ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 水田の施肥、同級生を見舞う | main | 陶芸教室、竹の切り出し、柿の追肥 >>
果樹の施肥、柿の草刈り、青年農業者研修会
0

     2019.7.30(火)晴れ。相変わらず暑い。今夕農政委員会で開催する青年農業者研修会がある。午後は猛暑の中で動くことを控え、午前中にやりたいことをやると決めた。

     燃えるごみの日だ。中サイズの一袋を自転車で搬出した。

     

    ☆果樹の施肥

     

     時期的に対応が遅れていた。水稲関係の作業に追われ始めて摘果作業もストップした。7月中に追肥をすると決めていたことを思い出して、今日のノルマに決めた。7時過ぎ、長男の出社と時刻を合わせたように取り掛かった。

     

    ☆梨畑へ

     

     梨畑では異変が認められた。猪の侵入はなかったものの、掛けた袋が2,30枚地面に散らばっていた。ひとつひとつを拾い上げると、決まって袋の横が裂けていた。(カラスだ)多くは、袋だけ落とされていたが、中には実も落とされてくちばしでザックリついばまれていた。(とうとう来たか)というのが率直なところだった。

     

     まず、袋が落とされて枝に残った実に追加の袋を掛ける。手元が誤って実を落とす局面もあった。その後は、テグスを取り出して枝枝に張り巡らした。たちまち、帽子がテグスにひっかかって落ちる。うっとおしい限りだが、このうっとおしさがカラスにも効果的だと思う。

     そうしておいて、当初の目的だった追肥を撒く。こうした状況に直面すると、今年の栽培は一体どうなることかと不安が募る。それをあまり考えないようにすることが肝要だ。

     

    ☆柿畑へ

     

     3か所ある柿畑を回って、樹幹に肥料を撒く。最初の畑はすぐに終わり、隣の集落にある畑に向かう。此処は直前に草刈りをしたところで、まだ圃場内はスッキリしていた。気が付いたのは、摘果をして残した実のうち、葉陰から露出した実が薄く黄色に変色し始めたことだ。(日焼け果だ)しばらく続く猛暑のお陰で、今年も日焼け果が多くなりそうだ。日焼けは軟果の原因になる。

     

     まあ、栽培条件は上手くいかないところばかりが目について、いつまで経っても問題を抱える。

     

     3番目の柿畑では案の定草が伸びていた。持参した草刈り機を草を刈ってから施肥すべきと考えて、先に草刈りに取り組む。そのため、時間不足になって、草刈りもあと少しで中断し、施肥も後回しになった。帰途、畑に寄っていも類に水を掛ける。

     

    ☆書類配布

     

     営農組合員へ穂肥散布2回目の作業計画を配布した。自転車で走れば、まだ体が風を感じてマシな気がする。止まれば、その逆だが。

     13軒のお宅に配布して回った。また、誰か都合の悪い人が出そうだ。その時はその時で別途対応を考える。

     午前中に済ませておきたかった予定を取り敢えず済ませて、後は午後4時まで自宅で休息できる。あられは、夕刻まで今日も用事で出掛けて行った。

     

    ☆青年農業者研修会

     

     参加者がやや減った。だが、講師をお招きしている関係もあって、予定通りに開催した。冒頭のあいさつでは、短くと念を押しながら、考えてきた話を披露した。自分では結構気に入っていた。話を終えたとき、その意味が通じたかのように、笑顔がちらほらと伺えた。

     

     時間の制約をはっきりさせていたため、講師も意識されて、大きくずれることはなかった。これまで3回の講義の中で、今回が最もわかりやすく、面白かった。

     

     研修会の後は、恒例になった懇親会に移った。研修生が少なくなり、結局は農政委員同士の懇親のようになった。よく食べ、よく飲み盛り上がった。

     帰りは近くまで別の委員に送ってもらい、ずいぶん助かった。自宅に戻れば、たちまち猛暑の中に引き戻された。タケ

    | 農業 | 12:09 | comments(0) | - | - |