ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 盆を迎える、暑さにうだる | main | 台風10号の接近、墓参、自宅で留守番 >>
「蒼き海狼」を読む
0

    「蒼き海狼」 火坂雅志  小学館文庫

     

     壮大な海洋小説である。東南アジアを駆け巡る主人公のスーパーマンぶりが作品を面白くさせる。船舶での移動は日数がかかる。だが、航続距離が果てしなく伸びる。

     

     時代は鎌倉時代の中期、2度の元寇の後である。フビライは金銀を産する我が国を諦めきれず、3度目の攻撃を企図する。だが、それは最終的には行われなかった。それは何故か。この小説が提起した最大の疑問だった。

     当時、我が国の他に元寇に晒された国がある。大越国という。今のベトナムである。陸伝いに、或いは陸と海の両面から、数度にわたって攻勢を掛ける。数倍にも及ぶ大軍勢での攻勢にも耐えて大越国は独立を維持する。我が国と似た運命の大越国での戦いの結果、戦いの準備を進めていたフビライは、周囲の諫めを受け入れわが国への攻撃を断念したというのが物語の結末になる。

     

     小説に関しては、当時の各国の歴史や事跡・文献を事細かく調査していることが分かる。初めて知るそれらの事跡が、結構興味深く、また、物語の展開が全体として事実に即したものだと分かる。

     

     鎌倉幕府から追われた朝比奈氏の末裔が主人公だ。幕府から追われて済州島に音を降ろすが、その後元寇で一族が蹂躙されて天涯孤独になる。自分の祖国を持たない主人公が、フビライを頂点とする元国に立ち向かう。その過程で大越国の戦いに飛び込んでいく。

     

     大越国が巨大な元勢力を撥ね返す戦いの在り方が興味深い。大軍を前に正面から戦いを挑むのではなく、戦況を見ながら撤退を繰り返し、ゲリラ戦法に切り替える。大軍の弱点は食料の確保であり、耐え忍んで持ちこたえればやがて強大な元と言えども撤退を余儀なくされる。こういう戦いを3度繰り返した結果、侵攻を断念させた。自尊心の強さと粘り強さが民族の特徴と言える。

     ずっと後の歴史の中で似たような戦いをする。ゲリラ戦で粘って、最終的には超大国の侵攻を食い止める。力のあるものは自分の力を過信する。力の差が大きい時ほどそういう傾向が強い、だが、過去にこの小説が描く歴史があったことに思いを馳せれば、結果論かも知れないが、ベトナム国は同じように勝利したのである。

     

     運命は、此処で大きく転回したことになる。元の内部では先に何処を攻撃するかで意見が分かれた。フビライは、先に我が国を攻めようとした。結局は多民族で構成された幹部の意見を聞いて大越国を先に攻めた。大越国の戦いのお陰で、三度目の元寇が果たされなかったのである。タケ

    | 読書 | 07:25 | comments(0) | - | - |