ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 陶芸教室、農業委員会 | main | クリニックへ、梨の剪定 >>
世論調査のこと
0

     1月9日にNHKが直近の世論調査の結果を報道した。

     

     現内閣の支持が、3ポイント下がって46%、支持せずが38%と報じた。これは、一見支持が不支持を上回っているように見える。NHKもそういう意図をもって報道したと思うが、支持の理由をみれば考えが変わる。

     現内閣のほかによさそうなものが見当たらないという理由が50%だ。不支持では、上位を首相の人柄がよくない、政策に信用が置けない、というのが占める。

     

     ほかによさそうなものがないから仕方なく支持とした人が50%もいるということに危機感を待たねばならないだろう。これらの人たちは、人柄や政策の中身には無関心で、何となくというパターンだが、今後不支持に回る可能性もある。46%の半分がこういう考えだから、積極的な支持は23%以下だということになる。当事者はこれをどう受け止めているかわからないが、報道しているNHKはどうだろうか。随分長い間、支持する内訳の中で今回と同じ理由が最も多い。

     国民は決して認めているわけではない。ただ、現実路線を肯定しているだけだと受け止めるべきではないか。タケ

    | 苦言・直言 | 10:52 | comments(0) | - | - |