ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 梨のカラス被害、暑さにうだる | main | 盆を迎える、暑さにうだる >>
素焼き窯出し、こども陶芸色付け
0

     2019.8.12(月)晴れ。暑い日が続く。だが、明け方がやや肌寒かった。思わずタオルケットを引き寄せる。こうした気温の僅かな変化に、作物の実りを意識する。まだ早い段階だが、朝晩気温差が進むと果樹もいよいよ稔り始める。そんなことを思う目覚めだった。

     

    ☆陶芸窯出し

     

     8月7日に火入れをした。今日は、午前中にこども陶芸教室を行う。色付けで、それに間に合うように、ぎりぎりだが素焼きを組み込んでいた。窯の温度の下がるを待って今日ようやく窯出しをする。

     焼成室を覗くと、窯の中の温度は46度まで下がっていた。教室の会長さんと、もう一人のメンバーが到着するのを待って扉を開ける。特に焼成の事故はなく、窯出しはすぐに終わった。素焼きをした作品は、公民館の公開講座、こども陶芸、そしてサークルメンバーの作品というように、異なる目的のものが混在していた。これらを選り分けて区別した。

     

    ☆こども陶芸教室色付け

     

     10時から、15名の子供たちを迎えて取り掛かった。素焼き作品にめいめいが自由に色付けをする。諸学生を対象にすると、釉薬では無理がある。岩絵の具で模様を付けさせてから透明釉を掛けて完了とする。

     

     準備不足があった。窯出しは終わったものの、撥水剤の処理が済んでいない。子供たちに扱わせるにはリスクが大きい。そこで、窯出しを終えると急遽作品の底に手分けして撥水剤を縫った。こうして開始時間を迎えた。

     

     冒頭、子どもたちに幾つか説明を加える。だが、意味が伝わらない。5,6年生は聞き分けたようだが、中低学年は説明の効果がなかった。

     岩絵の具の特徴や、素焼きの上に直接塗る際の注意点を説明するが、要領を得ない。パレットに、岩絵の具のチューブを思い切り絞り出す子がいると思えば、何度も何度も重ね塗りしたり、水を付けずにそのまま塗る子など、目を当てられない光景に振り回された。

     順調だったのは、色付けが予定時間内に全て終了したことだった。最後に全員の作品に透明釉を掛けてすべて完了した。

     

    ☆木工製作

     

     午後、特に用事がなく自室で休息する。子供たちの相手をするのも疲れが出る。それに暑い。昼間は動けない。

     夕刻が迫り、何もしない時間を惜しんで木工製作に取り掛かった。製作といっても、仕上げ段階の作業だ。昨日も少しやって汗をかいた。今日は、その作業を更に進捗させた。仕上げが終われば、拭き漆作業に取り掛かれる。そういう狙いがあった。

     

     長女の夫が、音を聞きつけて顔を出す。そこで、削りなどの工程を実際に旋盤を回して説明する。

     

    ☆因伯と作品展の資料

     

     昨日から取り掛かった資料がある。第10回目の作品展開催に臨んで記念誌のようなものを作成する。巻頭言やら思いつく内容をワードで記すが、まとまりがない。そもそも、どういう構成が望ましいかも決めたわけでは無い。案として作成して関係者の意見を集約する。

     そもそもこういう資料を手掛けたことが無い。そこで、長女の夫に意見を求めた。彼は、さる市の機関で遺跡発掘や考古学上の資料の管理を受け持つ。企画展なども一手に仕切って開催して言うr。そういうキャリアから意見を聞いてみた。それによれば、これまでの作品の画像等の資料がないのであれば、製作者の談話を載せるしかない、ということになった。原稿が揃わないときは、インタビューをしてまとめる。それしかなさそうだと目途を付けた。身近な人材に意見が聞けたことを喜ぶ。

     

    ☆盆の外食

     

     長女の家族をもてなす意味で外食する。行先も、毎年の恒例になっていた。行先は回転すしの店だ。ところが、今年はうっかりして、盆の込み具合を想定していなかった。

     

     早めの段階で店に問い合わせると、既に多くの人が並んでいるという。慌てて整理券を受け取りに行く。205番という紙片を受け取って来た。その時点から2時間待ちだという。時刻は夕方の5時で、7時頃だと知った。

     

     時間を潰しながら7時前に店に到着すると、駐車場が空いていなかった。店の中で待っている人でも順番がずいぶん先の人も多い。それらの人の車が隙間なく駐車場を埋めていた。そして、2時間待ちでやって来たにも拘わらず、我々の前にまだ6組が待っていた。その中には、10人という組が2組含まれていた。これではまだまだ我々の順番は来ない。それを家族に伝えると次第に焦りと空腹が募る。更に30分ほど待って運よく席に着くことが出来た。

     

     眺めているとあることが分かった。カウンターかボックス席かの希望を入力すると、カウンターが空いても順番が来ない。比較的人数が少ないカウンター席は回転が速い。後の番号の客が次々と追い越して座っていく。それに気づくと、我々の希望を「どちらでも」に切り替えた。するとさほど時間が掛からないうちに席に着くことが出来た。

     食べ終わったのが8時を過ぎていた。店内にはまだ大勢の客が待っていた。(9時は過ぎるな)、と直感した。

     

     夜は、明日配布する資料を作成した。営農組合の最後の防除作業に指示書だ。実は、この資料を今夕に配布する予定だったが、面倒臭くなって繰り延べたのだった。タケ

    | 趣味 | 08:00 | comments(0) | - | - |