ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
平成の紋次郎
0

     私の文章ではない。ネットで流れたニュースを見て、一部をそのまま取り上げたものだ。ニュースの表題は、「〇〇政権は高速道を逆走している。」(中村敦夫氏の発言)

     

     昭和は侵略戦争、太平洋戦争、敗戦、経済復興、バブル経済と激動でしたね。戦争という犠牲を払ったけど、先進国に追いついていく時代。ところが、昭和の終わりくらいから、それまでの経済瀬長の在り方、資本主義の行方が怪しくなってくる。オーソドックスなモノづくりから金融経済にシフトしていく。その結果、平成になると、世界を操る権力構造が随分、変わってきましたね。それまでの発展途上国がぐんぐん伸びてきたパターンと違って、資本はグローバルになり、金融中心になると、国籍そのものが重要さを持たなくなる。多国籍化したものに権力がシフトしていく。

     

     そう、私は平成の後半の特徴は、金融中心のグローバルな資本主義も崩壊し、世界中が混乱していく過程に入ったな、と思っています。いま、それぞれの国でおかしな現象が起きているでしょう。ナショナリズムが台頭し、反グローバリズムのようなことを言う勢力が強くなってきている。矛盾ですよね。資本主義を肯定しているのであれば、グローバリズムに行き着くしかないのに、何を言っているのか。それじゃあ、昔のような資本主義に戻れるのかというと、もう戻れませんよ。私は得度してますが、諸行無常という言葉がある。仏教の一番大切な教えです。物事は絶えず変化していて、同じところにとどまらない。そういう見方をするといろんなことが分かってきます。

     

     〇〇政権は経済成長を神のように崇めているが、内容がないんですよね。いろんなことをブチ上げていますが、どれも不成立でしょ。金融政策で株が上がっただけで、いつ崩れるか分からない。バクチ経済です。実体経済で売り物がないから、原発でも輸出するかということになる。とんでもない話ですよ。自分の国で始末に負えないものを他国に押し付けるなんて、商道徳に反するわけです。しかもことごとく失敗、破談じゃないですか。残るのは大阪万博に絡めたカジノ構想ですか?おいおい、経済成長ってオイチョカブと同じかよって。そういう貧しい発想でしか経済を捉えていないんですね。いま、人類はそういう時代に突き進んでいるのか、という認識が決定的に欠落していて、高速道路を逆走しているような時代錯誤を感じます。

     

     このまま大きいことはいいことだという経済の哲学が膨らんでいったら、パンクするに決まっています。、もう、その最終段階に来たと思いますよ。小さいことこそ、よいことだという逆転の発想が必要だと思います。仏教では、貪欲というものが、人間社会の中で最悪のものだという考え方があります。ところが、経済成長主義というのは貪欲を奨励するわけです。つまり、貪欲でいろんなものが動く。貪欲が前提です。人間の欲望は限りないから、永遠に成長する。それが経済至上主義です。でも、欲望は限りなくても物事は有限ですからね。資源も環境も有限なんです。動物の一種に過ぎない人間が勝手なことをやれば、破局に向かうのは当たり前なんですよ。有限の資源を掘り尽くせばゼロになる。先がなくなる。

     

     どういうときに経済成長するかというと、一番手っ取り早くくて効果があるのは戦争なんですね。だから、どれだけみんなが戦争反対してもなくならない。必ず苦し紛れに戦争が出てきて、それまでの窮地を一時的に救う。□□国は戦争を続けることで成長を確保している。そもそも戦争は経済政策なんですよね。誰もが戦争は良くないと分かりつつ、目をつむってしまう。なぜかというと、経済成長を神として崇めているからですよ。もう一つは、環境破壊。経済成長のためには環境破壊もしょうがないという理屈になる。でも、人間は動物だから、環境破壊をやったら終わりなんですよ。核兵器と環境破壊によって、人類は滅びる運命にある。このまま拡大経済を神として崇めていったら、終わりです。いや、すでに終わっていて、だから、バカなことを言う指導者が、各国で出てきているんでしょう。バカの行く末は大変ですよ。必ず、悲劇になります。恐ろしい時代になったものだと思います。

     

     政治が頑張らなければダメなんだけど、そう思って正解に飛び込んでみたらとんでもない世界だったのは事実です。みんな就職のために議員になるだな。票になるなら何党でも構わない。次に当選できるのであればどこでもいい。そんな議員が9割ですよ。だから、僕が政治の話をしようとするとみんな嫌がるんだな。原発の危うさは分かっていても、票にならないから反対しない。そんな議員ばっかりですよ。与党も野党も。

     

     引用はここまでにした。タケ

    | 苦言・直言 | 19:29 | comments(0) | - | - |
    ダムの放流
    0

       全国的な豪雨被害の中、ふざけた話があった。気象庁が警戒警報を出したそのタイミングで、宴会をして盛り上がり、挙句の果ては被害続出の中宴会のありさまをネットに公開したのが、国の防災副大臣だということ。国民目線でなくて防災も何もあったものではない。

