ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 水田のヒエ取り、発表会準備、因伯と会合 | main | 合同発表会初日、梨の袋掛け >>
文化団体発表会作品持ち込み
0

     2019.6.21(金)晴れのち雨。天気予報は当初、明日が雨だった。それが早まって、今日午後にかなり強く降った。しかも雷鳴を伴った。運よく、その雨に降られることはなかった。

     昨日、朝から夜まで鼻水に悩まされた。たまった疲れが出たかなという受け止めだったが、実感はそれほどバテていなかった。言ってみれば、鼻水は、これから疲れが出るぞという警告だったかもしれない。

     

     今朝は鼻水がピタッと止まった。代わりに体が重かった。金曜日は燃えるゴミの日で、久々に搬出した。搬出場所が遠くなり、自転車の前かごに載せて搬出した。

     

    ☆会場周辺の清掃

     

     文化団体が、有志による清掃のボランティア活動を行う。8時に集合して30分間、雑草の除去やごみ拾いを行った。大きいゴミ袋で4袋分あった。

     一方役員はその間、作品持ち込みの先立つ会場整備に動き回った。公民館職員の出勤時刻前のことで、発表会会場の鍵を受け取るべく玄関先で待機した。

     

    ☆作品持ち込み

     

     各制作部門の団体が、一斉に持ち込みを始めた。役員が割り当てた展示場所に表示を張り付け、作業を促す。最終的には、作品の大きさなどで隙間が空いたり、窮屈になったりする。こじんまり密集させないように、全体のバランスを見ながらアドバイスをする。

     

     展示に伴う資材の受け渡し、位置の確認など補助的な働きをする。カメラで、展示前後の写真を撮る。音響設備の点検や開会式の設営、ポスターなどの張り出しというように、様々な雑用があった。午前中で、一部の団体を除く概ねの展示が終了した。役員を集めて二点ほど話し合って散会した。残る展示は、午後に私が立ち会ってすべて完了させることになった。

     

    ☆昼寝

     

     正午を回って会場にに鍵を掛ける。最後に帰宅した。丁度生協が配達でやって来る。引き取りに家から出る。その後昼食を摂るが、この時点で相当疲れていた。食後、寛ぐと、すぐに居眠りを始めた。

     

     電話で目が覚める。公民館からで、作品の持ち込みがあるという。慌てて飛び起きた。会場に急行して、セキュリティを解除後解錠する。エアコンを入れて、展示を見守る。

     その時だった、雷鳴とともに激しい雨が降り始めた。タイミングよく、呼び出されて到着した運の良さを感じた。

     

    ☆展示に立ち会う

     

     その後残った展示のグループが次々とやって来た。展示が完了するまで立ち会ってようやく解放された。事務局の仕事とはこういうものか。

     

     帰宅すると、体中が疲れでだるくなった。明日が展示会の本番だ。少しでも静養するに限る。だが、雨の中、長男を迎える。長男は勤務先の仲間と飲み会だという。待ち合わせの場所に送りながら、そのついでに、あられと食材を求めてスーパーに出かけた。明日の午後はひとまず体があく。あられが言うには、遅れている梨の袋掛けをしようということだった。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 06:40 | comments(0) | - | - |