃子か餡餅を作っているような感じで、包み込んだ岩絵の具をこぼさないように粘土を練る。8個とも練れた段階で2個ずつを合わせて練る。更に2個を合わせて練る。最後に2個を合わせて練れば1キロ余りの塊が出来る。これを再び2つに分けて3センチ角の直方体を作る。羊羹か外郎をこしらえているような感覚だ。

     

     ここから技術が要る。3色の塊を濡れタオルの上に並べて置く。3本だから「川」の字のようになる。その両側に厚さ7ミリの細長い板を4枚ずつ重ねて置く。細いワイヤ―を両手で引っ張りながら両側の板の上を滑らせて年度の端から端まで引く。これで凸凹を無くして、ここから両側の板を1枚ずつ減らしながらその都度ワイヤーを引く。3種類の厚さ7ミリの板が出来上がる。一枚ずつ水をたっぷり縫って重ねていく。3枚で一組の模様が出来る。さらに次の3枚でもう一組の模様が出来る。こうして2組のブロックを全て板状に引いて重ねると最初の色違いのブロックが出来上がる。両端から力を加えて隙間を無くし、サランラップでしっかり包む。その上から濡れタオルで包み発泡スチロールの箱に収めた。

     

     来週の活動で、今日出来上がったブロックを7ミリの厚さで同じように板を切り取る。都合4枚の板を作り、それから皿を成形する。3色が互い違いに並ぶ模様が焼成の結果浮き出る仕掛けだ。釉薬は透明釉だけだ。

     

     あられはお茶当番で用意をしたり、私の手伝いで練り込みをしたりして時間を費やした。午前中で今日も活動を終えて帰宅した。

     

    ☆柿の摘果

     

     午後、あられは町の集団検診を受検するために出かけて行った。昼過ぎから雨が降り始めた。雨だと自宅で休息かと感が合えたが、雨脚が弱く、柿の摘果をやってみようと変心させた。少雨なら雨具を付けて出来ないことはない。

     

     脚立をトラックに積み込み、最も広い圃場に向かった。脚立に上りすぐに作業に取り掛かった。柿の実はずいぶん大きく肥大していた。その時点で柿の枝には雨滴が溜まっていた。作業の度に雨滴を被る。すぐに雨具がびしょぬれになった。時折顔などに雨滴が掛かると徐々に集中力が無くなった。

     

     脚立を降りて、つまみ食いのように木々の状況を眺めながら低い枝の摘果をして回り、そうするうちに雨脚が強まって中断した。やはり今日は駄目だったかなという思いで帰宅した。

     

    ☆久々の拭き漆作業

     

     帰宅するとあられは健診から帰宅していた。コーヒーを淹れてもらい一休みする。今日届いた郵便の中に、県の文化政策課からのものがあった。中身は県展の実施についての連絡だった。コロナの影響でいろんな行事がこれまで中止されてきた。県展も開催が危ぶまれていたのだが、その懸念を打ち消すような文書が添付されていた。

     

     やはり開催するのだな、という思いと共にここ暫くとん挫していた拭き漆作業のことを思い出した。営農組合の田植準備に掛かりきりになっていた1か月以上前から進んでいなかった。

     

     展示会に出そうと思っている作品や、その他手の込んだ作品などをまとめて作業した。展示会用の作品はこれで11回の拭き漆を終えた。あと9回は必要だ。それで何とか入選出来るかもしれない。今年は専念して製作することが出来なかっただけに、落選の不安が付きまとう。タケ

    | 趣味 | 07:13 | comments(0) | - | - |
    陶芸教室、田の整備
    0

       2020.5.27(水)晴れのち曇り。晴れ間が出ても暑すぎず、爽やかな天気だった。未明には少し降ったようで、地面が濡れていた。

       私は、夜間の蒸し暑さで夜具からはみ出て体を冷やしたようだ。朝からずっと鼻水が出ていた。冷えたというより、疲れが出たという方が適当かもしれない。

       午前中の予定の前に空いた時間を使って事務処理をした。

       

      ☆陶芸教室

       

