ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 柿畑の草刈 | main | 木地師の館で木工製作、田の耕起作業 >>
文化団体総会、中学同級会準備会合
0

     2019.4.12(金)晴れ。今日も気温が上がらない。ゴミ出しはパス。家族にはようやくやって来た週末だった。加えて昨夜の騒動で、皆寝不足になっていた。

     

    ☆天井裏の騒動

     

     我が家の天井裏には、時々野生動物が闊歩する。1階の天井裏と2階の天井裏が繋がっていて、それらを繋ぐ隙間を通って動き回っている。通る道が決まっているのか、足音にも聞き慣れた感がある。ということは、動物の個体も同じだということになる。

     

     帰郷したころは何故野生動物が進入するのか良く分からなかった。それが最近では、間違いなく餌を求めて侵入すると分かった。つまり、我が家には鼠が住み着いているということだ。ハツカネズミだ。やって来るのはイタチか猫だ。餌を探して歩き回る。鼠が潜んでいると、慌てて逃げる。軽いトントントンという足音だ。其れを追いかけるように重い足音が続く。梁や柱を縫って追跡が始まると、足元には全く気を使わない。それでドタバタという凄まじい音になる。

     

     3時頃だと思う。突然鳴り響いたドタバタに目が覚めた。猫の追跡がかなり長く続いた。その途中で、チューという鳴き声が二回聞こえた。その後も、トントントンという逃げる足音が響いた。

     起床後に家族に確認すると、同じように悩まされていた。長男が言う。「鼠が3匹いたな。」2回のチューは、猫に捕まった2匹で、1匹は逃げた。」すると、また猫がやってくるのか。

     

     長男が重ねて言う。「縁の下にしっかり金網を張ったら?」「そうすると、猫やイタチが入らなくなって、鼠の天国だ。」と答える。天井裏に鼠取りを置いて捕獲する必要がある。迷うところだ。

     

    ☆筍の確認

     

     期待できないながらも、朝のうちの空いた時間に体を動かせるために竹林に向かった。3か所の山を巡るが、何処にも新しく掘られた穴があった。ますます期待が出来なくなった。掘られた穴の中に残った筍の皮を観れば、此処に筍があったのだなと分かる。だが、地面の中では分からない。頭が地表に出て初めて人間に分かる。どうしようもない。歩き回った距離が体にはプラスだったか。

     

    ☆文化団体協議会総会

     

     11時から開催された。来賓として、町長と教育長が臨席された。高齢化やサークルの離脱が進んで、協議会に活気が無くなっている。下手をすれば閉鎖になるところだった。それが、後継役員が決まり、町長も安堵していると思う。

     

     1時間で総会は終了した。私は決算の承認で最後の任務になる監査報告を行い、その後新体制では事務局長として挨拶をした。「協議会を元気にしたい。各団体の代表者の方々は、会員の声を執行部に上げてほしい。出来ることは何でもやりたい。」と付け加えた。どこまでできるかは、今後の課題だ。

     

     帰宅して昼食後は、木工作品の仕上げをした。手で紙やすりを持って目立つ傷を消した。早く拭き漆作業を行う体制を取らねばならない。一方あられは夕方まで公務で出かけていた。

     

    ☆同級会準備会合

     

     これで2回目だ。一次会、二次会会場の押さえと予約内容を説明して、各メンバーの役割分担や今後の日程を話し合って散会した。今日は50分も掛からなかった。大分話し合いの要素が減って、作業負荷の方が大きくなる。これも止むを得ない。帰宅すると、今日も残業で遅くなっていた長男は、帰宅した所だった。

     

    ☆OB会総会の案内

     

     帰宅した所に今日の郵便で届いたものがあった。勤務した会社のOB会総会の案内だった。中部地区の会員を訪問して、年会費を集金する。併せて総会出席者を募る。5月初旬の締め切りだと思う。年末から続いた各種の用事が、これで大体区切りがつく。今年は中部地区が運営の担当で、地区内から10名は総会に出席させたい。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:13 | comments(0) | - | - |