ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 畔の除草、花見、散髪 | main | 草刈、田の耕起、天皇陛下の憂鬱 >>
地方選挙投票、罠の仕掛け、筍堀
0

     2019.4.7(日)晴れのち曇り。午後から雨だと予報されていたが、結局は降らなかった。日曜日で、長男も私ものんびりしたかった。だが、逆に長男から急かされた。箱罠のことだ。

     

    ☆地方議選の投票

     

     朝はのんびりした。先に長男が起床、その後あられも起き出した。私はいつも通りで一人朝食を済ませて雑用をしていた。9時、揃って投票に出かけた。車で5分間掛からない場所にあった。投票にやって来る人が、この時間でも少なかった。投票はすぐに終わった。

     

    ☆箱罠の仕掛け

     

     一昨日に電話で仕掛けの仕組みを聞いていた。何となく頭では理解していたが、実物で試さなければ何とも言えない。天気が良く、梨畑でも暖かかった。聞いた説明通りにワイヤーを引っ張り、突起に引っ掛け、すぐ近くのワッシャーを起こすと確かにワイヤーが張り切った。それで扉が完全に止まった。僅かな力で留めているだけだが、効果が大きい。ワッシャーに別の紐を結んで、これを箱罠の中に通す。この紐を引くと、たちまち扉が、ドスンという音を立てて落下した。製作者が力説した通り、仕掛けは問題なかった。ワッシャーに結び付けるテグスを求めなければならない。猪が罠の中に入るとこのテグスに引っかかるという仕掛けだ。

     

    ☆筍堀

     

     トラックに鍬を積んでいた。長男を伴い、竹林に回った。筍の確認だ。猪にほぼ根こそぎやられた感じだったが、念のために探すことにした。

     

     最初の山に到着すると、本来生えているはずの箇所では全く発見できなかった。かなり広範囲に歩いて探した。諦めて帰ろうとしたとき、長男が通路に1個生えているのを発見した。1センチほど地面から伸びた筍で、掘ってみると20センチほどのものだった。これまでほとんど経験のなかった長男が今日は大いに貢献したのだった。というのは、この後も立て続けに同じような大きさのものを見つけたからだ。私は、掘り起こす作業に専念した。

     

     トラブルがあった。既に、この辺りの掘りやすい筍は猪のエサになっている。我々に残された筍は、掘りにくい場所に生えていた。鍬がダメになった。金具に差し込んだ木の棒の先が折れたからだ。トラックまで引き返して、スコップを手に取った。筍の周りの土を掘る。姿が見えてから下の方に差し込んで足で踏み切った。案外この方がやりやすい気がした。ほぼ初物に近い。

     

     持ち帰ってすぐに皮を剥く。あられに促されて糠を精米所で調達した。

     

     午後は雨のつもりだった。何もしない積りだったが、用事が出来た。壊れた鍬の修理だ。米ぬかを手に入れた帰り道にホームセンターに寄って鍬や棒材を眺める。購入せずに自宅で修理した。先端を鋸で切り揃え、周囲は鋸とのみで削って、金具の穴に差し込む。木づちで叩いてすっかり嵌めると、先端から金属のくさびを打ち込んだ。これで元に戻った。

     

    ☆体調不良

     

     昼辺りから胃腸がおかしくなった。何度もトイレ通いをする。体に力が入らなかった。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 06:50 | comments(0) | - | - |