ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 同級会の準備、因伯と展示会の準備会合 | main | 中学の同級会 >>
軽トラックの更新、猪罠の設置
0

     2019.9.13(金)晴れ時々曇り。日向は暑さが残るが、朝晩や日陰、そして屋内でずいぶん過ごしやすくなった。急に秋が訪れたという感じだ。暦を見れば、少し先に墓参が迫る。

     9月の立て込んだ行事の半ばで、明日はいよいよ準備を進めてきた同級会の日でもあり、前日はゆっくり体安めと考えていた。

     午前中は、同級会資料の見直しや、15日に開催する営農組合運営委員会の会合資料作成などをして過ごした。

     

    ☆軽トラックの更新

     

     この間から交渉中のトラックの値引きがどうなったか気になった。出来れば早くに手続きを済ませて更新したい。車検の期限が月末に迫っているからだ。

     値引き部分がガソリンスタンドの社長決裁だそうで、昼過ぎに直に会って説明を受けることになった。最終的な値引き額は期待通りではなかったものの、近い線で決着した。社長個人とは、その間これまでの私の勤務地のことなどについて雑談した。申込書類に署名捺印して取り急ぎ手続きを済ませた。予定よりも時間が多く掛かった。というのは、午後、畑の草取りを約束していたからだ。

     

    ☆畑の草取り

     

     植えている畝の周辺はそうでもないが、何も植えていない部分の生え方が醜かった。一人で草取り用の器具をもって臨んだ。草刈り機で一気に表面だけでも刈るほうが楽だと気づくが、殆ど手ぶらで来ているため止む無く手で引き抜いた。

     

    ☆猪被害

     

     草取りに取り掛かってあまり時間が経っていない段階で役場から携帯に電話が架かった。用件は、ある集落で猪被害が出たという知らせと、その対策として罠を仕掛けてほしいという依頼だった。町長から農業被害に係る野生動物の捕獲従事者に任命されており、受けざるを得なかった。全く初めての経験だった。

     

    ☆罠の設置

     

     私の所有する罠は全て仕掛けており、在庫を切らしていた。役場に予備があると聞き、まず役場に向かった。倉庫の中に、結構な数の括り罠があった。適当に2組の罠を選んで被害のあった圃場に向かった。

     被害の通報者には電話を入れて、暫く待ってもらっていた。

     

     案内をされて被害のあった場所に入ると、確かに被害が認められて、足跡も小さいながら猪のものだった。だが、山の中と違って砂丘畑では、足跡の確認が容易である反面罠を仕掛ける場所に困った。罠を止める樹木や支柱のようなものが少ないからだ。しかも、獣道らしいものも良く分からない。障害物のないところでは、自由気儘に歩き回っているようだ。

     

     落花生畑の入り口近くに罠を仕掛けられそうな場所を見つけて、罠を仕掛けた。時間は余り掛からなかった。意外だったのは、通常山に住む猪が、海岸に近い砂丘畑に生息することだ。これまでもそういう話が余り無かっただけに、釈然としないものを感じた。

     近くに松林があった。小規模だが、竹やぶになっていた。そこが出入り口ではないかと判断して、もう一組の罠をその周辺に仕掛けようと考えた。

     

    ☆飲み会の誘い

     

     夕刻が迫りあたりはやや暗くなっていた。思案中にまた電話が架かった。中学の同級生からで、今晩の飲みの誘いだった。明日が同級会で、今日は控えても良いとは思ったが、目的が遠来の同級生を囲んで飲もうというもので断れなかった。

     罠を仕掛けるのは後日に延ばすと近隣の農家に断って帰途につぃた。ただ、一か所だけは仕掛けてあること、猪の出没が続くようだと、改めて情報が欲しいと念を押した。

     

    ☆飲み会

     

     同級会会場の近くの居酒屋に関係者が集合した。控えめにと思って臨んだものの、弾みがついて心積もりを超えて飲むことになった。明日は、大勢が集まる中での断片的な懇談になるが、特定個人を囲んだ場では、話が進んで盛り上がった。そういう状況が酒を進ませた。

     更に注ぎん店にという展開になって、流石に私は遠慮した。明日の運営のことがあり、一人タクシーを拾って帰宅した。余り遅い時間帯でなかったのが良かった。タケ

    | 農業 | 08:09 | comments(0) | - | - |