ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
同級会の準備、因伯と展示会の準備会合
0

     2019.9.12(木)曇り時々晴れ。雨が降りそうで降らない曇天だった。気温が5度くらい下がる。随分凌ぎやすい日和だった。秋らしくなったということだが、果たしてそうなるかどうか分からない。

     瓶ごみの日だと、あられが叫ぶ。だが、それは昨日のことで、認識がずれている。土壌分析という全く初めての経験をした余韻が残る。幸い飲食の影響はなかったが疲れは残った。

     

    ☆同級会の準備

     

     明後日に迫った同級会の最終的な準備に取り掛かった。午後には別の会合がある。午前中だけ時間が空いていた。

     

     中心となる幹事、病気療養中の感じにそれぞれ電話で運営上の確認をした。2名の先生方には再確認の電話を架けた。変更や突発事項はなかった。残るのは、当日の資料の印刷だ。公民館の印刷機で行う。始業時刻を待って出かけた。

     印刷は、公民館の職員が私の代わりにやってくれた。その間私は館長と今後の行事で確認があり、暫く話し込んだ。財布を忘れていたことに気付き一旦帰宅してまた公民館に戻ると、印刷は終わっていた。手間が省けて感謝の意を述べた。17ページ60部の資料を用意した。

     

     雑用を済ませて帰宅した後は、午後の予定に備える。ガソリンスタンドに電話を架けて、トラックの更新可否を問う。希望の車種に合うものがあるという。何時でも確認できるとのことで、こちらの都合で訪問することにした。

     

    ☆とっとり琴浦熱中小学校に申し込み

     

     迷いに迷ったが、6か月間の第三期だけ申し込んだ。インターネットのURLからアクセスして申し込んだ。1回目は10月だ。

     

    ☆因伯と展示会の準備会合

     

     午後2時から、とある喫茶店にメンバーが集う。11月5日から開催する展示会の最終検討会議だ。会場の展示区画割りや当日配布のパンフレット、事前案内の葉書のデザイン決定など、項目が予想より多くなった。1時間余り話し合って、どうにか方向が定まった。案内はがきの配分数や配布時期、持参先を決定するとともに、パンフレットに搭載する製作談話の原稿依頼、展示会直前の10月19日に、展示会場に集い採集確認を行うことになった。

     

     目下製作中という作家もいる。第10回で、特別に過去の展示作品も今回展示可にしようと話し合う。私は、過去の作品が殆どない。

     帰宅して、葉書の製作を頼んでいた弟に修正点を伝える。記念誌となるパンフレットは私が取りまとめをすることになった。

     

    ☆ガソリンスタンドへ

     

     準備会合が早めに終わった関係で、朝連絡を取ったガソリンスタンドへ寄った。店の敷地内にその車があった。キャビンに座って操作性を確認したりするが、いわゆる代車として使われていたものだ。その分値引きされていたが、取り敢えず保留して帰宅した。

     

    ☆集落の支え合い活動運営会議

     

     町の福祉祭りで、わが集落の取り組みが紹介されることになった。発表する担当者を決めて、内容のすり合わせをするのが会議の目的だった。

     都合の付く関係者が集い、僅か10分ほどの発表内容を話し合った。スクリーンとプロジェクターを用意して、投射しながら話し合った。こういう過程を繰り返しながら、関係者の意思疎通を良くすることが、ボランティア活動をするメンバーの足並みがそろう。私は、そのような感触を得ながら話し合いの進行を見守った。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 08:33 | comments(0) | - | - |
    木工クラブ、農業委員会総会
    0

       2019.9.10(火)晴れのち雨。今日の処は雨は降らない予報だったが、午後、時に激しく、その後はパラパラと降った。その頃私は会議の最中で、あまり実感が無かった。会議が終わって外に出て初めて降雨を知った。

       

       起床時刻が遅くなった。5時半頃が毎日だったがこの頃は、6時直前になった。長男やあられを起こす。燃えるごみの搬出があり、私はあわてて自転車に乗った。一袋を前籠に載せて搬出した。

       

      ☆軽トラックの更新

       

       近々の車検を予約している。見積りでは、タイヤ交換やら内部の部品の摩耗など劣化が進み、費用が跳ね上がる。たかがトラックにこんなに掛かるのかとの思いが拭えない。

       あられが提案した。先行投資をしては、と。つまり、いい加減に傷んだトラックを買い替えるということだ。考えてみれば、父から引き継いだもので残っているのはトラックしかない。この先いつかの時点で故障と買い替えがあるとすれば、年を取るほど買い替えのチャンスが減り、今が最も効果的だというのがあられの考えだった。作業環境を改善して農作業にも弾みをつける。