       あられを伴って出かけた。今日は前回から引き続いて成形作業が残っていた。四角形の花瓶に蓋と首の部分を載せる。ただそれだけだが、前回時間が足りず濡れタオルを掛けて、その上にビニール袋を被せていた。それらを取り払うと粘土は殆ど乾いていなかった。試しに蓋の部分を載せると、首の部分が下がり始めた。そういうことだった。接着部に水を付けて乾燥を防ぐ。一方蓋はへこまない程度まで乾燥を進める。ややこしい作業だった。

       

       ドライヤーで乾かすが時間がかかった。一旦屋外で外気に当てる。そんなことをしてやや硬さが出たところで乗せて接着した。しかし、目の前で少し蓋がへこんだようだ。どうしようもない。

       

       乾燥を待つ間に別の花瓶に取り組んだ。それは円形だがハートの形に近く口が広い花瓶で、蓋付にする。直径10センチほどの丸い粘土から玉づくりをする。高台の部分を残して両手でせり上げていく。厚さを薄めにしかも均一になるよう上に向けてせり上げる。なかなか思うような形にならない。

       

       ふたの部分を別に成形する。最も気にしたのが、身と蓋の噛み合わせだ。二つの部分がそれぞれ乾燥に伴い縮む。縮む割合の違いがあれば噛み合わせが合わなくなる。用心をすれば、まず身の部分が乾燥してから蓋の部分をそれに合わせて成形するそうだ。

       今日新たに取り組んだ作品も仕上げの時間が足りなくなった。またもや濡れタオルとビニール袋を掛ける。あられも製作途中だったが時間切れで中断した。マグカップに取り組んでいた。

       

      ☆田の整備

       

       今日予定したのが準備の遅れた数圃場で、まず排水口を閉める。その後は、取水口と排水口を兼ねた圃場に回り、昨年とは異なる装置を取り付けた。補強のために一旦帰宅して板や杭を用意する。それらを携えて戻り、取排水口に打ち込む。土を寄せて固めるが、一旦入口を開けて取水が出来るか確認した。

       

       それでもまだ一か所で課題を残した。新しく購入した器材がはめられるように補助の装置が必要だった。明日でもやろうと今日は中断した。

       一旦帰宅して、ジョロを持参する。畑で芋類の苗に水を掛けた。こうして今日の農作業は切り上げた。鼻水が一向に止まらなかった。

       

       右手首がかゆい。先日施した拭き漆の影響だった。両手首の袖のガードが甘くなっていたのだろう。暫く痒みが続くことになる。

       

       今日もひと方輝太郎柿の栽培作業の協力者を得た。出来るときに出来ることだけを、というお願いの結果だ。何となく疲れやすくなった気がする。このところの動きで過労気味か。タケ

      | 趣味 | 06:13 | comments(0) | - | - |
      陶芸教室、草刈り
      0

         2020.5.20(水)曇り、一時雨。ほんの少しだが今日も雨が降った。それよりも、大陸からやって来た冷気が列島に寒気をもたらした。じっとしていると肌寒さを感じる。そんな一日だった。

         

        ☆陶芸教室

         

         会長さんは休みだったが、今日が自由参加日にも拘らず大勢が参加した。それもそのはず1か月ほどコロナ自粛で活動を停止していたからだ。高齢のおばあさん方も顔を揃えた。入院中だったメンバーが少し前に退院して、今日やはり元気になったところを見せた。また、予期せぬ飛び入りもあった。あるメンバーの知人で、陶芸に興味を持っている人がやって来た。止む無く見学という扱いで自由に遊んでもらった。

         

         ひとまず出自を聞いてみた。千葉県から隣町に町興しで移住してきた女性で、理容店を自営しているそうだ。最近は、メンバー数が増えて新たなメンバーの受け入れは考えものだという状況になった。しかも、隣町からという点が引っかかる。現実には、隣町だから駄目ですとは言いにくい。実際のところ既に隣町から参加しているメンバーも複数いる。悩ましいところだ。

         

         今日私は四角形の瓶に取り組んだ。この間窯出しした大型の瓶を今日は、メンバーが口々に褒める。自分がそう思わないから、適当に受け流す。気に入らなかったのが色付けだ。それを狙い通りにすべく再度同じ成型を試みた。

