ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 田植、奇跡が起きる | main | 田植作業2日目 >>
「地方議会の役割に期待」投稿
0

    令和元年6月1日 日本海新聞読者のひろば 「私の視点」

     

     田植準備で全く余念のない中で、あられが教えてくれた。あられも実は、他人から教えられた。

     というのも、この投稿は、地方議選が行われる直前に行ったものだ。投票前に掲載されてこそ、被選挙人も選挙人も、意識が変わるかな?と思うところがあった。従って、選挙が過ぎればただの理屈になってしまうような気がしていた。

     

     2週間経っても掲載されず、この投稿は新聞社内で没になったものとすっかり頭の中から消えていた。それが、突然降って湧いたように掲載された。私にはそういう感覚だった。投稿してから1か月後で、考えて見れば選挙の前後は敢えて外された格好だった。

     では、その原稿を記す。タケ

     

    「地方議会の役割に期待」

     

     近年取り沙汰されるのが地方議員のなり手不足だ。人口の都市集中で若者が減り、地域に活気が消えるなか、原因とされるのが魅力の無さで、その主なものが議員報酬や年金制度への不満だ。昔あったと思われる役得も今はない。

     議員報酬は本当に少ないのか。これに対しては、日当制にすべしという声もある。そもそも議員は兼職が可能だ。議員報酬が生活を保障するというものではない。議会に出席するのが主な政務活動だから、その日数分の報酬で良いというのが日当制だ。報酬額が少ないかどうかは、実際にどれだけの働きをしたかを考えるべきではないか。地域のためにどのような貢献をしたかということだ。

     最近、議会で行う提案件数が減少しているという報道があった。議会は行政の監視役であり、予算や事業がその承認を経て実現する。また議会には議員提案が認めらえている。毎月の議会で何かしらの質問をすること自体が負担になっていないか。そうであれば、資質の問題と言わざるを得ないが、大切なことを見逃してはならない。

     県内のある町議会で100委員会という仕組みを築き上げた。なり手不測の現実に直面して議員団が知恵を絞った結果だそうだ。魅力の無さは言い換えれば地域の課題や住民に向き合う取り組みが不足して、地域との一体感が失われた結果と言えないだろうか。課題に真摯に向き合い、住民の期待に応える議会になれば、有為の人々の目標となろう。

     報酬が税金で支払われる以上、住民生活の向上や地域の課題解決への取り組みは不可欠ではないか。地域が抱える課題は山積している。議会がまとまって知恵を絞り、対応策を提案されるよう期待したい。

    | 日本海新聞「やまびこ」投稿 | 06:19 | comments(0) | - | - |