ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 梨畑の草刈り、畑の耕耘 | main | 梨の防除、オールウェイズ、梨の摘果 >>
用水路の浚渫、夏野菜の植え付け
0

     2019.5.4(土)晴れ。今日も快晴で夜が明けた。目覚めると時刻は午前5時だった。その後しばらくうたた寝をして起床した。

     身づくろいの後コーヒーを淹れていつもの朝食を摂る。ブログ原稿を投稿して拭き漆作業を行う。そうして何やかやをしていると、長女から電話が架かる。いろいろ生活面の相談事だが、暫く話を聞く。

     

    ☆用水路の浚渫

     

     言葉が大げさになるが、細い農業用水路のどぶ浚えだ。その用水路は、鍬が入る程度の幅しかないが、重要な水路だ。ただ、その水路を使用するのが我が家だけで、管理も私がせざるを得ない。ところが、ここ数年はどぶ浚えをしておらず、年々流れの悪さを痛感していた。水稲栽培を向上させるためには、欠かせない作業だった。

     

     8時過ぎ、鍬を抱えて圃場の畔に立つ。自宅からすぐ近くの圃場で、民家の近くでもある。連休のなか朝方はのんびり過ごしている人たちとは対照的だ。

     鍬を水路の溝に入れると、どぶの多さを知る。これでは流れが悪くなるのも止むを得ない。長年溜まったどぶに水草が根を下ろしている。簡単には引き上げられない。しかも結構な力が要る。30分ほど作業してバテた。横の列の半分ほどしかできなかった。一旦休憩することにして帰宅した。お茶を飲んだり、飛び込んできたOB会のファックスを確認したりして、再び用水路に出かけた。

     

     残りの半分に取り組んで分かったのは、それまで以上に水草がびっしり生えていたことだ。鍬が泥に食い込まない。水路は両側と底がコンクリートで、鍬の刃をコンクリートの底まで打ち込む。そこからどぶを一気に掬う。これが重かった。30分ほど続けてまたへとへとになった。気力が萎えた。想像していたのだが、やはり重労働だった。中断して再び帰宅した。これでは、一気に終わらせるのは辛い。毎日少しずつやることにした。

     

     こういう作業は通常、大勢の一斉作業でやることが多い。ところが、この水路の使用者が我が家だけで、一斉作業の対象にはしてもらえない。ある意味での公平性というか、公共性というのだろう。朝早くから取り掛かって早々に挫折したのだった。

     

    ☆TV受像機の更新

     

     以前、TVモニターのリモコンが機能しなくなったことと、周辺機器との接続が不便になって新しく買い替えた。その時の古いモニターを私の部屋に残していた。自室でそれを見ていた。ところが、長男があるとき問題点を指摘した。画面の輝度が明るすぎるという。その状態で画面は放出する電磁波が強く、長年のうちに身体への影響が大きいという。買い替えた汎用のリモコンが、輝度の調節をする機能を備えていなかった。純正のリモコンは、肩が古くて製造中止になってる。20年以上は使っていた優れものだった。

     

     そこから、いつ廃棄するかという時期の問題になっていた。それが、今朝の朝刊のチラシで安価な受像機を観て、廃棄することにした。併せて、壊れた小型(100リットル)の冷蔵庫も廃棄することにした。何れもリサイクル料を支払うが、止むを得ないと腹をくくった。

     

     TV受像機は、旧型の在庫処分品を注文した。販売店が在庫処分を行うのは、目玉の4Kでないからだ。受像機が専用でも、放送が4Kでなければ意味がない。最初からその気はなかった。メーカーは総合家電ではなくマイナーだが、メジャーに提供している会社のものを選んだ。これが最も安い。しかも、受像機本体に番組録画機能を持っていた。在庫がないため、注文だけで終わった。

     

    ☆夏野菜の植え付け

     

     昼食後は、例によって居眠りをする。話は飛ぶが、日中汗をかく作業をすると、決まって昼寝をする。それとともに夕食時のビールが美味い。これが、夏季の生活スタイルになる。今日も従ってビールを飲んだ。

     

     昼寝から目覚めた2時半、あられと長男と3人で近くの畑に出かけた。肥料や水かけをするジョロ、その他関係する道具をねこぐるまに積んで出かけた。

     

     昨日耕耘した面積は、購入した野菜の苗に比べて広すぎた。株間を広く植えた。贅沢な植え方だと3人で話す。植物には広いことは良いことだが、唯一困るのは雑草が多く生えることだ。一長一短あるものだ。4時頃には、用意した苗を全て植えることが出来た。後は今後の世話だ。水やりと追肥、そして草取りだ。

     

     夕刻に、OB会の総会出席者が確定した。三朝温泉岩崎に確保する部屋数の交渉で電話を架ける。当初予定した人数を確保出来たことが何よりだ。タケ

    | 農業 | 06:31 | comments(0) | - | - |