ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
とんど祭り、柿の剪定
0

     2019.1.13(日)晴れ一時曇り。今朝は早朝から、集落のとんど祭りを行う。天気を心配した。幸い雨ではなく、風も殆どなかった。昨夜、酔いが引かないままダウンしたが、今朝はほとんど影響が残っていなかった。眠気を終日感じた。夜明け前、3時台、4時台、5時台と目が開いた。とんど祭りの準備が早いために、緊張していたのだろう。酔いが残らなかったのは幸いだった。

     

    ☆とんど祭り

     

     いつも通りに起床、朝食を済ませてから自分が担当する準備の品をトラックの荷台に積み込む。7時半、トラックで集会所前に到着した。すぐに、区内放送で2度目のとんど祭りを知らせた。点火時刻と、役員が準備を始める時刻を告知した。

     

     集会所の厨房内では、小学校のPTAがもてなし用の豚汁を温めていた。放送の後、私は集会所前の1対の門松の解体に取り掛かった。バケツと砂を残してその他の全てをトラックに積み込んだ。豚汁の鍋は他の役員が8時半に運搬することになっていた。

     

    ☆設営準備

     

     一旦荷を積んだまま帰宅した。設営開始の8時半までまだ時間があったからだ。用を済ませてから現場へ向かった。遅れて一人二人と役員が集まる。5,6人の役員で設営に取り掛かった。

     

     木製のパレットを4枚組み合わせて外側に鉄パイプを打ち込んだ。針金で要所を縛り外枠が出来上がった。

     5本のもがり竹を立てる。先端をそろえて縛り、1本は中央に立てたパイプに括り付ける。4本の竹をコーナーに配してこれも針金で縛る。この中に燃えやすい資材を投げ込み、後は門松や、竹の切れ端、注連縄などの飾り、その他のものを詰め込めば完成だ。

     

    ☆点火

     

     点火予告の9時が近づいて、たいまつに火を点ける。2名の小学生が2本の松明を持って点火した。

     珍しく風がなかった。ここ数年私が知る限りでは、例外なく強風に祟られた。燃え上る勢いが早まる反面、竹を組んだ櫓が風で倒れるからだ。今年は幸い、櫓が燃え上がるまで倒れることはなかった。

     

    ☆豚汁

     

     近くで賄いする豚汁を皆で賞味した。熱く、美味で体が暖まった。PTAの一人が「一味唐辛子は?」と勧めてくれた。「6味唐辛子か。」「??」「外で食べるときはゴミ(5味)が加わって6味になる。」落語か何かで聞いた洒落だが、若いPTAの皆さんにはすぐには分からなかった。

     

    ☆後始末

     

     一旦火が点くとあっという間に燃え上がった。見る見るうちに火の手が上がり、まさに「舐める」という表現そのもので、燃え上った。その有様は、火災の凄まじさを連想させた。家が燃えるとき、こういうことだろうな、と。点火から40分ほどで鎮火した。

     

     だが、全てが灰塵に帰した訳ではない。燃え残りがくすぶり、煙を出していた。燃え残りをかき交ぜて燃やすことに苦労した。結局、このまま放置して度々様子を観にやって来ることになった。午後の早い時刻には煙も出ていなかった。後は、磁石で釘などの金属を拾い集める。後日のことにした。

     

    ☆神社の祈年祭

     

     新春の行事だ。とんど祭の火の始末を残したまま、神社に向かった。既に式典は始まっていた。空いている席に収まり、進行を見守った。農事組合長としては、今年1年の豊作を祈願せざるを得ない。

     

    ☆柿の剪定

     

     昼食後小休憩の後長男とともに柿畑へ出かけた。快晴の中、どうしてもやらざるを得ない。長男も、さも当然という口調で促した。実は、寝不足気味で、眠かった。体を休めて目をつぶれば、いつでも眠れる、という状態だった。だが、そうも言っておれない。というのは、今年は念入りに作業をしているため、時間が掛かる。10アール以上ある畑を済ませるまでにはかなり日数がかかる。出来るときに出来るだけやる。そういうスタンスだ。

     

     長男は、樹皮剥きに専念した。かなり思い切って切り進む。だが、地面に立って見上げると、頭上に空いた空間が狭い。まだ枝が多いということになる。後でもう一度見直しが必要だと感じた。

