ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 参議院選挙、公民館陶芸教室 | main | 通院、柿の圃場視察研修、柿の摘果 >>
柿畑の草刈り、柿の摘果
0

     2019.7.22(月)曇りのち晴れ、時々雨。ころころと変化する一日だった。未明にかなり強い雨が降った。夜が明けると止んでいた。路面は乾き始めていた。今日の予定は昨日のうちに決めていた。

     

    ☆柿畑の草刈り

     

     「あそこはマムシがよーけおるからな。草を早く刈らんと。」と言われた言葉が脳裏に残っていた。一昨日に、3分の1ほど刈って止めていた。(早く刈らねば)という思いを引きずる。

     長男が出勤するのと同時に畑へ向かった。気分良く刈りために刃を新品に替えた。5枚セット販売の安物だが、新品は新品だ。

     もう一つ気にしたのは、マムシのことだ。まだいるのかという思いだった。切れ味よく刈り進む。作業を始める頃朝日が射し始めた。肌を刺すような暑い日差しだ。たちまち汗が出る。湿度が高く蒸し暑さを伴う。

     

     1時間ほど刈って休憩した。お茶を飲もうかと思うが、忘れてきた。止む無く、近くにある自販機まで行く。ペットボトルで1本購入して戻る。

     その途中に、犬に散歩をさせるおばあさんに会う。知っている人で、暫く雑談をする。「忙しいのに、よく働く。体調に気を付けて。」と言われる。こういう場面が実に多くなった。

     

     同じ畑に戻って草刈りを続ける。1時間も経たなかったとき、急に体がとても重く感じた。(熱中症かな?)そういう予感のようなものが浮かぶ。刈り残しは大分少なくなったが、ばて気味には勝てなかった。長雨や、疲れで農作業のペースが鈍っていた。それで体が鈍ったのかなとも思える。(止めた、止めた)と区切りを付けて帰途に就いた。それでも作業開始より2時間経過して、この時間帯の日光は厳しさを増していた。

     

     帰宅してシャワーを浴びる。ここからは動かない。かいた汗を乾かし、体の熱を冷ます。休息するだけだった。

     

    ☆柿の摘果

     

     昼食後はしばし休息する。30分くらいだろうかうとうとして13時過ぎ、最後の柿畑へ向かった。摘果作業だ。ハサミと脚立で作業する。1時間も作業しないうちに天気ががらりと変わり、雨が降り始めた。雨脚は急に強くなった。まるで土砂降りだった。大して作業できないうちに中断した。帰宅すると雨が止む。(ええーっ)残って作業を続ければよかったかなと悔しがる。だが、その後もまた強い雨が降り始めた。(わからんな)

     

    ☆再び草刈り

     

     3時頃、雨が止んで晴れ間が出た。それをきっかけにして、最初の柿畑へ向かった。残った草を刈って目途を付ける。

     ここでの作業には時間が余り掛からなかった。残る部分があまり広くなかったからだ。結局、今日、マムシは1匹も見なかった。

     

     刈り終えた畑内は、すっきりした。畑の端から樹間を通して、反対側の景色が展望できた。

     

    ☆再び摘果作業

     

     雨で中断した柿畑へ戻った。早く作業を進めるという一念で集中して取り組む。だが、取り掛かってあまり時間が経たないうちにまたポツリポツリと降り始めた。(嘘だろう)瞬く間に雨脚が強くなった。同じパターンだった。嫌気がさして中断した。午後から降った雨で枝や葉には水滴が溜まって、摘果の度に体を濡らした。

     帰宅して入浴、汗を流した。2度汗をかいた後のビールは美味で、あまり酔わなかった。

     

    ☆中学同級会の幹事会の確認

     

     明後日の夕刻、幹事会を行う。出欠状況の最終確認と2,3点の話し合いを残す。後は焼肉で前祝を行う。予約の取り消しが無いことを願いながら全員に電話で確認をした。もし、欠席があれば予約の変更が必要になる。変更はなかった。タケ

    | 農業 | 06:45 | comments(0) | - | - |