ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 柿の選果、罠の回収 | main | 柿の防除、畑の耕耘、農家民泊受け入れ >>
経営近代化資金、公民館分館のあり方審議会
0

     2019.10.4(金)曇り時々雨。降ったり止んだりの天気が終日続いた。朝は、長男を勤務先まで送って行った。昨夜帰宅時は雨で、自転車が無かったからだ。

     昨晩から柿のカメムシ防除を考えていた。既に我が家の圃場ではかなりの被害を受けていた。だが、少しでも被害を免れたらましだと考えた。長男を送った後で薬剤を確かめて、準備に取り掛かろうとした途端急に雨が降り始めた。結構な強さだった。今日もまだ駄目かな、という感触だった。こういう展開で結局、防除はしなかった。

     

    ☆経営近代化資金

     

     農協が期限付きで融資する融資のことだが、かなり有利な条件が付けられており、営農組合でも田植機の購入に役立てようと考えていた。期限は、来年1月までに成約を終えることだ。5年間は、ローンの金利や保証料が補助金で不要になる。

     田植機は、春先頃に調達すれば作業に間に合うが、1月末という異例の早さに合わせて相談に向かった。

     

     実は、少し前に農協の金融課には予告していた。また先般、農機担当の役員とも話し合っており間を置かずに対応することにした。

     相談した結果、内容には不本意な点が含まれていた。条件的に有利な融資だが、反面条件が付く。得てしてそういうものだと感じる。ポスターなどの触れ込みにはそういう細かいことは書かれていなかった。役員で検討する必要性を感じながら後にした。

     

    ☆昼食

     

     あられが調理を伴う行事で出かけていた。久々に一人で外食することにした。今朝の新聞のチラシに、割引券が付いた店があった。300円の割引だ。その店で昼食を摂った。農協に出かけたついでに立ち寄ったのだが、時間が空いて書店で時間潰しをした。

     

    ☆公民館分館の在り方審議会

     

     3時からという遅めの時刻の開催だった。委員長である鳥大教授の都合に合わせたものだ。今回で2回目になる。実質的な検討に入ると予想して、自分なりの考え方を整理していた。

     

     私自身はこの度の委員が初めてのことで、会の進行を見守りながらの発言になると考えて臨んだ。要するに先走らないようにしようということだが、今日は思わぬ展開に遭遇して、少なからず激高した。恐らく表情には現れたと思うが、それらしき発言は避けた。詳細は勿論明らかにはしないが、事前に配布された資料を読むだけでなく、その意味を理解していない。つまり、議論のポイントがずれている。時間のぬだだった。委員長が座長として、かなり寛容に意見を聞き取る。それでまた話し合いの方向性が右往左往することになって、結局は時間切れで終了せざるを得なかった。審議会を運営する主催者側も憮然たる心境だっただろうと推測する。当然答申の期限がある。この調子だと何回回数を重ねたら答申に漕ぎつけるか分からない。無力感で場を辞した。

     

     今日は飲まない、休肝日だと決めていた。だが、夕食のメニューを見て飲んでしまった。審議会の進行具合が後押ししたのかもしれない。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:27 | comments(0) | - | - |