     3時を過ぎると日が陰る。空気が冷え始める。このタイミングで帰宅した。取り敢えず、今日剪定した枝は切り揃えて集めて置いた。これをしていると、後々が楽だからだ。

     帰宅して、エアコンの入った部屋で椅子に座る。目をつぶると、すぐに眠りに落ちた。疲れている。勿論、農作業だけではない。飲み疲れもある。明日は、また飲みだ。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 20:27 | comments(0) | - | - |
    県議を励ます互例会に出席
    0

       2019.1.12(土)晴れ。週間予報に反して天気が良くなった。今日は、昼前から地元選出県議の互例会があり、後援会のようになっている私も出席する。従って、朝方はのんびり時間を過ごす。その予定だった。

       

      ☆どんど祭りの準備

       

       自治会のある役員から電話を貰った。それは、明日のどんど祭りに備えて今日準備作業が組まれていた。公民館主事ながら、私が互例会に出席する関係で、他の役員に作業分担を割り振っていた。それが既に徹底されていると考えていたが、そうではなかった。

       

       作業現場に誰も来ない、とある役員が知らせてきた。不徹底だったのかと訝りながら、各役員へ午前中の都合を聞き、協力を頼んだ。勿論自分が対応できないことの念を押した。内心忸怩たる思いはあったが、ここは割り切って数人に作業を依頼した。直前に念を押さねば駄目かなというのが反省点だった。

       

      ☆互例会

       

       隣町の温泉宿で互例会が行われた。今の県議はこの統一地方選挙で二期目を迎えるが、前回が無投票当選だったために初の選挙戦となった。当選が確実視されているが、こういう理由で応援に拍車が掛かった感じだった。

       

       互例会には、県知事や国会議員が駆け付ける。説明では、地元で同じような互例会が目白押しで、彼らは掛け持ちで一日中走り回るそうだ。開始時間が事務局同士で調整済みのようだ。

       その他にも、地元の行政関係の長、諸団体代表が出揃う。毎度毎度の形式で淡々と進められる。違うのは、あいさつで触れられる昨今の情勢だ。それも中には参考になる話がある。

       

      ☆三国志の一節

       

       来賓のあいさつの後で最後に本人が選挙戦に臨む決意などを語った。面白かったのが、冒頭に三国志演義からの言い回しを引用したことだ。それは、「士分かれて三日、刮目して相対す」という言葉だ。その意味と背景について語り始めた。勿論、その言葉の意味も、誰にまつわる話かということも私は知っていた。何故なら、私も自称三国志ファンだから。様々な関連する書物を漁った。

       

       懇親会に移り、議員が近くのテーブルに巡ってきた。早速三国志のことを聞いてみた。分かったことはやはりその議員もファンだった。生憎今日はその話をする訳にはいかなかった。議員の周りには次々と人が寄って、ビールを注ぎ注がれしたからだ。「時間のある時に我が家にその話で来てください。」と告げるだけに留めた。

       奇遇と言えば奇遇だが、これでまた接点が出来た。

       

      ☆二次会

       

       地域ごとに旅館がマイクロバスを送迎用に出していた。同じバスで帰りも帰途に就くが、今日は何もない予定と聞きながら、ある喫茶店でバスに乗った面々が揃って下車した。私も何度かそこでお茶を飲んだ。大挙してなだれ込んだ目的は二次会だった。飲食店は営業開始時刻がある。夜の部が大体5時からになる。この店では、昼間は喫茶で夜がスナックに変わるため、昼間から酒が飲めた。知らない人とも面識を深め、結構酔って店を出た。二人で歩いて帰宅したのだが、この後更に飲み歩いた人達もいて、驚くばかりだった。夕食に間に合った。酔いつぶれた訳ではなく、あれこれ今日の出来事を語った。時間の経過とともに酔いが進んで、結局ダウンした。タケ

      | 食べ物・健康・日常生活 | 15:59 | comments(0) | - | - |
      区民運動会の準備、自治会の運営協議会
      0

         2019.1.6(日)雨のち曇り。町内では今日、出初式を行う。若い世代で編成する消防団が参加した。私は少し寝坊した。現状は、少しでも寝ていたかった。5時に目覚めたあと、次に目覚めたのが7時だった。外はようやく明けようとしていた。

         

        ☆区民運動会の準備

         

         今夕の会議資料は昨晩作成済みだった。今朝急がねばならないのが、3月10日に開催する区民運動会の会場になる町の体育館の予約だった。昨晩引き継いでから、予約していないと聞いて不安になった。

         町の体育館を管理しているのが、いわゆるB&Gだ。ここは9時から営業開始で、朝食後それまで待ち続けた。

         

