ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 手続き訪問、柿の粗皮剥き、農事組合役員会 | main | 陶芸家の葬儀、柿の施肥削り >>
ある窯元の逝去、罠の設置、柿の粗皮剥き
0

     2019.2.26(火)晴れ。温かいはずだが早朝は寒かった。目覚めると6時だった。10分ほどうたた寝をして起き出した。燃えるゴミ出しがあった。2袋を両手に提げて搬出した。かなり寒く感じる。搬出先で出会ったある奥さんが言う。「これでも大分暖かい方だ。」と。「寒い。人間の体も平年モードではない。昨日までとの単純比較で寒暖を感じる。」と私の見解を述べた。どちらも間違いではない。

     

    ☆ある窯元の逝去

     

     朝刊を開いていつも通りに訃報欄をチェックする。名前に記憶はないが、住所と喪主の名前で倉吉市にある国造焼きの窯元が無くならたことを知った。山本浩彩氏だ。かっこ書きで表示された年齢は私と同じだった。これまで陶芸教室の指導で招いたり、展示会などでは言葉を交わす関係だった。息子さんとは面識を得ていろいろ技法について教えていただいた。

     正直、驚いた。少し前から作陶活動を休まれ、入院治療中と聞いていた。1月に開催された民窯展では、娘さんに最近の健康状態を聞いた。「ええ、まあ。」という返事で、あまり良くないのかなという印象だった。

     

     葬儀が27日で、今朝の7時を回るまで待つ。流石に6時台は気が引けた。7時を過ぎると、関係者に電話を架けた。陶芸教室の会長さんには、明日の葬儀の参列を促した。教室としてもこれまでお世話になって来た。これからも4代目のお世話になることもある訳で、参列は必須と考えた。

     

    ☆罠の設置

     

     昨日の農事組合役員会で話し合った駆除作戦を実施段階に移すため、今所持している罠の設置を考えた。既に設置する場所は決めていた。連日のように出没している場所を選んだ。1か所目の場所に赴いて驚いた。その辺り一面が穴ぼこだらけになっていた。直径も深さも30センチ以上の大きさで、「これは何だ。」と叫ぶような有様だった。

     穴の開いていない場所を選んで設置する。奥側に米糠を撒く。

     

     もう一か所は柿畑だ。稲わらが毎日のようにかき混ぜられている。罠にかかった時にワイヤーを引っ張って動く範囲を考えながら場所を選び、設置した。

     

     ふと思いついて同じ猟友会員に電話を架けて、農事組合としての取り組みや、罠を設置したことを話す。罠にかかった時、どうにもならなければ援助してほしいと頼むのを忘れなかった。

     

     罠を設置した後で柿の粗皮剥きをしていると、いつの間にかその相手が圃場のそばまでやって来た。彼は、町内の別の場所で罠を仕掛けていたところだった。罠の対象を聞くと、テンだった。

     

     ここで雑談をしながらいろいろアドバイスを聞く。罠を設置したという表示は、圃場の入り口に掲示するのが良いと教えられた。罠の注意を狙いとするより、猪が掛かっているのを観た人に電話を架けて貰えるようにした方が良いということだった。明日の朝から見回りが必要だ。

     

    ☆手続き訪問

     

     今日空いた時間を利用して集落内のお宅を回った。午前中早めの時間帯だ。印鑑を頂く手続きはほぼ完了したのだが、集金を伴う手続きは完了しなかった。歩いて訪問しているため、下半身の運動が多くなった。

     

    ☆柿の粗皮剥き

     

     午後、予定が無くなりまとまった時間が空いた。すぐに柿畑に向かい、午前中の続きを作業した。温かく、これまでより一枚脱いで作業した。3時過ぎに中断した。削った粗皮の屑が体に降りかかる。時々目の中に入る。削りながら感じたのは、今年生えた苔だけではないということだ。昨年余り粗皮剥きをしていない。そのためだが、明らかにまずい。今年は少なくとも苔だけは取り除く。

    タケ

    | 農業 | 07:55 | comments(0) | - | - |