ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< トラクターの水洗い、豪雨で籠る | main | 水田の草刈り、ヒエの除去、梨の袋掛け、農政委員会 >>
すいか長いもマラソン、水田の除草、営農組合「代みて」
0

     2019.6.16(日)雨のち曇り。昨日から降り続いた雨は、今朝になって降ったり止んだりを繰り返した。午前中で雨は上がった。心配された町の行事も何とか行われたようだ。

     

    ☆すいか長いもマラソン

     

     これが毎年恒例の行事だ。確か33回とかいう。伝統になった行事だ。あられは、公務の繋がりで(強制的に)ボランティア活動をする。大会運営の手伝いだ。

     午前4時半集合で、とろろ汁の接客準備をする。私が送って行くことになり、午前3時半に起床した。4時前に自宅を出て、10分で集合場所に到着した。道路は全く車が無かった。現地にはまだ誰も来ておらず、近くのコンビニで100円珈琲を飲みながら時間待ちをした。

     この行動が影響して、夕方にはあくびを連発した。

     

    ☆陶芸教室のロビー展回収

     

     展示期間が今日までだった。会長さんと示し合わせて、展示中の作品を公民館から回収して、民芸実習館へ納めた。多くのメンバーは、これらをそのまま文化団体の合同発表会に展示する。私は、別の作品を展示するため自分の作品のみ持ち帰った。

     

    ☆水田の除草

     

     自宅近くの圃場で、既にひえが目立つところが2か所あった。行き来する度に目につく。それ以上に、このままだと収穫時には悲惨な目に遭う。そういう考えで、今日は初めて水田に入って除草することにした。作業自体が重く感じられて、着手に抵抗感が伴った。しかし、状況へ対処する気持ちが勝った。

     

     田植用の長靴というものがある。泥に嵌まっても抜き易い構造だ。今回長男がホームセンターで専用の器具を買い求めてきた。棒の先に小さな鍬のような刃がついて、根ごと引っ掛けて抜く。今の時期では、ヒエも代かきで一旦浮いたものだから、ようやく根を下ろしたばかりだ。簡単に引き抜くことが出来る。引っ掛けて泥を水で洗えば、奇麗に抜き取ることが出来る。

     

     だが、時間が掛かる。ゴム手袋をはめて直接引き抜き、水で洗って泥を落とす方が何杯も早い。結局、道具を使わずに手で作業した。道具自体は別の場面で使った方が良さそうだ。

     雨が降り始めて、短時間で打ち切った。中くらいのバケツで1杯分除去した。

     

    ☆外食

     

     あられが仕事でいなかった。しかも、今日は父の日で長男と二人で昼食を外食にした。どこにしようか迷った挙句、直前も出かけた和食の店を選んだ。

     出発が早かった。店の前に11時過ぎに到着した。駐車場はガラガラで、(客がない)と勝手に判断した。入口に立つと、長男が言った。「11時半からだ。」それで客がいない訳が分かった。店の前で立って待つ。

     

     メニューを選ぶつもりはなかった。先に2回続けて食べた親子丼を考えていたからだ。ところが、メニューから親子丼が消えていた。長男の見解では、夏バージョンのメニューを入れるために落とされたということだった。そこで結局選んだのが、海老天カレーだった。あとあと思ったのは、何で毎回店やものばかり注文するのだろうということだった。昨日は、我が屋でもカレーだった。

     

    ☆買い出し

     

     今日の夕刻に行う代みて用の買い出しがあった。食後すぐにディスカウントショップに回った。長男が、スマホの計算機で購入代金を積算する。会費で集める金額まであれこれと籠に落としていった。金額に達して買い出しを終えた。

     帰宅後すぐに集会所に持ち込んで、冷蔵庫に収めた。

     

    ☆再び除草

     

     代みての準備が早々に出来たため、余った時間で再び水田に入った。1時間余りの作業で、同じバケツに4杯分を除去した。目で認めるよりも、実際は沢山あるものだ。

     

    ☆苗箱括り

     

     代みての前に、作業を組んでいた。今日の出席者が全員で苗箱をくくる。キの字といって、横に2本、縦に1本の紐で括る。農協からの指示だ。100枚を超える苗箱は、流石に大勢で一斉作業をしないと片付かない。

     

     10人の体制で作業した。結局は30分で終了した。

     

    ☆代みて

     

     4名が欠席して10名が参加した。水稲栽培の前半の山を越えたことを告げて、その苦労の労いと、残る収穫までの協力を確認し合って乾杯した。その後は、各自が思い思いの飲み物や話題でくつろいだ。買い出した食べ物はほぼ食べつくして、8時前に散会した。

     少々酔った気分だったが、朝が早かった影響もあると思う。帰宅後は、暫く休んでダウンした。タケ

    | 農業 | 09:18 | comments(0) | - | - |