         9時、電話を架けて確認すると、案じた通り、計画していた10日もその一週間前の3日も誰かが予約済みだった。止むを得ない。17日の空きを確認して、電話で取り敢えず仮押さえを依頼した。正式には書面での申請が必要だった。さらに、運動会で使用する器具類の貸し出しを受ける必要もあった。

         前任者に、貸し出しを受ける器具類を問い合わせて、午後に揃ってB&Gへ手続きに訪問することにした。

         

         午前中は、この他に書類関係の整理に時間を費やした。断捨離ではないが、昨年以前の資料関係が多い。思い切って捨てるしかない。

         

        ☆プリンターのカートリッジ

         

         今回、自治会の担当職務で印刷をした。その経費としてインクカートリッジ購入代金を補助してもらうことになった。現在使用中のプリンターのカートリッジは大容量タンクというもので、ネットで検索するが同じものに行き当たらなかった。そこで、家電店で値段を確認することにした。大容量で、一般的家庭の使用状態では1年間は使用可能という商品で、黒色単独でも高価ではないかと考えていた。だとすれば、自治会会計に申請しにくい。

         

         家電店で値段を聞いた。やはり、通常のものの値段より4倍近い値段だった。だが、家電店には陳列がなかった。取り寄せだという。値段だけ確認して帰宅した。確かめた正式な型番で再び検索する。純正の商品は検索出来た。アマゾンや楽天経由で購入すると15%以上割引になることが分かった。

         代替品を扱う安売り業者のホームページでは、流石にこの商品は売られていなかった。長男曰く、安物を売る業者は、売れ残りを仕入れて安く売っているから、まだ時間が掛かる。

         長持ちするということは量が多い、量が多いということは値段は高い。結局、何個分かのカートリッジをまとめ買いしているのと同じだ。プリント1枚当たりがコストダウンと聞いて購入に踏み切ったのだが、にわかに信じがたい。

         

        ☆B&Gへ

         

         昼食後、公民館主事の前任者宅の前に車を停めて待つ。同乗させてB&Gへ向かった。区民運動会関係と、8月の区の夏祭りで使用する器具の申請も併せて行った。4枚の書類を二人で分担して作成提出した。明日は、公民館に椅子やテーブルの借用申請が必要だ。

         

         帰宅後は、農業委員会総会の準備や、8日の営農組合役員会の準備をした。

         

        ☆自治会運営協議会

         

         年に2回の協議会だ。役員のほかに各班の班長と区内団体の代表者、区の委員が集い、上半期の行事の確認をする。各団体や委員の現状や課題を述べてもらい、班長の業務を確認する。この後で、13日のとんど祭りの運営を私が搔い摘んで話して協議会は終了した。久々の出席で得た印象は、皆よくしゃべる。まとまりがないと言えばないが、よくしゃべる。私は聞く方に回る。あまり口を挟む必要がなかった。8時に終了、急ぎ帰宅した。タケ

        | 食べ物・健康・日常生活 | 08:03 | comments(0) | - | - |
        同級生の葬儀、精進落し
        0

           2019.1.4(金)晴れ。本当に、温かく良く晴れた好天だった。明日からまた天気が崩れる。葬儀に出かけるには恵まれた。

           布団の中で腕時計を眺めると、7時まであと10分だった。慌てて飛び起きた。年が明けて初めてのゴミ出しがあった。一袋を下げて搬出場所に出かけると、そこにはゴミ袋の山があった。普段あまり見たことがない量の山だった。

           

           一人の女性がゴミの山のそばである作業に苦闘していた。近づいて声を掛ける。すると、その女性が言うことには、昨晩のうちにすぐ近くの物置に3袋ほど用意していたところ、夜中のうちに猫が匂いでやって来て、袋をズタズタに破いたそうだ。それで、散らかった中身を詰め直しているところだった。話す声に悲鳴のようなものを感じた。

          「今日はやけに量が多い。」「正月で休みだったから。」「なるほど、休みの後は量が多い、か。」

           

           ゴミの搬出から帰宅して洗面所に入ると、洗濯機が仕事をしていた。予約機能で動きだしたものだ。

           

          ☆同級生の葬儀

           

           10時半開始のところ、10時前に葬祭場に到着した。コートを着たものの、温かく車の中に脱いで置く。14人分をまとめた香典袋を受付に出す。香典返しを14人分受け取り、入り口辺りで仲間の到着を待った。一人ずつの割り当て金額を受け取りながら香典返しを渡していった。

           

