ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 柿の選果、組合の稲刈り | main | 陶芸窯出し、柿の出荷、集落の「人権を学ぶ会」 >>
木工クラブ、山の草刈り
0

     2019.10.15(火)曇りのち晴れ。日本海の北に冬の高気圧が張り出した。そこから寒い風が吹きつけた。終日気温が低く、厚着になった。ゴミ出しはパスだ。

     木工クラブの活動で出掛けるほかは予定が無い。6時に起床すると早朝はゆっくりと寛いだ。昨日から体調が戻った。風邪はもう少しというところだ。起床時に、のどがガラガラした。その声を聞けば、風邪をひいていたことが明らかだった。

     

    ☆木工クラブ

     

     今月2回目で、定例の活動だった。いつもより少ない参加者で、私は最後まで旋盤の使用を交替せずに済んだ。

     今日取り組んだのは蓋物だ。弁当箱だ。ふたを重ねる部分が要注意だ。この間までに取り組んだ皿は、今朝点検するとヒビが広がっていた。引き続き削るのは無理だと判断した。木工用のボンドをヒビに塗り込む。ボンドが固まるまでしばらく置いてから作業を再開することにした。

     

     蓋物の木材は、たまたまある方から頂いたものだが、その形は死後の遺品としてだった。材料の形を整える。最初に下側を作成してその後に上側を削る。途中まで快調に作業を進めたが、あることに気付いた。上側の木材と下側の木材の直径があまり変わらなかった。上側は、これから周囲も削る。そうして下手をすると上側(蓋)が下側より小さくなる可能性があった。急遽そこで作業を止める。下側をある程度小さくしなくてはならない。やり直しかなと考えると、その後の作業を続ける気力を失った。集中力が続かなかった。

     11時過ぎに部屋の掃除を終えて帰宅した。課題を抱えての帰宅だった。

     

    ☆山の草刈り

     

     最近は農作業らしいことから遠ざかっていた。体を慣らす意味で草刈りを考えた。特に、梨畑や柿畑の草が伸びている。全てを刈るのは日数がかかるが、一部でも刈ろうと山へ出かけた。昼食後の休憩を少な目にして早めに取り掛かった。

     秋の草の特徴は、細く長い。つるが固く、切った後のつるが絡む。夏の草より始末が悪い。そういう点では効率が悪く、手間取った。エンジン機で1タンク刈った後で、充電式でバッテリー―1個分の時間を作業した。1時間半までだった。体調が影響して、長時間の作業は辛いと感じた。

     相変わらず猪の侵入が認められた。草刈りを切り上げて帰宅する。あられは今日も会議で出かけていた。帰宅までとその後も自宅で休んでいた。今日はまだのんびりできる状況だったが、明日からまた忙しくなる。夕刻農協からコンバインに関する請求が届いた。部品交換と整備費だが、封を開けて金額の明細を眺めて驚いた。高い。何の連絡もなく、いきなり高額の請求が届く。元々資金が潤沢でない組合の会計を考えると、気が重くなった。タケ

    | 趣味 | 07:51 | comments(0) | - | - |