ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 水田の除草、畔の草刈り、柿の摘果 | main | 草刈と柿の摘果 >>
果樹の防除、柿の摘果
0

     2019.7.6(土)曇り。雨が降ってもおかしくない曇天だった。気温が上がらず、涼しく感じる一日だった。今日は全く予定が無かった。土曜日ともなれば、役場もどこも休みだ。これが、時に困ったことになる。

     

    ☆果樹の防除

     

     梨と柿の防除時期を迎えていた。今日も朝、起き辛くて6時を過ぎた。予定のない朝は、もう少し寝ていたかったが、防除をしようかという気持ちが芽生えていた。というのは、10日までに終わらせるとすれば、今日やらなければ明日から予定を縫って実施するのが難しくなる。体の疲れもある。そこで、今日梨も柿も終わらせるべきだという結論に達した。

     

     朝食後、栽培ごよみで確認して農薬を探す。必要な農薬は切らしていなかった。もし、無ければ農協が休みで、ホームセンターで買い求めてから行うところだった。

     

     準備を終えてから迷うことがあった。雲行きが悪い。今にも降り出しそうだった。梨だけにしようか、全体を中止にしようかと。

     天気予報では降水確率は10%しかなかった。上空を眺めて気づいたことがあった。雲が北から南に流れている。つまり、上空では北風が吹いているということだ。梅雨前線が太平洋にあって、その低気圧に向かって空気が流れている。こういう場合は大概雨は降らない。それで決行と決めた。

     

    ☆梨の防除

     

     時間はそれほどかからなかった。今日も葉陰から大袋のかけ漏れが見つかった。10個までだが、なかなか漏れを無くせない。去年も同様で、早々とそのままにした。それらは殆どが病害虫の餌食になった。

     

     梨の防除を終えてから、また空模様が気になった。一旦タンクを洗う。今日柿の防除を止めればいつのことにしようかとまた迷う。今日の午後にやろうと決めて帰途に着く。

     

    ☆組合員の草刈り

     

     遠目に見えたのは、営農組合の組合員で、同じ区画の管理を受け持つ相方だった。土曜日が休みで早速草刈りに励んでいた。近寄って労う。柿の防除を止めると、本来は私も草刈りをすべきだということになる。そこで、再び防除作業に戻ることにした。今草刈りをすれば、午後の防除もしなくてよくなるからだ。改めて水を汲み、柿畑へ向かった。

     

    ☆柿の防除

     

     降雨は気にしないことにした。3か所の柿畑で散布して回った。2時間足らず掛かって帰宅した。迷いに迷った挙句梨も柿も済ませたことが良かった。というのは、今日、曇り空が続いた割には雨が降らなかったからだ。

     

    ☆県の教育委員会表彰のこと

     

     表彰対象者の推薦について連絡が入ったのが随分前のことだ。書類を会長さんに渡して、申請手続きを頼んでいた。果たして済んだのかどうか気になっていた。昼食後、昼寝をせずに確認の電話を入れた。すると、驚くべきことがあった。渡していた書類が見当たらないという。締め切りが迫っていた。なんという体たらくかと内心憤る。

     

     何とかしますと答え、知恵を絞る。県のホームページを開いて申請書類を探すが、全く見当たらない。役所は休みだ。月曜日に電話で再送を依頼していては間に合わない。ファックス送信を依頼して対処するかどうか。他に何か良い方法はないか。

     

     ある策を思いつく。倉吉博物館に電話を入れると、館長が自ら応対された。訳を話して、倉吉の文化団体協議会の連絡先を尋ねた。事務局が常駐で、土曜日が出勤だと言われる。運が良かった。事務局の担当者に電話を架けて、申請書類の控えを頂けないかと相談した。

     

     快く応じていただき、しかも、パソコンのメールで添付して送付いただけることになった。この後、夕刻に会長さん宛にメールで書類を送信して、一件落着したのだった。

     

    ☆柿の摘果

     

     最初に取り掛かった柿畑があと少しになった。長男に声を掛けて昼寝もせずに出かけた。1時間半ほどで、最初の圃場が終わり、2か所目に回る。ここでは1時間足らずで切り上げた。近隣の畑で働く人たちがトラックで押しかけ、道路の出入りがややこしくなったからだ。それと、長男も疲れた様子で、早めの打ち切りに同意した。

     

     明日は6時半から集落の総事で、山道の草刈りだ。その後、営農組合で休耕畑の草刈りをする。草刈り日だ。タケ

    | 農業 | 05:48 | comments(0) | - | - |