ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 北条中学同級会ブログ | main | 同級会会合記録 >>
納屋の棟上げ、男前食堂
0

     2017.3.16(木)晴れ。昨夜の雨にもかかわらず今日は好天に恵まれた。今日は我が家の記念すべき日でもあったが、以前から決まっていた予定が重なった。

     

    ☆納屋の棟上げ

     

     昨夜あられと思案した結果、缶ビールとつまみを大工に渡そうと決めた。思い出すのは、祖父が大工の棟梁時代、他家の棟上げなのか、飲食のふるまいを受けて帰宅した記憶がうっすらと蘇った。そういうことかと納得するが、所詮納屋のことで、地鎮祭も省いている。気持ち位で済まそう、ということになった。

     

     8時前のことだ、業者のトラックが到着した。玄関が開き着工の挨拶があった。そして、私も同席の依頼を受けて棟上げ式のようなものに参加した。紙コップに少量の日本酒を注ぎ、工事中の安全祈願をした。考えてみればこういうことだと後で分かった。

     前の道路にはこの度も巨大なクレーンが駐車して、次々と木材を吊り上げる。3人の大工がそれらをはめ込んでいく。

     午後行事から帰宅してみると、屋根の部分も大方片付いて棟上げの目処が付いていた。

    muneage

     今日の作業が終わり、帰宅の合図とともに用意した缶ビールとつまみを袋に入れて手渡した。

     

    ☆男前食堂

     

     月に1度の「男の料理教室」だが、今月は60回記念行事として、生徒がお客さんを呼んで振舞う「男前食堂」を開店した。私は、前回同様あられを誘う。区内の方も何人か客として招かれていた。目を見張ったのは、昨日同級会の打ち合わせをしたメンバーの一人が、やはり客として顔を見せたことだ。昨日の今日という絶妙のタイミングだった。勿論、招かれているとはいえ会費はいただく。

     

    ☆多すぎるメニュー

     

     前回同様にバイキング形式になった。メニューは、これだけあった。

    menyu

     よく、バイキングは人数分の7割あれば残さず丁度良いと聞いている。ところが、先生はメニューごとに今日の人数分調理することに拘った。当然、調理時間は掛かるし食べるのも大変だった。9時集合で12時前にどうにか開店できた。

     

    ☆出汁巻

     

     今回も私の担当は出汁巻とした。今回の運営は最初からはっきりしなかった。そこで、自分で、おそらくもっとも手間と技術を要すると考えた「出汁巻」作りを選んだ。コツは、これまでの調理経験で掴んでいる。説明を受けるまでもなく取り組む。結果は、

    dashimaki

     上出来とはいかないが、前回より随分マシになった。味は先生の指示通りだから問題なし。お客さんの反応はまずまずだった。

     途中で調理に飽きて交代した。卵の巻き方、お玉の2,3杯目の注ぎ方などポイントを指導する。

     全体で21本こしらえ、4分の1ずつに切る。皿に盛るときは、一切れずつ縦、横、縦、横という具合に並べて見た目を良くする。

     

    ☆調理にドタバタする

     

     出汁巻作りに興味を失い、他のメニュー作りの手伝いを始めた。全体に、作業の分担とか、調理手順の徹底が行き渡らず、指示待ちで中断したり手順を間違えたりする場面が多かった。

     

     天ぷら作りでは、一部唐揚げになった。用意された天ぷら粉が食材に対して足りなくなった。小麦粉は水分の多い食材にまぶして天ぷら粉を絡める。だが、小麦粉をまぶしただけで揚げると、それは唐揚げになる。「天ぷらじゃあないと駄目だ。食材の値段が高いのにブツブツ、、、」という小言を貰う。確かにメニューは天ぷらだ。天ぷらはぐるりに衣が必要だ。これくらいは分かるでしょうというような場面だった。

     

     誰が何をするか、刻々の調理の進行とともに手の空いた生徒が協力する。こういう姿が望ましいのだが、6,70歳代にもなると反応は様々だ。結局、手伝いなどで4つある調理台を行ったり来たりして歩き疲れてしまった。

     

    ☆お客様を招き入れる

     

     配膳は、バイキングだから殆どない。メニューごとの皿を並べて、あとは開店同時にチケットを受け取り、掛け声とともに招き入れる。

     前回は私たちも一緒に食べる余裕があった。だが、この度は食材が底を尽き、追加の皿を運び入れる作業や、早々と食べ終わる人たちの食器を受け取り洗いに取り掛かるで、食べることが出来たのはお客さんが引き上げた後になった。腹が減った。足も重くなった。

     食べ終わってから、残った料理を全員で分け合って持ち帰った。量が多すぎた。これが感想だった。味はまずまずと言われたが、先生のお陰であり、私達にはそれもピンとこなかった。

     地元ケーブルテレビ局の取材があった。どういう形で報道されるか見当が付かない。

     

    ☆マイナンバーカードの発行を受ける

     

     役場から、カードが届いているという通知を貰っていた。1か月以内の手続きで、のんびりしておれなかった。料理教室の後、あられと揃って交付手続きをした。

     目を引いたのが、顔認証をやることだ。申請時に送った写真をもとに私たちの顔データが出来上がっている。パソコンのウェブカメラで撮影して照合する。髪形や化粧、メガネなどのデザインが変わるとどういうことになるか。結果はパスしたのだが、不明なことが多い。

     

     加えて、ウェブ申請手続きというのが今後始まる。パスワードが必要になる。5個のパスワードを登録した。ここまでして、私たちにどんなメリットがあるのかさっぱり分からない。初回は無料だが、10年後の更新時は有料だ。ウェブ認証は5年が期限らしい。そんなマイナンバーカードだった。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 06:52 | comments(1) | - | - |
    毎日更新お疲れ様です.写真を載せるときは横幅に注意です.写真の横幅が長いとブログのデザインが崩れるので,適度に縮小して下さい.
    | ハナミズキ | 2017/03/19 12:41 PM |