ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 田の中耕、梨の摘果 | main | 梨の摘果、車検、農業委員会、農家民泊連絡会 >>
田の中耕、野生動物対策、梨の摘果
0

     2019.5.9(木)晴れ。今日も乾燥した好天になった。昨日と同様、早朝から田の耕耘をすることに決めていた。

     5時頃に目が開いた。夜明けが若干暗かった。暫くうとうとするが、そうもしておれない。慌てて飛び起きた。昨日と同じように準備をして家を出た。

     

    ☆田の中耕

     

     今日は、11時半を目途に作業すると決めていた。出来るだけ作業を進める。昨日、一旦取り掛かってからすぐに止めた圃場に入った。今日もまだ乾燥が足りないと感じたが、もう迷いはなかった。時々、タイヤがはまりそうな場面があった。柔らかい土にロータリーの爪が食い込む。設定どおりの深さ以上になって、エンジンが音を上げる。今にも止まりそうになるのを、回転数を下げたり進行速度を落としたりして凌ぐ。それが時間が掛かる原因になった。土が玉になると、逆にロータリーの回転を「3」にしたり、進行速度を「1」に下げたりして、打ち終わった後の土の状態を確認した。こういう手間を何度も繰り返した。

     

     昨日感じた旋回時の位置取りに気を付けた。今日、それが上手くいった。90度の転回後すぐにバックすると丁度これから耕耘する場所に重なった。

     運転に関しては、昨日より効率が良くなったと感じた。途中、作業を停めてお茶を飲みスマホを確認すると、着信が2件あった。エンジン音で全く気付かなかった。架けなおす。暫く話し込む。こうしたこともあった。

     4筆を終えると11時過ぎだった。予定より早かったが、これで今日は作業を中断した。

     

    ☆野生動物の対策

     

     屋内の天井裏に進入する野生動物を締め出すことを考えた。業者が我が家の構造など確認に訪問した。話を聞くと、考えていたものよりかなり大規模な手当てが必要だった。

     縁の下の奥の金網は、錆びて破れていた。柱が乗る礎石の隙間があった。僅か1センチの隙間だが、此処からでもイタチやテンは侵入できるという。そういう穴はモルタルを詰め込むという。このほかにも幾つか進入経路が見つかった。床下に潜り込んで中から外を観れば、明かりが見えるところが進入経路になる。手当の費用は計算が出来なかった。後日に聞くことになった。

     

     点検を終えてから、業者に聞いてみた。「お宅の家の天井裏には野生動物が走る?」「走ります。」「手当をした?」「いえ、気にしないようにしています。」こういう返事が返ってきた。

     

     点検中、立ち会って外に出ていた時の日向は暑かった。ところが陰の部分に入ると涼しかった。こういう天気だった。

     

    ☆梨の摘果

     

     昨日の続きをするために、午後は梨畑へ向かった。今日、あられは町主催の講演会に出かけた。本来は私も申し込んでいたのだが、農作業を優先してパスした。従って、山には一人で出かけた。

     

     入り組んだ枝の間に潜り込んで作業した。梨の実は僅かに膨らむ。日々成育していることを感じる。集中して作業していると時間経過を忘れる。5時を過ぎて終了した。まだまだ先は長い。

     

     帰り道、野菜に水を掛ける。水がめから少しずつかける。サツマイモの葉が今にも枯れそうだ。通りかかったお婆さんにそのことを聞くと、大丈夫だという。茎の先から根が出るまではそういう状態らしい。根が出ると元気になって伸び始めるそうだ。そんな話をして帰宅した。

     一方、講演会から帰宅したあられは、別の畑の水やりや自宅周りの掃除をしていた。夕食時、あられは疲れを口にするるが、私は一日の疲れを左程感じていない。珍しいことだ。ところが、夕食後テレビを見ながらついうとうととしたのだった。タケ

    | 農業 | 05:54 | comments(0) | - | - |