ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 同級会会場と最終打ち合わせ、水田のヒエ取り | main | 防災訓練、県展申し込み、トラック車検予約 >>
柿畑の草刈り、家電の更新、ロビー展示の回収
0

     2019.8.31(土)晴れ。雲一つない秋晴れになった。とはいえ、日中は暑かった。残暑の真っ只中というのが相応しい。

     今日、本来は休みだが、長男が出社した。急な仕事が舞い込んだようだ。いつもより遅れて出かけて行った。

     

    ☆柿畑の草刈り

     

     暫く覗いていなかった柿畑だ。元が水田で、隣に耕作放棄の水田がある。此処から雑草が畔を超えて進入してくる。3か所ある柿畑の植生が異なる。此処が最も雑草の伸びが早い。

     

     充電式とエンジン付きの2つを持参した。圃場に到着すると、案の定かなり高く伸びていた。ただ、密度が疎らだった。細長い草が多く、刈り払いの負荷が少ないと見た。従って、充電式の方が便利だと考え、2個のバッテリーで対処することにした。よくもって2時間だった。

     

     圃場内の地面が凸凹で、思ったほど作業速度が上げられなかった。2個目のバッテリーに交換して圃場内の半分ほど刈り終わった時点で中断した。日が高くなり、暑さも厳しくなった。10時前だった。

     

    ☆公民館の在り方について

     

     町の公民館の分館をどうするかで審議会に加わっている。9月に2回目の会議が予定されているが、どういう話し合いにすればよいのかまとまっていない。草刈りをしながらあれこれ思いを巡らす。

     

     最もわかりやすいのは、高齢者と子供が比較的大勢利用するのに対して、その間の世代の利用が少ない。この傾向は何処でも似たようなものだと思うが、問題視せざるを得ない。公民館という名称が、全ての町民に対して、社会教育の場を提供して、人づくりや地域づくりを目指している以上、どの世代の人も利用する施設と機能でなくてはならない。

     日頃考えたことのないテーマで、なかなかまとまらない。結局インターネットで各地の取り組みを見ながらまとえるしかないという考えに落ち着いた。

     審議会なるものの議事録が公表されていた。やり取りを読むと、いろんな質問が出されて考え方をまとめるヒントになりそうな気がする。

     他にも、参考になりそうな記述が見つかった。コピー機能を使って文章を切り取る。帰宅してから、早速こうした作業に取り組んだ。

     

    ☆家電の更新

     

     昼食後、ホームセンターと家電店へ出かけた。洗面台の横にあるタオル掛けが外れている。タイルに張り付ける吸盤が効かなくなったからだ。浴室を今の姿にしたのが12年前のことだ。その時から吸盤でくっ付いていたもので、吸盤の寿命が来た。よく見れば、吸盤で留めてある棒の色が黄ばんでいた。これを新たにホームセンターで買い求めた。

     

     同じように、定年で帰郷した頃から使っていた家電品が多い中、順番にガタが来ている。ホームセンターから家電店に寄り、物色する。丁度、消費前率上げを目前にしたセールが行われていた。型落ちか何かで値引き幅の大きい商品があった。それを目当てにした訳だが、今後こういう事態が続けて起きる予感がした。

     

    ☆公民館ロビー展示の回収

     

     陶芸教室が16日からロビー展示をしていた。月末が終了時期で、回収する必要があった。会長さんが所用で対応できず私が一人で行った。コンテナをトラックに積み込んで出かけた。

     回収作業は早い。コンテナに詰めた作品を私たちの根拠地である民芸実習館に収めた。ついでに焼成室を覗く。窯の内部の温度は110度だった。あと2,3日で窯出しができる。予定は4日だ。

     

     ふと隣にある未来伝承館を覗く。館長がいた。中に入ると、早速珈琲を淹れてくれた。閉館時刻の5時が迫るまで、そこで話し込んだ。県立美術館の事、鳥取市内の寂れた街並みの事、隣町で行われた熱中小学校の事など、雑談に花を咲かせた。

     

     帰宅すると、長男は早めに帰宅していた。仕事に目途が付いたようだ。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 12:47 | comments(0) | - | - |