ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 柿の剪定指導会 | main | 梨の剪定 >>
梨の剪定
0

     2018.12.22(土)晴れのち曇り、一時雨。6時頃はまだ暗い。本当に夜明けが遅くなった。それもそのはず今日が冬至だった。夜が最も長い日で、これから夜明けも少しずつ早くなる。6時半に起床するが、まだ暗かった。特に用事がある訳ではないが、時に早朝突然来客がある。そう考えると、何もなくてものんびりしておれない。誰かが早めに起きていなければ、という考えになった。

     

    ☆梨の剪定

     

     梅の剪定を終えて梨の番にする。梨は、12月中には終えたい。例年そうしているのだが、理由がある。暖冬は別にして、年を越えると雪が積もる。大雪の年は1月中全く動けないこともあった。雪が積もるまでには梨の剪定を終えたい、そういうことだった。

     

     小さい木から取り掛かる。これまで枝を多く伸ばして、その結果収穫量も多くなったが、木の成長が止まった。成長期に実を多く付けると、以後成長が止まるという話を聞いた。そうかも知れない。今後伸ばして実を付ける枝を選んだあとは切り落とした。低い枝も切り取る。交錯している枝は、主枝の根元から延ばす方向を見定めると、邪魔な枝が分かる。その枝があるために、徒長枝が太く成長して主枝が育っていないという場合がある。そういう枝を邪魔な枝として切り落とす。5本のうち、小さい3本の木を済ませた。先日、柿の剪定について指導会に臨んだ。その際の学習が役に立った。残るのは大きい2本の木だ。

     

    ☆猪の侵入

     

     今日もまた猪の新しい侵入跡が見つかった。木の根だとか芋類を掘り起こしてどでかい穴を開けている。一つや二つではない。罠を仕掛ければすぐに掛かりそうな気がする。だが、3連休が始まったばかりだ。役場が勤務中に捕まえたい。24日の月曜日に仕掛けることにした。獣道を2つ見つけている。

     

     作業の一区切りで帰宅した。何となく疲れていた。山から帰り道、進路に薄い霧が出ていた。靄(もや)かもしれない。気温が上昇して、地面の水分が蒸発していた。それを見ると温かいという感覚を持つ。それでか、外で働いたからか、帰宅した後も温かさが持続した。

     

     午後は雨が降った。働いた以上に疲れを感じて、昼食後は昼寝をした。後は読書をする。途中でまた眠気に襲われる。こうして午後の大部分は自宅で体を休めた。連休の3日間、このペースで梨の剪定が終えられるかもしれない。連休らしく、何処かに出かけようかとあられに持ち掛けたが、行先の当てがなく実現しなかった。タケ

    | 農業 | 07:42 | comments(0) | - | - |