ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 休耕畑の草刈り、柿の摘果、有志の飲み会 | main | 畔の草刈り、梨畑の草刈り、集落の運営協議会 >>
畔の草刈り、柿の摘果
0

     2019.7.1(月)晴れのち曇り。雨が止んで晴れ間が出た。気温は上昇して、日中熱中症対策を促す町内放送が流れた。確かに多めに汗をかいた。

     週末が終わると、あられと長男が定刻に起床する日々が始まった。だが、私はそれには関係なく早く起床する。昨日の飲みの影響はなかった。天気が良く、梅雨の間という感覚ではなかった。一方太平洋側では大雨の予報と避難指示が出ているという皮肉な状況だった。

     

    ☆ゴーヤの植え付け

     

     先日、あられがゴーヤの苗を貰って来た。昨夜、あられから植え付けを頼まれた。苗は3本で、やや中途半端だったが、やむを得ない。大き目の発泡スチロールの箱に花と野菜の土を満たし、そこに苗を植え付ける。それだけのようだが、ゴーヤの場合は訳が違う。つまり、ネットを張って蔓が昇るように仕掛けも作らなければならない。

     

     2本の竹竿が見つかり、丁度良かった。箱の横にブロックを1個ずつ置いて、その穴に竹竿を指す。これで下の部分が固定された。上の部分は、雨どいを支える金具に括り付けた。その間に180×180のネットを張って出来上がった。

     

    ☆コメの引き取り

     

     とうとう7月になった。1日はコメの引き取り日だ。ゴーヤの植え付けを終えてから引き取り場所に向かった。今日は、何台もの車が既に列を作っていた。車列の最後尾に並ぶ。順番が来るのにしばらく時間が掛かった。引き取り後はすぐに米を自宅に持ち帰った。

     今日、引き渡しの係に謝礼を渡した。今季の営農組合の田植作業を可能にしてくれたお礼だ。遅すぎるくらいの対応だがlこれまでたまたま機会が無かった。遠慮する相手の気持ちを汲みながら、相応の謝礼を差し上げた。

     

    ☆畔の草刈り

     

     自宅の近くの圃場がかなり醜い。まずそこから取り掛かった。その後、別の圃場に歩いて向かった。此処も結構伸びていた。畔際には、ヒエが大きく育って圃場内を窺う。それに刃を立てて切り取る。その後で畔の上を刈る。手間がかかるが、遅くなってからの草刈りはこうせざるを得ない。そのため、2時間と設定していた間には完了しなかった。明日以降にも続けて取り組む。

     

     11時を過ぎて帰宅。やはり汗をかいた。帰宅すると昼食まで休憩する。送風機の風が心地よい。昼食後、同級会の会場にアポ取りをする。出席人数が固まって、会場内のレイアウトを話し合う。もう一人の幹事を誘い、3日午後の訪問を決めた。

     

     この後すぐに居眠りに陥った。何時始めたのか全く分からなかった。直前に済ませたアポ取りが、夢の中の出来事のようで、一瞬やり直さねばと勘違いした。目を覚ましてゆっくり考えてみると、現実に済ませていることを思い出した。1時半までぐっすり眠った。

     

    ☆柿の摘果

     

     居眠りから目覚めて、柿畑へ向かった。例年柿の摘果作業は長丁場になる。少しずつでも進める努力が必要だ。雨が止んで枝も地面も乾燥しており、こういうときに作業がやりやすい。

     

     今日も変形果の多さを痛感する。何故だろうか。良く分からないが、いわゆる成長ホルモンの暴走かも知れないなどと勝手な想像をした。

     

     徒長枝の生え方も半端でない。原因は、剪定のやり過ぎだ。ある柿の木では、実が殆どついていない。徒長枝と葉がびっしり伸びる。これも剪定のやり過ぎだ。樹木が危機感を感じて慌てて枝や葉を延ばす。実を付けるどころではなくなる。これも理解できる。まあ、仕方がない。

     5時頃まで黙々と摘果する。作業する枝を変えるたびに脚立を移動させて上り下りする。結構体力を使う。作業中2度ほど脚立ごと倒れそうになった。近くの枝を掴んでどうにか体制を持ちこたえさせた。

     

     夕食で軽くビールを飲む。昨日のすぐ後だが影響はなかった。汗をかいた分、味わいは爽やかだった。タケ

    | 農業 | 06:04 | comments(0) | - | - |