ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 栗の皮むき、畑の草刈り | main | 柿の初選果、柿のカメムシ被害 >>
水田の草刈り、ハンター養成講習会2回目
0

     2019.9.29(日)曇り、一時小雨。最近起床が遅くなっていたが、今朝は気が張っていた。5時半に起床した。熟睡中のあられに言葉を掛けた。「今日は弁当が要る。」日曜日であられと長男は朝寝坊をする。昨晩言い忘れていたためやむを得なかった。

     7時より草刈りだ。早朝に片づけるべき作業もそこそこに草刈りの準備をする。

     

    ☆水田の草刈り

     

     先週、台風背起因の中で3時間一斉作業をした。思いのほか捗って、2回目で残る圃場が少なくなっていた。しかも、今日は8名が集まった。私は15分前に集合場所に出向き待っていた。新しいトラックが面々の眼を惹いた。今からの一生ものにすると宣言する。

     

     作業は前回終了したところから開始した。特に説明もせず、皆心得たように取り掛かった。残っていた量が少ないことから、2時間で終了した。ほぼ見込み通りに作業を終えられたことは好都合だった。次の予定があったからだ。

     

    ☆ハンター養成講習

     

     帰宅するとすぐにシャワーを浴びて、身づくろいすると講習会に出かけて行った。先日に電話で主催者に遅刻と告げていた。が、運良く間に合った。ぎりぎりの到着で、会場は既に時間待ちの状態だった。

     午前中が、罠に関する講義で、午後は実際に三朝町の山間部で、全員が罠を仕掛けてみる。そういう研修内容だった。

     

     草刈り作業で疲れていた。眠気で頭がぼんやりする。朝はトーストとチーズだけで腹も減る。講義内容は大体理解していることばかりでひたすら我慢するほかなかった。午前中の講義の後は昼食で、慌てて腹を満たす。眠気が強くなる。

     

    ☆山での実習

     

     罠の扱も仕掛け方も良く分かっている。だが、講習を受ける身の為ここでも我慢をした。総員19名がそれぞれ思い思いに罠を仕掛ける。それを一人ずつ根拠や工夫した点など説明する。講習としては面白い企画だったが、大勢が山の中で仕掛けた場所は、猪が走り回る尾根と谷で、説明を聞くたびに転げ落ちそうになって場所を移動する羽目になった。これが体に響いた。夕方が迫る頃、体は疲労感たっぷりだった。一人一人が自分の考えを披露する度に、指導係がポイントを整理する。それには私も気づかなかったことが多く含まれており、今日の講習の成果だった。細かく丁寧に説明された。

     

     ハンター養成とするが、実際は農業などの被害防止のためのハンターであり、山々を歩き回るハンターとは違うという違和感があった。ハンターとして個体数を減少させる町のスタンスと、更なる被害予防のための捕獲活動は、似ているようで少し違うという感覚だ。

     講習の講師に砂丘畑での捕獲について聞いてみた。答えは、それは大変だ、ということだった。麺で進入を繰り返す猪に罠を仕掛けることは、点で戦いを挑むようなものだ。掛かってからの止めも極めて難しい。それはこの間から気付いていた。

     晴れ間はなかったものの、湿度が高く気温が高かった。僅かな運動でも汗をかいた。温暖化かな、と思わせる。タケ

    | 農業 | 16:45 | comments(0) | - | - |