ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 柿の選果、農政委員会 | main | 陶芸窯出し >>
農業塾開設準備、銀杏の収穫
0

     2018.11.20(火)曇り時々雨。というより、雨時々曇りという方が当たっていた。

    (そうだ、ゴミ出しがあった)目覚めとともに、昨夜頼まれていたゴミ出しを思い出した。6時過ぎに飛び起きた。曇り空で、まだ薄暗かった。既に搬出を済ませた隣の奥さんとすれ違った。帰宅してからの準備が忙しかった。

     昨夜話し合いが終了した意見書の修正版を、メールで事務局に送信した。

     

    ☆鳥取大学へ

     

     今朝、農政委員会の関係者と役場の代表者が鳥取大学を訪問することになっていた。訪問先は、大学の農学部で、学部長との話し合いが予定されていた。学部長ともなると多忙極まりなく、アポ取りが難しかった。9時から10時の間という条件付だった。

     

     7時40分に関係者が集合して、役場前から出発した。一路大学までひた走る。車中で雑談をしながら、気楽なひと時を過ごす。

     予定通りに農学部に到着すると、学部長自ら出迎えを頂いた。

     

    ☆話し合い

     

     用件は、町内の青年農業者への研修を、これまでより回数を増やし、研修カリキュラムを大学側の主導で組み、定期的に開催できないかというお願いだった。

     これまでの研修内容や、背景などをかい摘んで説明して、相互の意見交換となる。私たちが期待した研修への思いを理解いただいて、詳細を改めて検討することで話し合が終了した。役場の関係では、事業としての協定があり、大学側には地域連携という関わりがあった。これらを含めて考え方を整理しつつ、大きい計画が現実のものになりそうな状況だった。

     話し合いの後は、揃って帰途に就く。集合場所に11時頃到着して間もなく解散した。

     

    ☆銀杏拾い

     

     帰宅すると、11時半で、正午を待たずに昼食を摂った。あられは、鳥取市内で公務に付いていた。帰宅が夕方になる。

     午後の予定が決まっていなかった。頭の中では、梅の剪定、銀杏の収穫の二つが浮上していた。昼食後雨が降り始めた。(ああ、これでは、どちらも駄目だな)あきらめのモードになった。

     目をつむり、一休みする。すると、13時頃、雨が急に止んで日が射してきた。これで、銀杏拾いをすることに決めた。雨滴が残る剪定はよろしくない。

     

     午前中自宅にいた長男を誘い、山に出かけた。まじ、近くに仕掛けた罠を確認する。変化なし。それから銀杏拾いに取り掛かった。長男は初めての経験だったが、要領を掴んで、早いペースで作業していた。辺りには腐った銀杏特有の匂いが立ち込める。その中で、腐った実を拾い手の中で潰し、種だけをバケツに落とす。この繰り返しを続けた。

     ある程度拾った段階で、しゃがむ姿勢に疲れて中断した。見上げる銀杏の枝には、まだ落下しない実が残っていた。

     

    ☆野生動物の糞

     

     銀杏を拾う斜面に動物の糞が落ちていた。小さい楕円形のころころとした糞で、やや緑色をしている。ころころと落とされたようにたくさんの方余りがあった。間違いなく草食動物の糞だ。鹿かなと疑う。だが、シカは出ていないはずだ。他の草食動物が何か、見当がつかなかった。後で調べると、鹿かウサギだった。では、ウサギなのか。ウサギもこの山で見たことがない。

     

    ☆銀杏洗い

     

     拾った銀杏を農業用水路に運び、ここでかごに入れて水洗いした。水はそれほど冷たくはなかった。長靴で中に入っても浸水しなかった。

     洗い終わって帰宅した後で雨が降った。今日もタイミングが良かった。雨の止み間に作業が出来た。

     

    ☆プリンターの買い替え

     

     帰宅後休憩をして、家電店に出かけた。大容量カートリッジを装備した製品を顔求めた。多少新機能を備えてはいるが、インクの量が多く、印刷コストが安い。あとは、複数の原稿を同時にセットして、両面連続印刷が出来る。これまでの製品では、蓋を開け閉めしながら、原稿を1枚ずつ置き換えなくてはならない。

     それと、買い替えにより余ったプリンターは、別に活用の道が開けて有効利用が出来たことが良かった。

     出かけるとき、長男に言った。「まだ、銀杏の匂いが体に付いているが、気にしないことだ。」銀杏の匂い、それはかつての便所の匂いだ。タケ

    | 農業 | 06:52 | comments(0) | - | - |