         今日は、久々の活動でやや違和感があった。それは粘土の乾きが早く、粘り気も足りない様な気がする。水ひの白土で上等なはずだがどうも粘り気が足りない。そんな思いを抱えながら成形に取り組んだ。

         

         粘土を板状に延ばして、自宅で用意した四角い箱の周囲に粘土を巻きつける。箱には、その先に新聞紙を巻いておく。箱の周りに巻き付ける板状の粘土を2段にして高さ30センチほどにする予定だったが、ここで不都合が生じた。一枚目の板を巻き付けて二枚目を作ろうとしたとき、粘土の量が足りないことが分かった。追加してやればよかったのだが今日は気分が直ぐに変わった。一段だけにして高さが低い立方体のような瓶に変更した。その代わりに、上に付ける首の部分を長めにする。それで何とか存在感を出す。筒の上に置く蓋と首を成形して別保管した。すぐに乗せると首の重さで蓋が下がる。ある程度乾燥してから載せるとへこまない。一方で本体の部分が先に乾燥しても困る。両方が適度の乾燥と湿り気の状態が理想的で、その状態にする手当てが必要だった。前に成形した瓶でその辺りのやり方を覚えた。取り敢えず今日は午前中で活動を終えるため、両方の部分に濡れタオルを掛けビニール袋で覆った。

         午後は農作業のために午前中で帰宅した。

         

        ☆梅畑の草刈り

         

         本来は今日午後に柿の防除をする積りだった。ところが風が強く、空もどんより曇って今にも雨が降りそうだった。昨日と同じ状況で今日も防除を断念した。その代わりに、梅畑の草刈りを考えた。もう少しすると梅を収穫する。その前に毎年草刈りをしている。収穫をし易くするためだが、今年はまだやっていなかった。そこで、雨が降っても出来そうな作業として草刈りをすることにした。やってしまえばいつするか悩まなくても良くなる。

         

         梅畑に入り枝を眺める。時期としてはまだ先だと感じる。それもそのはず未だ5月だ。1時間程作業して全体の草を刈った。しゃがんで眺めると木の下から隣の畑が見えるようになった。

         

        ☆梨畑の草刈り

         

         このまま帰宅するのが惜しくなった。時間はまだあった。そこで梨畑へ向かった。梨畑も雑草が随分伸びていた。鶯をかまっておれずすぐに草刈りを始めた。全体の3分の2ほど刈って、隣の柿畑へ、植えて間もない苗木の周りを刈る。それでタンクが空になった。その段階でもまだ帰宅する気にならなかった。

         

        ☆梨の摘果

         

         二十世紀梨の木は昨日途中で止めていた。そのため、草刈りの後の時間で摘果に取り掛かった。今日は改めて小袋の上から摘まんでみたりする。ある枝というより、その一帯ではかなり密集して小袋が掛けられていた。これでは掛け過ぎだな、とすぐに分かるほどだった。余計に思える実を袋ごと落とす。足元に落とした小袋は見る見る間に増えて行った。かなりの枚数を落とした。そうでなければ、残す実が多すぎることになる。

         

         今日もモリアオガエルが横の水がめに姿を現した。だが、今日はすぐに姿を消した。気温がかなり下がるのを感じて帰宅した。急に寒気がやって来た。家の中でも寒い。このところずっと天気に振り回されている。夕方は営農組合の草刈り作業員集めをした。タケ

        | 趣味 | 06:54 | comments(0) | - | - |
        木工クラブ、梨畑へ
        0

           2020.5。19(火)曇り時々晴れ、一時雨。余裕のある朝だったが5時半に起床した。目が覚めて寝ていられなかったからだ。コーヒーを沸かすと2階に声を掛ける。「6時、6時だ!!」

           今日は久々の木工クラブの活動日だった。夜半に雨が降り、今日も朝から農作業は無理だ。そのために、趣味で時間を使う後ろめたさがない。しかも、前回は農作業で休んでいたということもあり今日は私が開錠して用意する必要があった。

           

          ☆木工クラブ

           

           製作の計画を立てていた。先日「木地師の館」の管理人さんから購入した中の一枚で盆を作る。直径が40センチはあったが厚さが3センチほどしかない。しかも強い反りがあった。

