ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 枇杷畑の整備 | main | PCの整備 >>
2017年を振り返る
0

     この1年は、良い意味でも悪い意味でも、昨年とは違った意味で変動の1年だった。トピックスは、

     

    ‥係不順

     1月と2月に大雪に見舞われた。震災で解体した納屋の跡地(更地)に積もった雪が何時までも残った。雪の影響で、納屋の再建が遅れ、農作業を始める間際に再建がなった。

     梅雨時の水不足。田植え後の栽培に少なからず影響があった。盆過ぎからの雨続きと日照不足。水稲栽培に影響が大きかった。刈り取り時期になって作業日程が定まらず、11月までずれ込んだ。

     

    ⊃涜欧鈴省鵑重なる

     叔父と叔母の訃報が多かった。地元が3軒、奈良県が1軒。親族以外でも知人の急逝があった。特に、同じ年代では、親の世代が無くなる時期でもある。

     4月に両親の3回忌を終えた。意図して華々しくやった。場所は大橋だ。

     

    G精邏箸北世永襪譴

     年始は果樹の剪定。春先は、水田の耕耘が始まり、果樹は防除と摘果、梨は大小の袋かけ。合間合間に大和は竹と水田の草刈り。田植えの後は、水管理と草刈り。引き続き果樹は防除。そして、収穫。筍堀と竹の伐採など。

     梨は、どうにか必要数を確保して、例年通り贈答した。柿は、生り年で個体数は多かったが、小玉傾向で低価格に終わった。世間一般に交配不良で不作傾向だった梅は我が家は豊作だった。

     

    じ困蕕覆じ務

     農業委員の公務。農事組合長と営農組合長の業務。柿生産部役員の業務と、選果作業。

     

    ツ修蕕覆ぜ駝

     木工作品の製作が鈍る。新築の納屋に木工旋盤を設置するが、製作時間が確保できず、結果県展出展を断念した。一方、辛うじて出展した倉吉市展では運よく奨励賞を受賞した。形か、一歩前進と言えるが、自分としては停滞としか思えない。

     陶芸教室は、メンバーが増えて活況を呈する。運営面の世話で時間をかけて、製作場面が手薄になった。満足するような作品が出来なかった。

     

    Σ搬欧侶鮃不安

     長男と長女が、急用で帰省した。長期の休養で心配したが、それぞれ自分の生活に復帰していった。一方、私は左目の具合が悪くなった。あまり医者の世話になっていない私には異例のことで、診察の結果「黄斑浮腫」だと分かった。原因は、医師によると柿の食べ過ぎらしい。服薬治療中。

     

    Э椋夘興に目処が点く

     

     母屋の屋根を緊急措置で仮修理、納屋は倒壊危険ありで解体した。それが昨年末のことだ。以後、業者の作業が滞り、納屋を4月月初に再建、母屋は11月に別の業者で修復した。その間約1年間を要した。

     

    同級会の開催

     中学の同級会を企画して、何とか成功裏に終えられたことも大きい。協力して皆で取り組むスタンスを崩さず、サポート役に徹した成果だと思う。

     

    可もなく不可もなく

     

     悪条件が多かった中での諸取組が、いずれもそこそこの結果で終えられた1年と言える。その反面、多忙感が極まり、疲労と背中合わせという状況だった。校長と不調を繰り返して何とか乗り切った。そういう意味では、取り組んだ充実感を感じる。コツコツとやっておれば、物事は何とかなるという生き方を体感したようなものだ。

     走り続けた1年間、振り返る余裕がなかった。1年間の出来事は、終わりないレースのひとこまのようなものだ。今年印象深かった言葉は、「今を生きる」「キープ オン ゴーイング」そして「人生の何たるかを問うな。人生の求めに応じて生きよ」だった。タケ

    | 1年を振り返る | 08:28 | comments(1) | - | - |
    すっかりご無沙汰しております。
    名古屋東でお世話になったM松です。
    鳥取でのご活躍を拝読させていただきました。
    諸般の事情で年賀状をお送りするのが遅くなりました。
    ご容赦いただきたく。
    目の早期完治を祈念しております。
    | 元名古屋東次長 | 2018/01/01 12:44 PM |