ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 軽トラックの更新、猪罠の設置 | main | 同級会の後、ハンター養成研修、営農組合運営委員会 >>
中学の同級会
0

     2019.9.14(土)晴れ(だと思う)殆ど屋根の下で過ごしていた。いよいよ、準備を重ねてきた同級会当日がやって来た。何歳になっても、懐かしいやら、気恥ずかしいやらいろいろ混み合った心境で当日を迎えた。だがそれも、運営準備に取り掛かると、そういう気分に浸っておれなくなった。とにかく、漏れの無いような気配りが必要だ。

     

    ☆第6回同級会

     

     通学した中学は合併と分離を経て、校名は昔のままだが、校舎は既に無くなっている。しかも、古希を迎えた同級会では、遥かに昔の思い出となっている。

     55年間の様々な経歴を経て再会するのはドラマチックでもある。歩んできた証として古希を迎えたかつての同級生の人となりに触れると、一人一人の人生が垣間見えるのだった。

     

     一昨年に、待ちくたびれたように自分たちが幹事になって開催したのが第5回目だ。その折に、古希で節目になる6回目を今年開催することを公言していた。54名が参加した。集合時刻に会場に到着すると、幹事の多くが既に待ち受けていた。

     受付を確認して、名札や資料を置く。受付担当に対応事項を確認して、会場の確認に移る。集合写真を撮影する業者の話では、予定した撮影場所が狭くて、隣の宴会場で行うということだった。急遽設備を整えて集合写真の撮影に取り掛かった。

     

     同級会では私が司会を任された。進行手順やチェックするポイントを資料にして用意していた。出席者の協力を得て、3時間の一次会は滞りなく終了することが出来た。合い間に、飲食や会話も楽しむことが出来た。3時間が、あまり長さを感じることなく過ぎて行った。

     参加者が皆、会を随分と楽しんでいたことが見て取れた。それで満足した。

     

    ☆二次会

     

     場所を変えて、近くのスナックを貸し切り二次会に繰り込んだ。42名が参加して、店内の席が埋まった。二次会は、飲みとカラオケで終始して、大いに盛り上がった。私は、特にすることが無く、店内全体を見渡しながら、空いた席があるとそこに移動して会話に加わった。ここでは大人しく成り行きに任せて店の代金の精算だけを注意した。

     

     3時間貸し切りの二次会が終わり、多くは帰宅、或いは別の場所に移ったが、私は数人とともにこの店に残り、更に約2時間飲み続けた。それでも午後8時だった。時間帯よりも、ジワリと寄せる疲れを感じ始めて店を出た。もう一人の幹事とラーメン店によってから帰宅した。

     昼前から夜までよくも飲み続けたものだと、我ながら感心した。今日の同級会が記憶に残るような盛会だったことに満足した。タケ

    | 同級会 | 22:12 | comments(0) | - | - |