       

       そんなこんなで、今朝、ガソリンスタンドに電話を入れて車検の予約を取り消した。代わりに、希望するような車種が手に入るかどうかを問い合わせた。

       

      ☆木工クラブ

       

       今日の出席者は生徒が2名と指導者が2名だった。従って、旋盤は独占することが出来た。政策の区切りが付いていた私は、浅い洋風デザインの皿を思い描いた。高台付きで縁が反って、薄く仕上げる。そういうデザインだ。直径が30センチの薄めの板を取り出して削る。時間内に下側の削りと磨きを終えた。上側の部分は次回の活動で仕上げる予定だ。

       

       指導者には、私が県展に入選したことを報告する。これが日頃の研鑽の成果と考えられる。11時を過ぎたころ、活動を終えて帰宅した。

       

      ☆農業委員会総会

       

       寝不足が続いて会議中眠気に襲われた。寝ることはなかったが、努めて発言することで意識を高めた。

       会議の後で、農政委員が集い短時間の打ち合わせをした。明日の研修会の運営だが、午前10時に集合と決まり、関係者への確認が目的だった。研修の講師への土産の手配やら細々したことを片付けると5時を回っていた。

       

       雨で濡れた道路を、長男の会社の前を通過しながら帰宅した。長男は、残業だったようでやや遅めに帰宅した。いよいよ明日が今年最後の研修会開催日だ。その前に何か所かの圃場を農学部教授を案内して回り、土壌分析を行う。生憎の雨天が報じられている。長靴と傘を持参するように各委員には念を押した。タケ

      | 食べ物・健康・日常生活 | 07:50 | comments(0) | - | - |
      連絡文書の配布、文化団体協議会役員会、梨のお届け
      0

         2019.9.9(月)晴れ。今日も暑い日だ。もうそろそろ秋らしい日和になってほしいものだが、厳しい残暑に晒されている。

         

         昨夜のことだ、床についてからいろんな考えが頭の中に浮かび、脳が覚醒し始めた。眠気が吹っ飛び、眼が冴えてきた。しかも、蒸し暑さが尋常でない。体中が汗ばむ。扇風機を掛けて首振りで風に当たるが、却って皮膚を刺激されてますます眠れなくなった。

         起き出して自室に戻る。TVを点けると台風情報をやっていた。眠気はないが、することもなく、再び横になった。そうしていつの頃か眠りに就く。

         

         目が覚めたのが6時過ぎだった。寝不足だ。あられもまだ起きていなかった。慌てて起こす。今朝はこうして始まった。

         

        ☆梨をトラックで運ぶ

         

         長男が職場に梨を供するという。先に自転車で出発した長男の後をトラックで追いかける。職場に到着すると、長男が外で待っていた。梨を引き渡して帰途に着く。途中、水田の水を確認する。

         

        ☆連絡文書の配布

         

         営農組合の役員会で決定した運営委員会開催連絡を配布する。道々でトラックを止めて組合員宅へ配って回った。15日開催で1週間しかない。早めに連絡をしなければ、出席率が下がる。そして、早朝の空いた時間で自分自身の手間も片づけることが出来る。

         

        ☆文化団体協議会役員会

         

         今から年内の取り組む行事などの検討を壷なう会議だった。私はあくまで事務局であり、会長他執行部の合意を得なければ進めることが出来ない。ただし、検討に先立っては、関係機関とも調整を済ませて原案を準備する必要がある。事務局の事後とは、こういうふうに手間がかかる。

         

         会長さんが15分遅れになった。他の役員がそれまで雑談をしながら待つ。会議は、1時間で終了した。大筋予定通りに運営内容が決まり、早速代表者会議を招集する準備が必要だ。

         

        ☆農業委員会事務局へ

         

         青年農業者研修会が目前に迫った。会合からの帰り道、役場へ立ち寄った。農業委員会で研修会の申し込み者数を確認した。その段階で18名だった。

         ただ、それだけのつもりだったところに、相談を受けた。明後日の研修会前の諸対応についてだった。そこでまず、今夕、事務局長と共に対象圃場を見て回ることになった。4時出発と決めた。

         

        ☆梨のお届け訪問

         

         例年通りに、近隣の親せき宅へお届けをした。運よく在宅ばかりで、ことはスムーズに運んだ。年々、叔父叔母や従姉が歳を取る。年に一回の訪問だから余計のことだ。持参訪問を通して近況を話し合ったりする。