           8時半に民芸実習館に入る。すぐに作業に取り掛かった。板材を旋盤にセットして回転させると恐ろしくなるほどブレた。旋盤を固定する台が震えた。反りの強さが原因だが、まずこの反りを調整する。両面を平行になるまで削ってから成形に取り掛かる。反りを修正すると結局厚さが2.5センチになった。そこから寸法の計算をする。底の厚さを7,8ミリに決めた。

           

           まず底を削る。盆だから高台は無い。真っ平らにする。問題は縁だ。盆は底も内側も真っ平らで、縁の形で変化を出す。今回は特別な形を考えていた。

           底の下側を削り終えて磨きも終える。ひっくり返して旋盤にはめる。回転させたとき思わぬ事態に直面した。板材が外れて飛んだ。突然のことでなすすべがなかった。飛んだ木材の縁に傷が出来た。

           

           最初の側に戻して縁の修正を行う。磨きまで終えて再びひっくり返す。しっかりはめて締めつけた。旋盤を回転させる。すると、すぐにまた板が旋盤から外れて飛んだ。2度まで同じことを繰り返すのは初めてのことだった。再びひっくり返して縁の修理を施す。今度は、旋盤のチャックを掛ける溝を数ミリ深くした。そうしてはめると今度こそは安定した回転が始まった。(ヤレヤレ)

           

           時刻が進んでいつもだと活動を終える頃だった。だが、今日の生徒は私一人で指導者の方と二人だけだった。もう少し頑張ろうと促されて正午前まで続けた。底の厚さが1センチほどになったところで止めた。後は、面を出す削りに移る。歪み無く真っ平らにするのだが、幅の広い刃物で丁寧に削る。これは短時間ではできない。止め時だった。

           

          ☆梨の仕上げ摘果

           

           天気は落ち着いて雨が降る気配が無くなった。やろうと思えばいろいろあるが、梨の対応をそろそろ打ち切るべきだと考えた。それに、外は風が強く防除には適さない。

           

           気になることがあった。鶯(いやメジロかも知れない)が今日もどういう反応を見せるかとても気になった。こちらも邪魔をしているようで思い切って作業が出来ない。

           圃場に着くと状況は昨日と同じだった。少し離れた木の枝に止まって、ピーピーと鳴く。キーキーという方が似ているかもしれない。摘果作業をしながら思ったのは、油の切れた摘果ばさみを使った時に摩擦で出来る音がよく似ていた。

           

           もう一つ気付いたことがある。昨日もそうだが鶯よりはるかに大きい黒っぽい鳥が二羽(多分つがいだ)鶯より離れたところの枝に止まっていた。何をしているのだろうと思う。鶯の卵を狙っているのだろうか。鶯のためを思って声をあげて追っ払った。今日も同じような光景に出会った。

           後でよくよく考えてみると、鶯の巣を窺う二羽は恐らくホトトギスだ。梨の枝に鶯の巣があると知っていて、巣が留守になった隙にそこに卵を産み落とす。ホトトギスの托卵は知られている。ホトトギスは自分でひなを育てない。鶯の巣に生み落として育てさせる。托卵だ。私が二日続きで邪魔に入って戸惑っているのだろう。卵を紛れ込ますわけだから孵化前に生み落とす。鶯も鶯だ、個数が増えてもおかしいと思わないようだ。だから鶯が選ばれたのだろうか。

           

           私も今日はそれほど気にせずに摘果と小袋掛けをやった。夏姫品種の仕上げを終えて、二十世紀の木に取り組むが、既に時刻が夕方になっていた。

           

           5時半の町内放送が流れる。帰宅のタイミングをうかがっていた時、すぐ近くの水溜から、キンキラキン、キンキラキンというモリアオガエルの鳴き声が響いた。その方向を眺めると、カエルの姿が目の前にあった。スマホを取り出してシャッターを押す。あごの下を風船のように膨らませて鳴いている。それを目撃したのは初めてのことだ。

          moriao

           分かりにくいが、袋を膨らませているところを撮影した。この後すぐに帰宅した。仕上げ摘果は完了しなかったが、それでも結構な数を落とした。この後は大袋掛けの際にでも仕上げることにした。