       その後の謝罪会見では、自身を不注意だったとしながら、宴会そのものには問題なしとする、誰かさんを不フォローする言い訳をした。不注意というレベルではなかろう。不謹慎というべきだ。慌てて首相が被災地を覗いた。これも遅すぎる。

       

       もう一つある。この方が私には気に食わない。砂防ダムの放水のことだ。後日の記者会見で、「(ダムが決壊すれば)もっと、下流域の住民の被害が大きいと判断して放流した。」と理由を述べた。まあ、これはやむを得ない。

       問題は、この後だ。「放流するから注意をするようにと、情報を流してから放流していた。」との言い訳だ。

       

       まず、どのくらいの水量をいきなり放流したら、下流域への影響がどのくらいあるかということが分かっていない。経験値がないのが決定的だが、被害の可能性を考えたら、単に、「注意」を促したというレベルでは済まない。放流までに一定の時間を確保しなければ、注意も何もできない。そして、肝心なことは、「注意」とは何をどうすればよいのかがさっぱり分からない。「注意しましょう」と言われても、一人一人の受け止めも違う。どのくらいの影響があるか、それに対して誰がどういう指示をするか、具体的な避難行動は何か。こうしたことには触れられていない。放流したことの結果責任を取らないような言い逃れが、醜い。こういう話は、今の世の中至る所にあふれている。タケ

      | 苦言・直言 | 08:04 | comments(0) | - | - |
      国民栄誉賞?
      0

         今日のニュースで、アイススケート五輪2連覇に対する国民栄誉賞授与が報じられた。正直違和感を拭えない。

         相応しくないというのではない。敢えて言えば、現内閣が授与を判断する資格があるかどうかという意味で相応しくないということだ。

         

         そもそも、国民栄誉賞は殆どの国民がそれを望む場合に授与されるのが理想的だ。内閣がやたらと乱発する印象が強い。授与する行為者への人気取りだと思われて仕方がない。判断が恣意的だと思える。政治のパワーバランスが偏り、やりたい放題の観が強い中で、不始末がぽろぽろ出始めた。それを挽回するかのような判断だ。

         

         栄誉賞を与える者は栄誉にだけでなく、自らの不名誉や不始末にも真摯に向き合わなければならない。自分たちのあり方にも常識的な判断を求められる。授与の理由だけでなく、授与する側の判断内容や人間的なあり様も決して無縁ではない。とめどなく、栄誉賞が乱発されていくのではないか。タケ

        | 苦言・直言 | 11:55 | comments(0) | - | - |
        世論調査のこと
        0

           1月9日にNHKが直近の世論調査の結果を報道した。

           

           現内閣の支持が、3ポイント下がって46%、支持せずが38%と報じた。これは、一見支持が不支持を上回っているように見える。NHKもそういう意図をもって報道したと思うが、支持の理由をみれば考えが変わる。

           現内閣のほかによさそうなものが見当たらないという理由が50%だ。不支持では、上位を首相の人柄がよくない、政策に信用が置けない、というのが占める。

           

           ほかによさそうなものがないから仕方なく支持とした人が50%もいるということに危機感を待たねばならないだろう。これらの人たちは、人柄や政策の中身には無関心で、何となくというパターンだが、今後不支持に回る可能性もある。46%の半分がこういう考えだから、積極的な支持は23%以下だということになる。当事者はこれをどう受け止めているかわからないが、報道しているNHKはどうだろうか。随分長い間、支持する内訳の中で今回と同じ理由が最も多い。

           国民は決して認めているわけではない。ただ、現実路線を肯定しているだけだと受け止めるべきではないか。タケ

          | 苦言・直言 | 10:52 | comments(0) | - | - |
          露骨な企み
          0

             政治の話だ。

             総選挙の後、まず「謙虚」という言葉が与党内でやたら語られた。これはあくまで国民向けのスタンドプレイ(だろう)。

             その後で特別国会を8日間開催して、所信表明と代表質問で閉会するという。また、今後の質疑で、議員数に比例させた質問時間を割り振るという前代未聞の目論見が明らかになった。

             

             話を戻せば、臨時国会開催要求を無視して突如臨時国会冒頭に解散したこと、不要な解散をして600億円を浪費した。これら一連の行動は一本の糸でつながっていると見える。つまり森友・加計問題の追及を避けるためということだろう。

             

             「謙虚」と口をそろえて言うが、全く謙虚ではない。誰に対して謙虚と言うのか。言うこととすることが食い違う。することが常識的ではない。言い換えれば、私物化と忖度が免れないところで、野党の追及をかわすことに四苦八苦している。数の力で押し切ろうとすればするほど醜くならざるを得ない。不正を守ろうとすれば政治のあり様が段々といびつになっていく。昨今次々と明らかになっている大企業の不正も、その根の存在と不正への慣れ、そして隠し続けたことで大きく打撃を受けている。同じことだ。タケ

            | 苦言・直言 | 07:42 | comments(0) | - | - |