ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 同級会案内発送依頼、草刈り、生涯学習課長を訪問 | main | 雨で休息日 >>
陶芸教室、柿生産部会議
0

     2019.4.24(水)雨のち曇り。昨夜から降り始めた雨が午前中降った。残る1圃場が水田状態になった気がする。あちらこちらを眺めると、昨日までただの田だったところが全て耕耘されていた。どの農家も、慌てて耕耘したのだろう。だが、いつ耕耘したのだろうか。良く分からない。

     雨天でまだ外が暗い時間に目が覚めた。4時半だった。二度寝も上手くできず、5時に起床した。早々と朝食を済ませて、時間待ちをする。

     雨が降り続き、会社の近くまで長男を送る。その後帰宅して時間待ちをする。

     

    ☆陶芸教室

     

     今朝は、本焼き作品の窯出しだ。公民館に寄って鍵を受け取る。その際に、昨日生涯学習課長との話し合い結果を告げると、既に昨日のうちに連絡が来ていた。だが、内容に一部齟齬があった。町報に掲載する合同発表会の原稿締切が思っていたよりずいぶん早い。昨日の話では、課長の特認事項かと思ったが、公民館長にはそれが通用しなかった。

     

     町報発行の担当者と締め切りの交渉が続く。その傍で私は交渉結果を待つ。結局は、臨時の役員会の翌日朝一番の提出と決まった。こうした騒動で民芸実習館の開錠が遅れた。

     同じ頃入館したメンバーと窯出しを始めた。今回は手の込んだ作品で、接着に問題のある作品が多かった。付属するパーツが、あちこちに落下していた。

     

     私の作品は、高熱で形が歪んだ1個を除いて概ね無難な焼成だった。色付けの効果は、狙っていたほどの出来ではなかった。

     

    ☆新会員

     

     窯出しをしている間に、新入会員が訪問した。「入会します」といきなり表明された。既に人数が膨れ上がった今、更にメンバーが増えるという事態に面食らった。だが、断る訳にはいかず、快く歓迎した。窯出しが終わると、会の取り決めや、今後の活動について一通りの説明をした。

     

     会費を支払うというメンバーがあり、小道具が欲しいというメンバーがあり、それらの対応が続く。松江市内にある陶芸業者に電話で注文する。

     

     お茶の時間で野外研修に話が及ぶ。会の会計で経費補助を行う。その金額については迷っていた。今日の出席者と話し合ううちに、皆が納得する線が導き出された。そういう意味では、有意義な話し合いだった。

     新メンバーが野外研修に参加を希望した。それにつられてか、90歳のおばあさんが意向を翻して、急遽参加の意向に転じた。欠席の理由は、高齢で皆に歩行が追い付かないからというものだったが、他のメンバーも、行けると思ううちは行かなけりゃ、と励ました。既に予約を入れていた人数に2名を追加した。昼食場所に、町の福祉バスの申請だ。

     

     色付けが、今必要な作業だった。偏壷の色付けを考えてきた。だが、雑用に追われて取り掛かれなかった。素焼きの花瓶に、鉛筆で丸と線を引く。ミロのデザインを意識した。線は黒の岩絵の具で引き、丸には3種類の丸いシールを張り付けた。その上から青磁釉を掛ける。今日はここまでだった。後日、シールをはがして出来た穴に別の釉薬を筆で塗る。

     正午が迫り、家路を急ぐ。あられは、製作などはせずに先に徒歩で帰宅していた。

     

     帰る頃は雨が止んで、日が射した。そのせいで、朝差して来た傘を置き忘れた。

     

    ☆拭き漆

     

     帰宅後、昼食までの間に拭き漆を施した。7回目で、大分漆の色が濃くなってきた。

     

    ☆柿生産部会合

     

     隣町のJA営農センターで行われた。13時半開始の処、13時前に自宅を出た。すると、思いのほか道路が空いてかなり早く到着した。一番目に到着した。

     

     会議は新年度の栽培開始を前に、対応事項の確認を行った。また、収穫までの大まかな取り組みや、昨年から引きずっていた諸課題の対応など、広く語り合った。私は、いつしか眠気に襲われ、眠りはしなかったものの、瞼を開けておくのがやっとという状態だった。

     

    ☆防除開始

     

     いよいよ防除が必要になった。今日は天気が回復してから風が強くなった。昨夜もそうだ。軒下を吹き抜ける風がヒューヒューという音を立てた。柿の枝が、今丁度新葉が伸びる「展葉期」だ。黄緑色で柔らかい葉が風に吹かれて傷つく。そこに灰色カビ病が付きやすい。その対策としての農薬を散布する必要があった。何気なく、風が強いな、と構えているわけにはいかない。

     

     明日は早速、農薬を確認して防除を行う。4時頃に終了して、急ぎ帰宅する。

     

    ☆木工製作

     

     製作をほぼ終えて、高台を削り落としていた作品があった。最終段階で、ランダムサンダーを使う。80番から120番、更に240番をセットして2000回転で落とした。やり終えて、後は拭き漆作業に移ることが出来る。

     夕食前に一休みするが、あくびを連発した。今朝の起床が早すぎた。タケ

    | 趣味 | 07:37 | comments(0) | - | - |