ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 地域づくり交流会、自治会協議会 | main | 手続き訪問、柿の粗皮剥き、農事組合役員会 >>
事務所開き、柿の粗皮剥き、営農組合運営委員会
0

     2019.2.24(日)晴れ。終日雲のない好天に恵まれた。寄れ、会合からの帰り道、頭上に煌めく星座がきれいだった。オリオン座だった。

     

    ☆椿が開花しない

     

     二度寝すると次に目が覚めたのが6時半だった。次第に夜が明けるのが早くなった。この間から気になることがあった。玄関で咲く椿が二種類あった。真っ白な椿とピンクの縞模様の椿だが、これが一向に開花しない。厳寒の中で花を咲かす椿は、このまま開花せずに蕾が落下するのだろうか。暖冬で早い春の訪れに開花の機会を失ったのか。他の植物ではどうだろうか。気になるところだ。

     

    ☆県議候補の事務所開き

     

     県中部で立候補予定の県議が、4月の選挙を前に事務所開きを催した。私が日頃支持している県議で、駆け付けた。中央の壇が良く見える位置に一人で佇む。すると後ろからマスクをした男性が声を掛けてきた。最初誰なのか分からなかった。中学の同級生だった。やはり、県議の支援者だった。

     

    ☆久々の再会

     

     この同級生とは暫く会っていなかった。それには原因があった。数年前から病を得て、日常的に投薬と安静療養が求められていた。健康状態を案ずる声をいろいろ聞いていた。そんな体調で、今日同じ場所までやって来たことに驚くとともに、義理堅さは並大抵でないことを感じた。薬の副作用で日々辛い生活をしているという。

     近況などを話し合う。事務所開きが終わって帰途に就く間際に念を押された。「体には十分気を付けろよ。」

     

    ☆ソサイアティ5.0

     

     事務所開きの最後に、県議の挨拶があった。若い県議ははつらつとして力強い。会う度に頼もしさを増している。挨拶の中で口にした言葉があった。それがソサイアティ5.0だ。私は初めて聞く言葉だが、国際的には注目されているそうだ。

     要するにこれから迎える世の中が、5段階目にあるということだ。狩猟時代、農耕時代、工業化時代、情報化時代、そして最後が人の心を幸せにする時代だ。心の幸せに最も価値があるとする。(下手をすると、にわか宗教が流行しそうだ)

     

    ☆知人の事務所で喫茶談笑

     

     県議の事務所のすぐ近くに知人の事務所があった。建築士の事務所で、本人が在宅だった。同級生と別れてその事務所を訪れた。

     雑談は、陶芸の話になった。生田和孝氏のこと、その弟子たちの作品のことに及ぶ。買い集めていたという弟子たちの作品を見せていただきながら語る。正午が近くなって持した。

     

    ☆交通災害共済の集金

     

     加入希望者宅を回って集金する任務があった。私の受け持ちが3班で、日曜日の今日が相応しい訪問日だった。だが、午後に訪問するかどうか迷う。すると、事務所開きから帰宅すると、あられが「昼食の準備が掛かるから、今のうちに回れば?正午辺りは在宅が多い。」と促す。空腹を抱えて出かけた。

     日曜日の真昼でも、不在が少なくなかった。在宅のお宅では、既に支払いの準備が済んでいた。4軒ほどが不在だった。

     

    ☆柿の粗皮削り

     

     暖冬に雨で果樹の樹幹にびっしりと苔が生えた。その下には更新を終えて不要になった樹皮もある。果樹にとっては不健康になる状態だ。しかも、このままでは防除の効果が期待できなくなる。圃場を回ってこれらの除去をしなければならない。

     昼食後、剪定を最初に終えた圃場に向かう。ここでは当初長男が取り組んでおり、圃場内の半分ほどが削られていた。

     皮むき用の器具でひたすら削る。かなりびっしりと苔が付着して時間が掛かった。防除開始前までに、空いた時間を捉えて根気よく作業するしかないと腹をくくる。3時半を過ぎて中断した。夕方の会合に備えるためだ。

     

    ☆営農組合運営委員会

     

     午後7時に開始した。今年度の営農取り組みの前半部分を話し合った。先日の役員会を踏まえて説明し、関係資料を配布した。終始迷っていた施肥体系は、あっさりと決着した。購入を検討中の農具も不要になった。

     話し合いを終えたとき、丁度8時だった。1時間で終えることが出来た。明日は農事組合の役員会だ。タケ

    | 農業 | 07:43 | comments(0) | - | - |