ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< リサイクルショップへ、買い出し、営農組合反省会 | main | 柿の選果、農政委員会 >>
柿の収穫
0

     2018.11.18(日)晴れのち曇り。今日は本当に良い天気だった。朝から柿の収穫を予定していた。朝露が多く、9時過ぎまでは柿の実の上にも露の粒がびっしり付いていた。

     

    ☆柿の収穫

     

     いったん一人で柿畑に出かける。だが、露で濡れた柿を収穫するのは腰が引けた。一旦帰宅して、時間の経過を待つ。9時半ころ、長男を伴い山の上の畑に向かった。

     露はまだ残っていた。ハサミで軸を切り離して、柿の実を手で振る。こうして露を払って収穫袋に収めた。左手で、ブルブル、ブルブル、こういう作業が加わった。

     

     この柿畑は、暫く収穫に来ていなかった。全体に色付きが進み、若干肥大傾向でもあった。丁寧に選んで収穫する。時間が掛かった。当初2コンテナと見込んだが、5コンテナまで増えた。まだ、柿の実は残るが、重量不足や熟れ過ぎばかりで残す。

     

     2か所目の柿畑に回る近くの猪の罠を確認する。変化なし。2か所目は、早くから収穫済みと考えていたが、頭上の高い枝に結構な大きさの実が残っていた。脚立に上って1ケース余りを収穫した。これで、11時を過ぎた。取り敢えず帰宅して、コンテナを6ケース納屋に収めた。

     

    ☆午後も収穫

     

     昼食後取バラク休憩した後で3か所目の柿畑に出かけた。前回までに目立ったものは収穫した。今日は、その後に肥大したものや、見落としを中心に収穫した。まさに、その通りの結果で、2ケースしか収穫すべきものはなかった。3時頃から雨だという長男の言葉に作業を急かされた。空が曇り、今にも降りそうな気配だった。

     結局、1時間余りで収穫を終えて帰宅した。

     

    ☆選果

     

     暫し休憩を取り、選果作業を行った。8ケースのコンテナから、7ケース分を出荷する。今日の格外は少なかった。予め、収穫時から意識したからだが、3か所の圃場共に今日が最後の収穫だと決めて臨んでおり、時間を掛けたことで、無駄な収穫が少なくなった。そういうことだった。

     

    ☆出荷

     

     最後の出荷を行った。運送会社の人の話では、今日の出荷量はこれまでで最も多いらしい。そうでなくては困る。明日は間違いなく弁当が要る。荷下ろしを運送会社の人が手伝ってくれた。

     

     この後、あるお宅へ直行した。今年から柿畑を借りている地権者の方のお宅だ。格外ばかりで恐縮だが、団ボール箱に柿を詰めて持参した。私にすれば、細やかなお礼のつもりだが、休耕畑の発生に協力している出毛で感謝されている感じだった。却って、持参した柿に恐縮された。

     12月の3日まで続く選果作業はあるが、出荷は今日が最後だと思えば、一息つく気分になった。あと少しで余裕が出来る。銀杏の収穫と梅の枝の剪定がこの先の農作業だ。タケ

    | 農業 | 06:43 | comments(0) | - | - |