ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 陶芸窯出し、陶芸新会員の受け入れ | main | 「捨て首ー岡っ引源捕物控(9)」を読む >>
雑木の伐採、柿の粗皮削り
0

     2018.3.2(土)晴れ。昨日に引き続いて晴天になった。いつも通りに起床する。特に予定は組んでいなかったが、近所の農家から作業の連絡を受けていた。

     8時前のことだ。充電中の携帯電話を確認すると、今朝、数分前に着信していた。隣の農家からだ。

     

    ☆雑木の伐採

     

     我が家の山林の一か所で、雑木が巨木になって山道の上空に枝を広げていた。道路際に生えているため、此処を通るたびに気にしていた。というのは、枯れていたからだ。やがて遠くない将来、この木が倒木になって、ある日突然山道を塞ぐという事態が懸念された。実は、我が家だけでなく、山のあちこちでこういう状況が認められる。山の農地が山林になり、何十年かが経過して雑木が巨木になる。樹木の寿命が訪れていつか倒木になる。

     

     近所の農家では、薪ストーブを使っている。毎年大量の薪を消費する一方でやはり大量の備蓄を求めている。それを見越して私が以前から声を掛けていた。そういう背景があった。

     9時と決めて現場で落ち合った。その前に、罠を仕掛けた2か所を確認していた。全く変化が無かった。恐らく、猪は山のあちこちを周回して当地にはいないのだろう。

     

     目ざす雑木をどの方向に倒すか、まず吟味し。それはすぐに決定した。持参した道具類を仕掛ける。径が1センチのワイヤーを切り倒す木に回す。ワイヤーの反対側を別の木に回した巻き取り器に通す。そこからレバーを前後させてワイヤーをピンと張る。そこまでは私が助力する。

     最初に眺めて思ったのは、雑木の巨木が、実は2本に割れていることに気付き、穂双方から順番に切り倒してはどうかと提案した。相方は、その必要はないと判断して、まとめてワイヤーを掛けた。

     私は、ワイヤーを絞る役目で、チェーンソーである程度切った時に合図を貰うことになっていた。ところが、思わぬことが起きた。チェーンソーで切り進む途中で、2本のうちの1本がいきなり轟音を立てて倒れたのだった。幸いそれは、事前に打ち合わせた場所にうまい具合に倒れていた。切断中に倒れたため、不運にもチェーンソーが破損した。

     

     倒れた木を細かく切断する。すぐに二本目に取り掛かった。再び位置について、合図を待つ。つまり、チェーンソーで切り進み、頃合いになった時、私がワイヤーを絞る。

     突然再び轟音が響く。今度は、巨木が倒れるのに気づいた。ワイヤーを絞る必要はなかった。これも倒れた位置は全く理想的だった。あとは、二人で枝を払い、短く切り刻むだけだった。幹の辺りは直径が40センチ以上あった。切った木片も一人で転がすのがやっとという重さだった。路肩の外に木片を並べて共同作業は終えた。後は、相方がこの場で専用の機械を使って割る。薪の状態で回収することになった。

     

     作業は、運よく11時過ぎに終了した。私は体の節々が痛い。ともあれ、先々の懸念事項が一つ解消した。

     

    ☆柿の粗皮削り

     

     午前中で疲れた体を引きずって午後も山に出かけた。柿畑だ。先日の続きで粗皮削りに取り組んだ。大分作業効率が良くなった。6本ほど残る木の4本を片づけた。後2本だ。天気の良い今日は4時まで粘って作業した。理由がある。明日が天気予報では雨だからだ。しかも、午後には予定がある。風向きを考えて風上に立って作業した。

     

    ☆柿生産組合総会案内のお届け

     

     昨日まとめて我が家に届いた。集落内の農家に私が届ける。今日、ふと思い出して、夕方の冷気が漂い始めた中を回った。帰り道、畑に寄る。雑草がかなり伸びている。その中に、早くも土筆が伸びていた。寒さも残るこの頃だが、暖冬で春の訪れがかなり早まっている。それを実感させる土筆だった。タケ

    | 農業 | 19:03 | comments(0) | - | - |