ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 素焼き窯出し、こども陶芸色付け | main | 「蒼き海狼」を読む >>
盆を迎える、暑さにうだる
0

     2019.8.13(火)晴れ。気になるのは台風10号の接近だ。夕方辺りから時折強い風が吹いて、それらしさを感じるが、雨の降る気配は全くない。雨が欲しい。燃えるごみの日で、昨晩のうちにまとめて搬出した。台所の模様替えによるごみの袋が5袋に達していた。

     

    ☆書類の配布

     

     昨日横着をした営農組合の指示書を今朝7時頃に配って回った。今回は、関係者に絞って配布した。私を含めて6名だった。

     あるお宅で組合員が庭に出ていた。書類を見るまでもなく用件が分かったようで、いきなり聞いてきた。作業体制は公平に運営されているかどうかという問いだった。(これまでの作業で大分疲れているな)と察しが付く。

     

     「あと一度で一連の作業が終了する。最後は1時間程度だ。今年の作業が大変だったのは良く分かっている。来期は、いわゆる近代化を導入する積りだから、、、。」と慰める。設立してどうにか起動人っては来たが、まだ課題も多く、組合員は確実に歳を取っている。

     

    ☆自宅で籠る

     

     農作業は盆の間はしないことにした。今季の天気の辛さもあり、盆は先祖の霊だけでなく、我々生きている者が一息つくためでもあるという考え方になったからだ。

     

     今日未明より、長女夫婦が鳥取砂丘に出かけた。孫は面倒くさいのか、一人残った。明け方の砂丘の風景をカメラに収めたかったようだ。一昨日の大山開山キャンペーンで和傘の灯篭を撮影したばかりだ。

     

    ☆先祖の霊を迎える

     

     盆を迎えた初日だが、あられには公務があった。こうして、我が家には長男と孫と私の3人が残った。今日、住職が檀家を回って盆のお経をあげる。時間が読めない。上り口を開けて、いつでも仏間に入れるようにしていた。

     住職がやって来たのは午前中も半ばのことだった。いきなりお経が聞こえた。長男が気を利かせて冷たいお茶を出そうという。そこに、塩分補給用のタブレットを添えてお経が終わる頃もてなした。私がのらりくらりとしている間に長男がてきぱきと立ち回ってくれた。これで、ようやく盆が始まる。

     

     夕方、墓前で迎え火を焚いた。この時も孫を伴った。5時頃に墓地が賑わった。迎え火をしない家もあった。それを見て、長男がやらない家があるけど、と訝る。「ああ、あれは昔からのしきたりを良く知らないからだ。」と自分の意見を言う。

     本来は、この時点で明日の墓参用の花を挿す。だが、夕方から吹き始めた強風で飛ばされないかと不安が募り、結局花は墓参とともに挿すことにした。

     

     墓地が集落のの墓地ではなくなった。近隣の集落からも墓参がある。見知らぬ人たちは挨拶をしない人が多い。特に若い世帯だ。そういうことを長男と話し合った。

     

     帰宅すると、飾っていた灯篭に火を灯す。これで先祖の霊を迎える準備が出来た。

     

    ☆外食

     

     今日も昼は外食になった。あられと長女夫婦が出かけて、男3人だけになったからだ。3人で話し合って、手軽で好きなだけ食べられる手打ちうどんの店を選んだ。

     

     セルフで、好みのメニューを選べるシステムだ。三人三様で注文して食べた。盆の休暇で、此処も混んでいた。

     その後、一休みのつもりでハンバーガー店に寄る。此処も人でごった返す。いつもはない光景だった。何で混むのかといえば、盆休みで帰省した家族を加え、自宅での食事を外食に振り替える家庭が多いからだ。仕方のないことだった。

     

     帰宅すると時間が余った。扇風機を付けて自室で読書、その後居眠りというパターンに陥った。これもありか。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 06:28 | comments(0) | - | - |