ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 病院の通院、猪被害への対処、農政委員会 | main | 集落の「話さあ会」で映画上映、柿生産部会の接待 >>
陶芸教室、映画会準備
0

     2019.9.18(水)晴れ。残暑が厳しいとはいえ、次第に気温が下がってきた。まさに秋の気配が忍び寄る。9月の効分けて多忙な日程の過半が終わり、気持ちもずいぶん楽になった。反面疲れも感じる。何かのごみの日だったが、用意もしてらずパスした。

     

    ☆陶芸教室

     

     製作よりも準備作業に重点を置く日だった。基本的に第三水曜日は自由参加日だ。何の準備かと言えば、22日に行われる庁の福祉祭りで教室がバザー販売を行う。その準備だが、メンバーが持ち寄った作品に値段をつけて新聞紙で包む。500円、300円、200円そして100円に分けてコンテナに詰めると出来上がりだ。1時間ほどで完了した。これを20日に会場へ運び込んでブースの設営をする。

     

     私の製作は、取り掛かり中の皿があった。ビニール袋を開けると、濡れタオルは乾いて、粘土も固くなっていた。辛うじて削りが出来る程度で、却って好都合だった。表と裏を交互に削って底の部分の厚さに目途を付ける。どうにか形になって、作業を終了させた。

     

    ☆畑の粘土をこねる

     

     この間、土壌分析で調査した圃場の粘土を持ち帰っていた。その粘土が陶芸に適しているか確かめることにしていた。土を湿らせて練ると、粘土だけあって陶芸用の粘土のように固まった。暫くねってから手回しろくろに載せて手び練りをしてみた。これはかなり無謀なチャレンジだが、案の定成形過程で端の方がひび割れて最終的には形にならなかった。粘り気が足りない。うどんの粉のように寝かせて、バクテリアを繁殖させる必要がある。

     結局、その土に陶芸用の粘土を少し混ぜて寝かせることにした。濡れタオルで包んでビニール袋に密封した。

     

    ☆映画上映準備

     

     1時間ほどで出来ると考えていたが、思いのほかトラブルに見舞われて、3時間が掛かった。昼食後暫し休憩してから公民館へ機材の借用で出かけた。自宅からは、パソコンや外付きBDプレーヤーなどを運んだ。公民館からは、プロジェクターとスクリーン、そして、集会所の窓に貼る暗幕を借りた。

     

     全ての機材を集会所の2回に運び込んでそこからコード類の接続をして自前のDVDの再生に取り掛かった。簡単に再生できると考えていたが、パソコンの画面に思いもしないエラーが表示された。メディアを再生出来る環境にない、というもので、原因が分からなかった。

     家電店に出向いて相談する。どうも、著作権が影響しているようだ。PCではウィンドウズ10でチェックが掛かると聞く。私がBDドライブに挿入したのが我が家でTVから録画したものだが、プロジェクターに出力する際にチェックが効いているのではないか。そういう説明を受けた。であれば、レンタルビデオを使用しなければならないのか。余り考え込まずにレンタルビデオ店に寄る。目当ての作品があった。古い映画は殆ど置いていない。

     レンタル版のディスクを持ち帰ってBDドライブに挿入する。しかし、同じエラーメッセージが出た。同じ家電店に電話を架けた。再び状況を話して相談する。先方も考え込む。急に答えが分かった。PCとプロジェクターを繋ぐコードが古かった。デジタル画像を送るには専用のコードが必要だ。HDMIというコードが主流になってる。それまで苦労していたコードは、アナログデータしか受け付けなかった。そのために、再生できる環境にないというえあらーになったわけだ。

     

     自宅に戻りHDMIコードを持参する。すると、画像がプロジェクターから投影された。新たな問題が発生した。サラウンド機能付きのスピーカーも持参していたが、繋いでもそこから音声が出なかった。スピーカーが壊れているのかな。そう思わざるを得ない。

     

     再度公民館へ向かった。スピーカーを借りるためだ。戻って借りたスピーカーを繋ぐ。しかしそれでも音が出ない。何が何やら分からなくなった。

     二度目の電話を家電店に掛けた。今度は明快な答えが返ってきた。要するに、PCからプロジェクターにHDMIコードを繋いだ時点で、音声がプロジェクターから出るようにセットされてしまう。何故なら、HDMIコードは画像と音声の両方を同時に送る仕組みだからだ。

     

     対処方法は理屈が簡単だった。PCのシステムで、音声の出力先を変更すればよいということだ。HDMIコードを通さずに、PC本体のイヤホンジャックに繋がるようにした。それでサラウンドスピーカーから音声が出始めた。

     

     こうしたどさくさに3時間を要した。今後は問題が無くなったわけだが、実にややこしいことだ。とにもかくにも接続を終えて、後は暗幕を窓に貼るだけになった。その作業は明日の午前中に行うことにして今日は一旦切り上げた。タケ

    | 趣味 | 21:12 | comments(0) | - | - |