ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 柿畑の草刈り、家電の更新、ロビー展示の回収 | main | 柿畑の草刈り >>
防災訓練、県展申し込み、トラック車検予約
0

     2019.9.1(日)曇り時々小雨。ここ2日間とは打って変わった天気になった。暑さが和らぎ、また用事を済ませるのには、精神的に都合が良かった。雨もほんの小雨で、特にずぶ濡れになるようなことはなかった。

     

    ☆町報の班内配布

     

     私の担当が2班で、9月号の町報と、同時に配布する多くの冊子が昨晩届く。木曜日に役場から自治会長宅へ届く。土曜日の昨日夕刻に届くのは遅い。持参した自治会長に遅いというが、返事はなかった。

     

     昨夜のうちに挟み込む書類をセットする。今朝、朝食後に届けて回った。7時頃のことだ。日曜日で、人が起きていない家庭もあったが、構わず郵便受けに入れて回った。歩くのが面倒くさくて、自転車で回った。

     帰宅すると我が家も家族が起きていた。

     

    ☆防災訓練

     

     9月1日が防災の日で、町も午前中に行事を組んだ。「防災訓練」と名付けた行事だが、これまで参加したことが無い。興味が無かったからだが、集落別に参加者数を集計すると、わが集落からは極めて少ない人数だった。それが続いているようで、我が家も事態の改善のため、家族三人で参加することにした。

     

     訓練はなかった。国交省県事務所から若い課長が出席して、講演を行った。今年のテーマはどうしても豪雨による水害だった。当地の河川事情や、過去の水害事例、婚儀起こり得る水害への備えなど、広範囲の説明があった。地方事務所の課長は大体短期間だけ地方回りをするキャリア官僚だ。中央での採用だから彼らは賢い。しかも若い。

     

     200人ほどの出席者で、講演を聞いた後は三々五々帰宅していった。自由参加のプログラムや、災害時に炊き出しをする豚汁やアルファー米の試食があったが、我が家もその前に帰宅した。雨が降りそうだったからだ。

     

    ☆県展申し込み

     

     雨が降り始める前に申し込み手続きを済ませることにした。中部地区の受付場所である倉吉博物館に向かった。正午前はやはり申込者で込み合っていた。

     手続き自体は短時間で終了した。受付番号は1068番だった。勿論全分野合計の番号だ。

     

    ☆トラックの車検予約

     

     軽トラックの車検時期が迫っていた。申し込み手続の帰途、給油で立ち寄ったスタンドで見積もりを依頼した。トラックだけは、毎回ここで依頼している。

     

     約30分間、店内で何もせずボーッとして待つ。明細とともに点検結果が届く。所定の料金に追加分が足されて、予想した金額を上回った。追加分は、恐らく経年劣化で取り換えになるものが多かった。不自然に思えたのは、タイヤの摩耗だった。前輪のタイヤ2本が特に摩耗が進んでいた。後輪はと言えば、これはまだ大丈夫だという。ハンドル操作で頻繁に動くためなのか。交換を余儀なくされた。

     車検は不可避で、特に農作業で使用頻度が高いトラックは不可欠だからやむを得ない。整備の日を予約して帰宅した。正午過ぎになった。

     

     天気は雨が降ったり止んだりのどんよりした天気で、体も何となく怠い。こういう時の時間の過ごし方で、読書や木材の切断、木工製作などをしながら自宅で休息した。

     あられは、午後も用事で出掛けて行った。体調は少しずつだが持ち直しているようだ。ふと思い出して、同級会用の資料を作成した。会場の席を決める番号札だ。男性用を黒色で、女性用を赤色で番号を付けた。9月最初の一日がこうして過ぎて行った。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:32 | comments(0) | - | - |