         2時間ほどで一回りして、役場に向かった。

         

        ☆圃場の確認

         

         約束時間より早かったが、予定通りに事務局長と対象圃場の確認に出かけた。研修会の当日、午前中は私が鳥大教授を案内して、土壌分析などを行う手はずになったからだ。

         炎天下の砂丘畑を探してトラックでひた走る。何度か走った記憶はあるが、今日のような目的を持って走るのは初めてだった。目当ての圃場に停車した時は、周囲の目印になるものを探した。

         1時間ほどで対応を終えて帰途に就いた。エアコンの効かないトラックのキャビンは本当に暑い。この確認は、突然決まったおまけのような仕事だったが、研修日当日に向けた準備として安心材料になったことは間違いない。

         

         帰宅するとシャワー侘びて、疲れを吹き飛ばすべくビールを飲んだ。タケ

        | 食べ物・健康・日常生活 | 21:35 | comments(0) | - | - |
        鳥取県展の審査結果、営農組合役員会
        0

           2019.9.7(土)晴れ。猛暑が続く。とんだ残暑だ。作物にはプラスだと思うが、人間にはダメージがある。何時までこの陽気が続くのか..........

           

          ☆鳥取県展の審査結果

           

           昨日中に結果を知りたかった。だが、今朝まで発表の動きが無かった。一人朝食を食べて、家族はゆっくりさせた。敬老会の手配を思い出して、早朝の電話をする。家族が起床して私も再び食卓に着く。すると、長男がスマホでインターネットを検索しながら教えてくれた。「受賞候補で名前が載っている。」と。(受賞候補?)最初はピンと来なかった。暫くして意味を理解した。

           

           入選はしたのだが、受賞候補者に選ばれて、その中で受賞から外れたということだった。あと少しで受賞できたかもしれないと思えば、昨年より少しレベルが上がったのだろう。結局、私には朗報だった。

           自分でPCで検索すると、次のようなことが分かった。

           

           まず、点数で入選者を決める。入選作品数をある程度集めなくてはならない。その中から受賞候補者を絞る。今回は80名だ。その人数とするために何点以上という点数で括る。そこから県展賞と奨励賞を選ぶ。その選から漏れた作品を「受賞候補」と呼ぶ。こういうことだ。

           今日のところは、この結果の余波で機嫌よく過ごせそうだ。

           

          ☆水田の見回り

           

           好天が続き、水田の乾燥状況を気にした。管理者不在の圃場をはじめ、何か所かを見て回った。全体的には湿り気程度はあるところが多かった。この時期それでよいのだが、中には水が多く圃場の土が固くないところもあった。中干が不十分なところだ。そういう圃場は、排水口を開けて一旦水を出す。用水から水が多く入る圃場は、取水の為の堰板を外す。

           

           雑草の生え方の目立つ圃場では、機械の進入路を中心に鎌で刈る。中に入って歩いてみる。いろんなことをして、帰宅した。一部の圃場しか見回れなかったが、時間を見て順番に対応する積りだ。9時頃でも既に日差しが強く、長くは続けられなかった。

           

          ☆梨の受け入れ準備

           

           明日の朝、いよいよ梨を収穫することにした。収穫後の梨をコンテナごと収納するために、納屋の中を掃除して、スペースを確保する。その作業が必要だった。木工用の木材や、水稲栽培の関係の資材などが増えて昨年より狭くなった。

           昼食後3時頃まで居眠りをした。扇風機だけで眠り途中で気分がおかしくなった。生暖かい風でも、体に当たり続けるのは体に悪い。一休みの後、作業に取り掛かった。1時間ほどでどうにか空間を確保して、準備を終えた。シャワーで汗を流す。

           

          ☆審査結果が届く

           

           朝のうちに入選を知った結果が、夕刻に郵便でようやく届いた。通知内容では、審査委員が付けた点数も分かる。私自身の点数は、昨年より低かった。意外な気がしたが、今年はどうも厳しめのような気がする。入選ラインが9点でこれも低い。例年は10点だ。或いは、出展作品のレベルが低かったのか。私の場合は、点数が低い割にランクが上がっており、やはり、評価が厳しかったということか。評価の上下は、やはり出展作品全体との関係ということになる。

           長男が言う。「審査員も。最初に審査した作品でその後の評価が影響を受ける。」と。それも分かる気がする。

           

          ☆営農組合役員会

           

           一人の役員が欠席だった。体調不良から欠席になった。残りのメンバーで、刈り取り後までの作業日程を話し合った。1時間は掛からなかった。1週間後に運営委員会を開催することにして散会した。タケ

