ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 梨畑の整理 | main | 陶芸教室 >>
木工クラブ、営農組合役員会
0

     2019.1.8(火)曇りのち晴れ。明日は雪との予報で今日が雨だった。だが、今日も良い天気だった。予報は予報で、外れたほうが良い時もある。長男が言った。「この分だと今年は暖冬で雪無しかな。」「いやいや、降るときはこれから降る。それで、1,2月の農作業が出来なくなる年もあった。」と返す。

     

     燃えるゴミの日だが、昨晩部屋のゴム箱を集めていた。だが、「明日は無し」とあられが宣言した。袋が満杯にならなかったようだ。次は金曜日だ。これで、朝は7時近くまで寝ることが出来た。このところずっと起きづらい日が続く。

     

    ☆木工クラブの活動

     

     第二火曜日は木工製作の日だ。作業場所の開錠と、製作に取り掛かるきっかけ作りが目的だ。

     一人入館して、石油ストーブに点火、持参した木材を旋盤にセットして削り始めた。木材は、無患子(むくろじ)の木だ。分かりやすく言えば、羽根つきの羽根の先に入れる硬い玉がむくろじの種子だ。種子が硬いわりに木材は柔らかい。木目が詰んで重く、模様が少ない。

     材質の柔らかさで歪みが多かった。その矯正に時間を掛けた。取り組んだ器は盛器だ。形を分かりやすく説明すれば、麦わら帽子をひっくり返したようなものだ。大き目の高台の上に深めの身が乗る。縁は、やや反り気味に縁側を付ける。

     

     周囲と下側の大体の形を作ったところで二人の会員がやって来た。これで今日の私の作業を止めて一人と交替した。

     ストーブの上のやかんの湯が沸騰した。インスタントだが、コーヒーを淹れて休憩する。その後で、農協の金融課へ出かけた。営農組合の現金管理が目的だったが、ここで珍しく町長に出会った。農業のことなど雑談した。

     

     農協から木工の作業場へ戻ると、二人は製作に没頭していた。時間を持て余して私は、隣にある町の資料館へ立ち入った。館長と、生田和孝氏の作品や兄弟子にあたる清水さんや山下さんの作品を鑑賞した。説明を聞きながら素晴らしい作品に見ほれた。

     11時半頃、二人共作業を終えて活動を終了した。

     

    ☆役員会資料の作成

     

     今夕の役員会での話し合いは2点に絞られた。まず、決算の内容とそれに伴う方針の決定、そしてそれを踏まえた年次総会の運営方法を決定する。

     時間の経過とともに決算資料に変化が生じた。通帳に振替項目が発生したからだ。その反映や、財務諸表同士の整合性、必要部数のプリントなどに、昼食後から追われた。幸い、それほど時間が掛からずひと休憩の後で長男を手伝うことになった。

     

    ☆竹の調整

     

     かつて長男が、梅畑で剪定作業中に破竹の筒を集めていた。その後、それらは放置されていたが、今日、調整をし始めた。節から伸びた枝の付け根をかんなで削り落とす。大まかに長さで切った筒を鋸で一定の長さに揃えて切った。かんなを使う作業を手伝った。残る作業は、筒を水洗いして汚れを落とす。釘で打ち付ける穴を錐で開ける、ということになる。

     

     その後は、枯れてボロボロになった竹の筒を取り除き、釘を抜き、固定する台の調整をした後並べて釘で打つ。そうすれば、池の横の部屋の濡れ縁が出来上がる。(はずだ)こうした作業が初めての長男がどこまでやるか見ものだ。

     

    ☆営農組合役員会

     

     午後7時から開始した。用意した資料の細かい説明は省いた。要点のみ説明して、総会での決議事項を話し合った。話は時間を掛けずにまとまった。皆、早めに切り上げたいという気持ちが見え見えだった。総会は2月9日とした。組合員宛の連絡文書と、招待客の出席要請文書の出状が次の仕事だ。

     帰宅すると8時ちょうどだった。明日は(恐らく)終日陶芸教室だ。何を作るか、今夜考えことにする。タケ

     

    | 趣味 | 21:36 | comments(0) | - | - |