ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 畔の草刈り、柿の摘果 | main | 陶芸教室窯出し、同級会でホテルと打ち合わせ >>
畔の草刈り、梨畑の草刈り、集落の運営協議会
0

     2019.7.2(火)曇り。今日も雨が降らなかった。西日本の南部は大雨に晒されているというのに大違いだ。

     燃えるゴミの日だが、袋が詰まらず、パスした。

     今日の日中は、決まった予定が無かった。だが、作業は沢山残っている。一方体は一つだ。同じことを終日或いは連日やるのは精神的にも疲れを感じる。そこで、小刻みに目先を変えて組み立てる。それが体にも優しいということになる。

     

    ☆畔の草刈り

     

     昨日取り組んで途中で止めた水田の草刈りを考えた。昨日使ったのがエンジン草刈り機で、今日は充電式草刈り機を持ち出した。馬力はやや落ちるが、畔の草程度は簡単に切れる。何よりも体への負担が少ない。それが良かった。

     

     畔際のヒエを除去するように切り倒しながら刈り進む。作業をして感じたのは、昨年よりヒエの生え方が穏やかな気がする。初期の除草剤が良く効いたのだろうか。水の張り方が良かった。これまでに、追加の取水を余りやっていない。田植以後殆ど水が入れ替わっていない。保水が上手くいった。こういう結論に辿り着く。結局、ヒエなど雑草が多く生える圃場は、こういう点で問題がある。

     

     9時頃作業を中断した。ある荷物が届く予定だった。あられは終日出かけており、便が届きそうな時間帯には自宅待機が必要だった。結局、この後午前中は待機したが、目当ての荷物は届かなかった。

     

    ☆敬老会の準備

     

     敬老会で取り組むメインの行事にヒントを得た。その講師にアポ取りをした。今夕役員会で同意が得られたら、正式にお願いすることにして、取り敢えず日程を仮押さえする。

     内容は、「笑いヨガ」というものだ。無理をしてでも笑顔を作り、笑い声をあげる。そうすることで心身の機能低下を防ぐ目的があるらしい。医学療法士の資格を持つ男性の指導で、かつて高齢者の中に加わって体験したが、恥ずかしかった。

     

     夕刻4時頃に連絡可能と施設の職員に聞いて、一旦対応を止めた。

     

    ☆梨畑へ

     

     昼食は今日も一人だった。6時に朝食を摂った関係で11時を過ぎると腹が減った。早めの昼食を摂り、その後はまた昼寝タイムが待っていた。

     

     1時半を超えた段階で目覚めて梨畑へ向かった。作業は二つあった。一つは袋掛けの最終仕上げだ。かけ漏れが結構あったのが記憶に新しい。追加の追加で購入した100枚を手に、袋掛けをする。明らかに実の生育が感じられた。とはいえ、あまり大きくなったわけでは無い。2か月以上先に収穫するため、まだまだ大きくない。

     

     大体30枚ほど掛けただろうか、見渡してかけ漏れが見えなくなった段階で終了した。その後は、茫々に伸びた草刈りだ。柔らかい草は、伸びていても簡単に刈れる。だが、驚くべきことがあった。隣の山林から笹が侵入してきたからだ。梨畑に笹が?こういう感覚になる。草刈り機で勿論刈れるが、切るたびにコンコンという音を立てる。地下茎で伸びるタケの一種だから面倒この上ない。猪の次は笹か、という心境だ。

     

     梨畑の草刈りは、こういう状況で作業がハードになった。圃場の全面を片付ける訳にはいかなかった。2時間で切り上げた。

     

     帰宅途中で水田を見渡す。ある圃場の水が殆ど無くなっていた。(やばいな)と感じて、急遽堰板をはめた。取水口を開けると少しずつ水が入り始めた。

     この時期の水田は、浅水管理だ。土が見えていても、全体に水が残って入れは良しとする。圃場全体に水を張らなくても良い。だが、水が殆ど無い状態は、分げつ促進を妨げる。一旦そのままにして帰宅した。約l1時間半後に再びやって来ると、狙い通りに水が入っていた。堰板を外して取水口を閉じた。

     

    ☆集落の運営委員会

     

     資料は昨日中に印刷していた。早めに夕食を摂り、6時15分前に会場へやって来ると、誰も来ていなかった。開錠して中に入り、役員の集合を待つ。

     今日の役員会はかなりダレていた。定刻を過ぎて、携帯電話で呼び出してようやく揃った。その後の運営委員会でも、全く締まりが無かった。およそ会議とはこういうものではないということを示すようなものだった。うんざりして帰宅するのだった。

     

     運営委員会は、自治会の下期行事の確認と、班長や各団体の協力を呼びかけるものだ。当面の行事は、集落の夏祭りと万灯の行事だ。主担当が私で、運営と準備を搔い摘んで説明するとともに、夜店の運営に特に時間を掛けた。8時過ぎに会議を終えて散会した。蒸し暑く、ビールを飲みたかったが、冷蔵庫に入れ忘れて冷えたビールが無かった。残念。タケ

    | 農業 | 06:23 | comments(0) | - | - |