ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 陶芸教室、梨贈答資材の購入 | main | 鳥取県展の審査結果、営農組合役員会 >>
家事を手伝う、冷蔵庫の更新、県展審査結果を待つ
0

     2019.9.6(金)晴れ。今日は降雨の可能性もない、日差しの強く蒸し暑い日になった。残暑に晒された。屋内では、高い湿度に悩まされた。扇風機では間に合わない。燃えるごみの日だが、搬出はなかった。

     昨夜もなかなか眠れなかった。6時前にどうにか起き出した。あられと長男に声を掛けて起こす。眠い。

     

     長足後、用事が無く何をしようかと思案する。水田に入ってヒエ取りをしようかとも考えた。あられが言う。それをしたところでどうなるものではなし、この暑さの中でばてるようなことはしないほうが良い、と。言われてみるとその気になった。どうも、私は貧乏性のようだ。

     今日、新しい冷蔵庫が来る。その前に、中のものを出す。一人では大変だから、私が手伝うことになっていた。だが、搬入が午後のことだ。

     

    ☆裏庭の草取り

     

     あられに頼まれたことがある。散水用のホースが重く感じられ、取り換えてほしいと言った。我が家には、3か所に散水ホースを取り透けているが、2か所は中にメッシュが入ったホースを使っていた。これは、寿命も長いが重さがある。全体に固くてねじれると扱いに手間がかかる。そこで、1か所だけ安物のホースを使っていたものと取り換えた。安物は軽い。しかも、ねじれてもそのまま引っ張ることが出来る。

     

     そのあと、裏にはに伸びた雑草のことを言われた。実悟りをしてほしいということだ。根から引き抜く器具を出して、草取りを始めた。草は良く抜けた。力も余り要らない。楽だと思っていたところに立て続けに電話が入った。それで草取りは中断した。

     

    ☆湖南市からの電話

     

     生涯学習課からだった。11月に開催される作品展の連絡で、わが町からの出展有無の打診だった。友好関係を結んでいる関係で、6月には当町の合同発表会に6点出展を頂いている。実を言えば、その折に候補作品を選んでいた。

     これまで電話だけのやり取りだったが、メールアドレスを交換して、事前の確認など行うこととした。

     

    ☆冷蔵庫の受け入れ

     

     午前中から、廃棄処分する冷蔵庫の中身を外に出す作業に取り掛かった。細々した食べ残しのタッパーなどが実に多い。午前中で作業を終えて、昼食を摂る。業者から電話が入り、搬入時刻が早まる。半ば居眠りをしながら待機する。

     

     我が家の冷蔵庫は、10数年前に故障した時に買い替えたものだ。両親存命の頃から使っていた。最近、冷凍庫以外でも入れたものが凍り付くようになった。そろそろ寿命かと買い替えを決めた。最終的な購入の決め手は、電気代だった。

     

     搬入はすぐに終わり、再度収納する作業を始める。これは余り私の出番はない。残すものと処分するものを区別する。収納もあまり時間が掛からなかった。

     

    ☆DVDの在庫確認

     

     農作業用のズボンを購入することにした。専門店に安価な商品のコーナーがあり、例年ここで購入している。ズボンも、生地の寿命が来る。作業中に引っ掛けて破くことも多い。それを布を当てて修繕しても、いずれは寿命が来る。

     

     ズボンを購入してから、レンタルビデオの店に寄った。あるタイトルの映画の在庫があるかどうかの確認だ。9月16日には集落で映画を上映する。私がその係だが、映写する機材の手配は済んでいる。上映する映画も早くから選定していた。レンタルできるかどうかの押さえをする。直前で借りることにして後にした。

     

    ☆県展審査結果を待つ

     

     例年は、申し込みをしたその週末には結果が届いていた。朝からそれが頭から離れず、入選かどうかで気持ちが揺れ動く。意味のないことだが、やはり気になって仕方がない。

     今日もあられと話す。これも貧乏性だからか、と。昔若い頃、私は結構楽天家だった。いろんな取り組みの結果は半々で、思い通りにならないことも多かった。準備や努力が足りないのだと反省していた。歳をとるとそれなりの努力をするようになった。大体は気にする割には結果がついてくるようになった。だが、その度に気にするのだった。

     

     夕方、郵便配達のバイクの音が聞こえるたびに郵便受けを覗く。結局今週中の通知は届かなかった。昨年までと様子が違う気がした。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:16 | comments(0) | - | - |