ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 梨の摘果、柿指導部会合、同級会打合せ | main | 陶芸教室野外研修 >>
田の中耕、梨の摘果、車検終了
0

     2019.5.14(火)晴れ一時雨。昨日からスマホに豪雨懸念の予報が度々出た。それもそのはずで、太平洋側では豪雨に見舞われた。だが、当地ではそういうことが無かった。ところが今日は、午後に比較的強く降った。農作業をそれで中断して帰宅すると、暫くしてまた晴れ間が戻った。

     

     燃えるゴミの日で、久々に一袋を搬出した。ただ、6時から農作業を行うため、5時過ぎに搬出した。搬出場所にはまだ袋が無かった。

     

    ☆田の中耕

     

     昨日から決めていたのは、午前中は田の耕耘を続けるということだった。作業が出来なくなったオペレーターが耕起した圃場を優先させた。22アールの圃場から取り掛かった。流石に広い。そして時間が掛かった。2時間を想定したが、無理だった。というのは、進行速度を1にしたからだ。2だと、やや粗い仕上がりだった。途中、ぽつりぽつりと降るが、長くは続かず影響はなかった。9時前にようやく終えた。

     

     次は13アールの圃場だが、形がいびつだった。更に、土が柔らかい時期に畔塗をした関係で、大きい轍が波打っていた。更に、此処は苗置き場に使う。置き場所は念のために2度打ちした。速度は勿論1だ。こうした制約からここでも3時間近く掛かった。

     

     こういう光景があった。カエルが、トラクターに驚いて飛び出す小さな昆虫を狙って捕獲する。そのカエルを取りが狙う。食物連鎖が目の前で起きていた。

     時々辺りに目を向ける。知っている方が自転車で通りかかる。手を挙げて合図し合った。

     

     表面の土が乾燥して、今日の作業は何処でも白い埃を舞い上がった。風向きによっては、まともに埃をかぶった。私はウィンドブレーカーのフードを被った。

     

     結局、終了したのが12時ジャストだった。本音ではもうひと箇所仕上げたかった。

     

    ☆疲労で爆睡

     

     昼食後のことだ。13時から山行きと決めていたが、いつの間にか居眠りをしていた。6時間のトラクター運転は、相当に影響があった。約1時間、ぐっすりと居眠りをする。時間の経過を知って慌てて起きる。体の節々が痛い。

     

    ☆梨の摘果

     

     梨の実は毎日確実に成長して、段々大きくなっている。それを観れば、早く仕上げなければと気持ちが焦る。作業を始めてすぐ雨が降り始めた。雨具を着ていたため、鎌わず作業を続けた。だが、雨が段々強くなって、雨具の中まで濡れ始めた。一旦トラックに避難するが雨脚は衰えず、やむなく断念した。

     

    ☆配布資料の作成

     

     夕刻に車の車検が終わる。引き取りまでの時間を利用して資料を作成した。それは、18日から19日の間に田に元肥を散布する作業体制の資料だ。作業員の組み合わせと、担当圃場、圃場ごとの施肥量をエクセルを使って資料にした。印刷してセットする。夕方配布できるようにした。

     

     もうひと種類は、農協からの配布依頼のあった書類に送付状をセットして袋に詰める。これも配布できる状態にした。

     

    ☆車の引き取り

     

     車検を受けたのはアクセラだ。少し前にあられと共に出かけた。明日に陶芸教室で訪問する窯元への手土産を購入する。そして、明後日に受け入れる農家民泊で賄いをする食材の仕入れだ。メニューはあられがあれこれと考えていた。受け入れる中学生の分だけではない。我々家族の分も含んだ量が必要だ。買い物を終えてから、ディーラーの店舗に到着した。

     

     あられは乗って来た車で帰らせて、私が車検の終了を待つ。いつものことだが、車検の後は新車とはいかないまでも、乗り心地が良い。運転も楽だ。

     

     ところが、帰り道で危ないことがあった。しかも2回だ。目の前に急な飛び出しがあった。一つは、コンビニから停止するかしないかはっきりしない態勢で飛び出した。ブレーキを踏んで凌ぐ。若い女性だった。クラクションを鳴らすが、意に介さない様子だった。

     

     もう一つは、左側の路肩から急旋回をするために道路に飛び出した。まさに目の前でのことだった。ブレーキをかけてやり過ごす。またもやクラクションを鳴らす。高齢の男性で、これは片手をあげた。

     

     帰宅するとすぐに書類の配布で各家を回った。本当に疲れた。タケ

    | 農業 | 07:06 | comments(0) | - | - |