           会場に入るのが遅れた。最前列しか席が空いていなかった。揃ってそこに座る。比較的長い読経だったように感じた。個人の遺影は、現職時代の姿を映したもので、JR鉄道博物館(京都)勤務時の制服姿だった。参列者は年配者が多く、早い逝去を惜しむ同年配の人たちと見受けた。

           会場には珍しくビートルズの歌が流れていた。個人が生前好んだ歌だそうだ。読経の間に思ったことがある。長生きすると、同級生の殆どの葬儀に出席することになる。自分の葬儀に立ち会う同級生は殆どいないということになる。当たり前のことだ。

           

           出棺を見送り、葬儀場を後にした。その前に、同級生の一人が思わず言い出した。精進落しをしよう、と。

           

          ☆精進落し

           

           葬儀から帰宅するとまさに正午だった。昼食後、TVドラマのスペシャルを観ながら休息を取った。次女が夕刻4時の夜行バスで帰途に就く。私は急遽決まった同級生の飲み会に控えて、長男が送って行った。次女を送った後で私も長男に飲み会をする店まで送ってもらった。

           飲み会は、5時開始で7時は終了した。飲食のセットプランに終了時刻が決められていたからだ。メンバーも、体力的な余力がある訳ではなかった。終了後私は徒歩で帰宅した。飲み会の店からそれほど離れていなかったことと、長男を呼ぶことに気が引けたからだ。快晴から雨天に切り替わる間の夜気はそれほど冷え込みを感じなかった。酔いを醒ますにはちょうど良いと考えたが、帰宅後も酔いは引かなかった。飲んだ量が少なかった割りに酔いを感じたのは、体調のせいだと思う。

           明日が土曜日で、週明けから世間が仕事モードに戻るが、私は明日から農作業を考えている。天気次第だが、、、、。タケ

          | 食べ物・健康・日常生活 | 08:33 | comments(0) | - | - |
          初蕎麦打ち
          0

             2019.1.3(木)雨時々曇り。昨日までと比べて随分暖かい。雪はほとんど溶けた。明けきらぬ暗がりの中で腕時計を見ると6時過ぎだった。幸い二日酔いではなかった。ただ、本調子とは言えない。暫く目をつむると二度寝になった。結局7時前に起床した。今日ばかりは予定が無かった。そこで思い付いたのが蕎麦打ちだった。

             

            ☆蕎麦打ち

             

             年末に買い求めた蕎麦粉が600グラム以上残っていた。それに目途を付ける。長男にも蕎麦打ちを経験させる。午前中を掛けて多めに作り、昼食にする。こういう計画だった。

             

             10時を過ぎて取り掛かった。300グラムの蕎麦粉に100グラムの強力粉を混ぜる。この間と同じだ。これを2組用意して、長男と私がそれぞれ捏ねた。約200CCの水で玉を作り寄せ集めて塊にする。これが第一ステップだ。ここまでは長男も見様見真似でこなした。

             

             塊で菊練りをする。初めての長男は説明しても要領を掴まなかった。一旦私が自分の塊を仕上げて一旦濡れ布巾を掛ける。その後で、長男が苦戦している塊に取り掛かった。菊練りを施すと、ようやく形がまとまって来た。

             

             約500グラムの塊が二つになった。まず、一つ目を手のひらで潰してから、この間買い求めた棒で延ばしに取り掛かった。太く重い棒の効果は抜群だった。延ばす時間はあまりかからなかった。若干水気が少ないのか、周囲がぼろぼろになった。また、打ち粉が効いていないのか、棒に巻いて延ばしたところ、部分的にくっ付いて開くのに苦労した。この状態で切り分けた結果は散々だった。切り分けた蕎麦の束に打ち粉を振ってほぐすと、あちこちで切れた。短い蕎麦の切れ端が多くなり、茹での段階からそば切りの状態になった。

             もう一個の塊はどうにかまともに打ったのだが、短い蕎麦が混じり、箸で垂らして汁に浸けるというスタイルにはならなかった。味は変わらないのだが食べにくい。結局、汁に長芋を擦って落し、混ぜて食べることになった。これでは味も落ちる気がする。課題を残した。昼食では食べ切れず、夕食にも回った。

             

             午後も暇を持て余すが、昨日の疲れを癒すつもりで、年賀状の追加配達を待った。届いたのは夕刻で、その間はTVのドラマを観て寛ぐ。2枚、出状していなかった方から届き、返事をコンビニポストに入れた。今日はこれまで。タケ

            | 食べ物・健康・日常生活 | 08:10 | comments(0) | - | - |