           今日は天気を見ながら作業を進めた。夕食後短時間だがひと雨降った。タケ

          | 趣味 | 06:30 | comments(0) | - | - |
          陶芸窯詰、筍堀
          0

             2020.4.15(水)晴れ。雨が止んで2日目、今日も快晴だった。予定がない割に農作業も出来なかった。防除は次に行う時期まで余裕があった。

             

            ☆陶芸窯詰

             

             メンバーの色付けが進み、ようやく本焼きが出来る量になった。であれば早く本焼きをしたくなるのは会長さんも同じで、今日窯詰と本焼きをすることにした。私には重要な作業だった。特に出来上がりに期待がかかっていた。そして、もう一つ今日の目的があった。ドーナツ型の花瓶を作ることだ。自宅にいるときふと思いつく手法があった。それを成形で試してみたかった。

             

             あられを残して一人先に民芸実習館に入る。窯詰は他人が揃ってから取り掛かる。それまではドーナツ型の花瓶に取り組む。

             丸い棒に紙を撒く。それに板状の粘土を巻き付けるが、簡単にやれば広い板をそのまま巻き付けて一か所をどべいで接着する。だが、中の棒を抜いた後の筒状の粘土を丸く曲げるときに、全体に丸みが残せるかどうかに問題があった。外側が潰れないか、内側が潰れないか、普通に考えると丸い筒のまま曲げるのは極めて難しい。

             

             ふと思いついたのは、細い板状の粘土をらせん状に巻き付ければ、筒を曲げたときに丸さが残しやすいのではないか、と考えた。

             粘土をらせん状に巻き付ける。棒を抜く。曲げてみる。だが、結果は変わらなかった。試みは意味がなかった。粘土を潰して断念した。これで今日の製作意欲が減退した。

             

             今日の参加者は、後で遅れてやってきたあられを入れても5名だった。高齢のメンバーは一人も来なかった。今日が自由参加日だからだ。

             窯詰は5名でも十分だった。以時間足らずで窯詰が終わり、点火したのが10時前のことだった。焼成完了まで13時間だから深夜の11時完了する。

             

            ☆雑用

             

             昼食後精米に出かけた。その前に、一旦焼成室によって湿気抜きの蓋を閉めた。窯の内部の温度は300度だった。その後で精米を行う。今日まで交通安全週間で、運転には注意を払う。

             

            ☆筍堀

             

             帰宅してから準備を整えて山に出かけた。線じつぃは1か所の山しか確認しなかったが、今日は3か所すべてを見て回ることにした。前回確認しなかった2か所は筍の生育が遅い山だ。

             斜面になった山では、倒れた竹を避けながら斜めに上り下りする。なかなか見つからなかったが、ふと足元を見て2個見つける。

             

             次の山でも状況は同じだった。ここにはまだ生えないかなと思った途端視野に筍が入る。ここでも小ぶりのものを2個掘った。

             

             最後がいつもたくさん掘る山田が、ここも同じ状況だった。従って、合計6個を掘って持ち帰ったが、作業量はアップダウンを歩いた距離そのものだった。結構よい運動になった。

             帰宅してすぐに皮をむく後はあられにバトンタッチした。

             

             夕方も時間が惜しくなっていろんなことをした。桧材で削った寿司桶のタガの部分に柿渋を塗った。余計なところに渋が付かないようにマスキングテープで養生をしていた。柿渋を塗った上に拭き漆をすると、どういう訳か真っ黒になる。全に拭き漆を施した中に、真っ黒なタガが目立てばよい。最も、芽のあらう桧は拭き漆で黒くなるかもしれない。そうであれば計算違いということになる。

             

             お寺から譲り受けたケヤキ材の板を切断する。厚さが10センチで横幅が30センチ、長さが1メートルの板だ。これを3枚に切り離した。直径30センチの作品が出来る。ただ、保管状態が良くなかった。所々にひびが入っていた。木材の弱点がこれだ。時間が経つと自然にひびが入る。

             

             明日の農政委員会の進行手順を考えた。出来るだけ短時間でという制約がかかる。要点を拾い出してノートにメモをしたためた。

             明日は、野菜の種をポッドに撒こう。育てた苗を植えたほうが確実だ。タケ

            | 趣味 | 07:04 | comments(0) | - | - |