ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 果樹栽培に与える温暖化の影響(自発休眠打破) | main | 梨の防除4回目、日本海新聞やまびこ蘭掲載、筍堀 >>
「美術館建設の条件に違和感」
0

     

     久々に投稿した。4月1日のことだが、土曜日だから月曜日(3日)から10日目の掲載だった。

     何故投稿したかといえば、投稿を目的にして原稿を作成したのではなく、1日のニュース報道で触発されてその日の夜ネットで投稿した。

     県立美術館建設については様々な判断があり紆余曲折を経て中部倉吉市に建設と決まった。ところが、県議会で出された条件には驚いた。議会は誰のために何を考えているのか問いたくなった。多数派の現政権与党議員や県庁所在地選出議員などの賛成多数で条件付き承認とされたのだった。

     

     以下、掲載原稿。

     

     ようやく、鳥取県立武術間の建設場所が決まった。まずは関係諸氏に敬意を表したい。だが、県議会において条件付き承認だったことに、特に「東部への配慮うんぬん」には違和感を禁じ得ない。

     県内で総合的な美術館の役割を果たしていたのは、鳥取県立博物館の他に米子市美術館と倉吉博物館がある。東部の方々にとっては、県立博物館が市立美術館のような位置づけだったのだろう。

     理解に苦しむのは、鳥取市にゆかりの作品などを以後も県立博物館に残す案が付記されたことだ。まるで、鳥取市民の財産として少しは残せというふうに聞こえる。新しい県立美術館でそれらを見られないのもまた困った話。中部までお出かけいただくわけにはいかないだろうか。

     鳥取市桂見に建設する案が検討されなかったという指摘も噴出した。当時は、「建設=箱もの」と見なされ、建設する意味と費用が見合わなかったからだ。

     県庁所在地ゆえに、そこに集約する諸施設利用の優位性はやむを得ないとして、一方で県民の施設でもある。

     美術館建設の議論の中では「県民のための」、そして「箱ものにならない」が有力な判断基準だろう。広く県民がこぞって新美術館を利用して、県民文化の一層の醸成を目指すのがスジというものだろう。

     

     以上。タケ

    | 日本海新聞「やまびこ」投稿 | 19:19 | comments(0) | - | - |