ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 中学の同級会 | main | 集落の敬老会 >>
同級会の後、ハンター養成研修、営農組合運営委員会
0

     2019.9.15(日)晴れ一時雨。9月も半ばを迎えているが、依然として残暑が厳しい。夕方に少しだけ雨が降った。物足りない雨だった。

     昨日の同級会の疲れはあまり残っていなかった。むしろそれまでの蓄積疲労を感じた。いつも通りに起床して、午前中は同級会の後始末に取り掛かった。

     

    ☆同級会の後始末

     

     日本海新聞社へ、「楽しい仲間」欄の投稿を済ませた。集合写真を添付してメールで投稿した。クラス別に撮影したスナップ写真をネットでプリント予約をする。出席者宛に送付する予定だ。

     会場になったホテルに電話を入れて、忘れ物などが無いかどうか確認する。今回は特に何もなかった。幹事の一人から、集合写真が一枚余っていることを知らされた。受け取っていないのが誰か分からない。すると、別の幹事から電話があった。自分が受け取っていないという申し出だった。

     その後も何人かの幹事から電話が架かる。皆、大騒ぎした後にも拘わらず元気な様子だった。

     

    ☆ハンター養成研修

     

     随分前から案内が届いていた。資格を得てから年数が短い狩猟資格者や、捕獲実績のない資格者を対象に行われた県主催の研修会だ。合計3回に及び、費用は無料だ。昨今頻繁に発生するようになった野生動物の農業被害を防止するため、個体数の減少を目指してハンターの増員を企図している。現実に、高齢化でハンターの減少が進んでいるという。

     

     予想を超えてこの研修に参加した人数は40名を超えた。女性のハンターも6名ほど含まれていた。研修会の冒頭、出席者が一人ずつ自己紹介をさせられた。多くがまだ猟に取り組んでおらず、そのための研修会と言えた。だが、私は一昨日も罠を仕掛けており、研修中もレベルの低さを感じていた。

     

     大型野生動物用の箱罠の模型や、括り罠の実物で仕掛け方を十種したが、これも私が経験済みだった。4時半まで研修を受けて、帰宅した。屋内で気づかなかったが、雨が強く降ったようだ。だが、帰り道わが町まで戻ると道路が乾いていた。狭い地域間でも天気が違うようだ。研修、スライドで説明を聞くうち居眠りをしそうになった。

     

    ☆営農組合運営委員会

     

     今回の会議は、今年最後の重要なものだった。刈り取り作業を中心に、前後の取り組みを検討し合った。あくまで皆の意向を反映すべく、提案後は意見を求めた。自ずと全体の判断が落ち着くまで議論を重ねた。そのうえで、作業分担や日程を提示した。

     一時間で会議を終えてようやく今日の日程をすべて終えた。流石に同級会の後だけに疲れを感じた。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 22:34 | comments(0) | - | - |