           

          | 食べ物・健康・日常生活 | 06:43 | comments(0) | - | - |
          家事を手伝う、冷蔵庫の更新、県展審査結果を待つ
          0

             2019.9.6(金)晴れ。今日は降雨の可能性もない、日差しの強く蒸し暑い日になった。残暑に晒された。屋内では、高い湿度に悩まされた。扇風機では間に合わない。燃えるごみの日だが、搬出はなかった。

             昨夜もなかなか眠れなかった。6時前にどうにか起き出した。あられと長男に声を掛けて起こす。眠い。

             

             長足後、用事が無く何をしようかと思案する。水田に入ってヒエ取りをしようかとも考えた。あられが言う。それをしたところでどうなるものではなし、この暑さの中でばてるようなことはしないほうが良い、と。言われてみるとその気になった。どうも、私は貧乏性のようだ。

             今日、新しい冷蔵庫が来る。その前に、中のものを出す。一人では大変だから、私が手伝うことになっていた。だが、搬入が午後のことだ。

             

            ☆裏庭の草取り

             

             あられに頼まれたことがある。散水用のホースが重く感じられ、取り換えてほしいと言った。我が家には、3か所に散水ホースを取り透けているが、2か所は中にメッシュが入ったホースを使っていた。これは、寿命も長いが重さがある。全体に固くてねじれると扱いに手間がかかる。そこで、1か所だけ安物のホースを使っていたものと取り換えた。安物は軽い。しかも、ねじれてもそのまま引っ張ることが出来る。

             

             そのあと、裏にはに伸びた雑草のことを言われた。実悟りをしてほしいということだ。根から引き抜く器具を出して、草取りを始めた。草は良く抜けた。力も余り要らない。楽だと思っていたところに立て続けに電話が入った。それで草取りは中断した。

             

            ☆湖南市からの電話

             

             生涯学習課からだった。11月に開催される作品展の連絡で、わが町からの出展有無の打診だった。友好関係を結んでいる関係で、6月には当町の合同発表会に6点出展を頂いている。実を言えば、その折に候補作品を選んでいた。

             これまで電話だけのやり取りだったが、メールアドレスを交換して、事前の確認など行うこととした。

             

            ☆冷蔵庫の受け入れ

             

             午前中から、廃棄処分する冷蔵庫の中身を外に出す作業に取り掛かった。細々した食べ残しのタッパーなどが実に多い。午前中で作業を終えて、昼食を摂る。業者から電話が入り、搬入時刻が早まる。半ば居眠りをしながら待機する。

             

             我が家の冷蔵庫は、10数年前に故障した時に買い替えたものだ。両親存命の頃から使っていた。最近、冷凍庫以外でも入れたものが凍り付くようになった。そろそろ寿命かと買い替えを決めた。最終的な購入の決め手は、電気代だった。

             

             搬入はすぐに終わり、再度収納する作業を始める。これは余り私の出番はない。残すものと処分するものを区別する。収納もあまり時間が掛からなかった。

             

            ☆DVDの在庫確認

             

             農作業用のズボンを購入することにした。専門店に安価な商品のコーナーがあり、例年ここで購入している。ズボンも、生地の寿命が来る。作業中に引っ掛けて破くことも多い。それを布を当てて修繕しても、いずれは寿命が来る。

             

             ズボンを購入してから、レンタルビデオの店に寄った。あるタイトルの映画の在庫があるかどうかの確認だ。9月16日には集落で映画を上映する。私がその係だが、映写する機材の手配は済んでいる。上映する映画も早くから選定していた。レンタルできるかどうかの押さえをする。直前で借りることにして後にした。

             

            ☆県展審査結果を待つ

             

             例年は、申し込みをしたその週末には結果が届いていた。朝からそれが頭から離れず、入選かどうかで気持ちが揺れ動く。意味のないことだが、やはり気になって仕方がない。

             今日もあられと話す。これも貧乏性だからか、と。昔若い頃、私は結構楽天家だった。いろんな取り組みの結果は半々で、思い通りにならないことも多かった。準備や努力が足りないのだと反省していた。歳をとるとそれなりの努力をするようになった。大体は気にする割には結果がついてくるようになった。だが、その度に気にするのだった。

             

             夕方、郵便配達のバイクの音が聞こえるたびに郵便受けを覗く。結局今週中の通知は届かなかった。昨年までと様子が違う気がした。タケ

            | 食べ物・健康・日常生活 | 07:16 | comments(0) | - | - |