ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 柿の剪定 | main | 文化団体役員会、柿の穂木の蝋付け、青年農業者研修会 >>
木工クラブ、農業委員会総会
0

     2019.2.12(火)晴れのち雨。本当に天気がころころ変わる。午前中、木工クラブの活動中に日差しが強くなり、農作業に好適だなあ、などと本音を口にした。ところが、昼食後農業委員会に向かおうとするうちに雨が降り始めた。その後夕方まで雨模様の天気になった。そして相変わらず寒い。

     

    ☆長女の帰還

     

     10日ほど帰省していた長女が帰って行った。体調が思わしくなく、療養に帰宅したものだが、いろいろ気を使わせることになった。余り休養にならなかったようで、済まないと思う。

     午後、早めに帰途に就いた。その前に、気を付けて帰るよう言葉をかけてから自分の用事で出かけた。

     

    ☆ゴミ出し

     

     寒さと寝不足で朝寝坊になった。目覚めたのが7時で、ゴミ出しの終了時刻だった。この間の総会で出たごみ袋を持ち帰っていたが、すっかり忘れて搬出できなかった。屋外に転がしていたのだが、後で確認すると袋が裂かれ、中身が散乱していた。(猫か?)

     別の袋にそのまま押し込んで、今度は納屋の中に収めた。

     

     もう一つ思い出したことがある。トラックに荷台に常備している道具箱がある。実はその中にあるものを入れたまま1日放置していた。それは、選定作業をした柿畑の近くで採集したフキノトウだ。本当にうっかりしていた。

     取り出して自宅に持ち帰るが、家族の反応はあっさりしていた。既に、あられが畑で見つけて持ち帰っていたからだ。冷蔵庫の中に入っているという。そういえば、潰して味噌和えにしたものを食べた記憶があった。

     

    ☆木工クラブ

     

     前回取り掛かった作品の表側を削る。木材の厚さが4.5センチで、底の厚さを1センチ未満にすれば、3.5センチ以上の深さまで削る。3センチほどの縁に傾斜を付けて変化を出す。頭の中でそのイメージをこしらえて削る。底をあと5ミリまでというところで3人目のメンバーがやって来た。すぐに交代した。集中力が今一だった。適当なところで中断するのが妥当だった。

     それにしても、削った深さの割には削りくずが大量に出た。少し溜まると両手で掬ってゴミ袋に捨てた。

     

     交代してからは指導者の方と雑談に終始した。11時を過ぎて3人共作業を打ち切った。

     

    ☆農業委員会総会

     

     昼食後着替えて会場へ向かった。小雨の中駐車場から速足で建物に駆け込む。すでに多人数の委員が集まっていた。

     今月も案件は多くはなかった。だが、各委員からは多くの意見が出されたため、意外に時間が掛かった。私も、気になる項目についてはかなり意見を述べた。

     どうしても提供しなければならない情報があった。猪のことだ。わが集落の水田地域に2頭の猪が出没したこと、このままでは秋の収穫が思いやられることだ。ただひたすら個体数を減らすしかないと思う。

     

     4時過ぎに会議が終了した。同じ地域の委員を集めて二三の確認をしてから帰途に就いた。寒い。屋内に入っても寒い。暖房のない部屋では風邪をひきそうだ。

     明日は行事が詰まっている。挨拶をする予定もある。ますます忙しい。タケ

    | 趣味 | 07:29 | comments(0) | - | - |