ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 作品展初日、稲刈りのとん挫 | main | 柿の選果、畑の草刈り、集落の楽しもう会 >>
柿の収穫他
0

     2019.11.6(水)晴れ。晴天が続き、稲鞠には絶好の日和だったが、コンバインの故障でそうもいかなかった。

     朝目覚めて時計を見る。丁度6時だった。体は勿論精神的にも昨日は疲れていたのだろう。15分間まどろみ起床した。缶ごみの日だったが、長男が出勤途上で搬出してくれた。

     

    ☆稲刈り

     

     昨日のトラブルで今日の作業は出来なかった。だが、業者が代替機を提供してくれると作業を行う可能性があると、気持ちの上では待機モードを引きずった。だが、結局は作業は出来なかった。

     夕刻に代替機提供の連絡があった。早速調整をして、8日に刈り取り作業を続行することにした。気になるのは天気だ。予定通りに進行すれば、10日には今季の刈り取りが完了する。

     

    ☆陶芸教室

     

     今日は11月最初の定例活動日だったが、柿の収穫で欠席した。午前中だけ出席して午後は収穫というこれまでのパターンでは、万一稲刈り作業が発生した場合対応出来なくなるからだ。あられ一人で出席してもらった。先生はいつも通り指導をされて、今日は抹茶茶碗の製作をしたそうだ。

     

    ☆柿の収穫

     

     午前中に済ませようと8時前から出かけた。コンテナは少なめに4ケースを持参した。脚立を置いていた関係で3番目の圃場から取り掛かる。かなりの実がカメムシ被害に遭っており、収穫量は少ないと考えていた。ところが、不良品だが差し上げる分も確保するために収穫量を増やすと、4コンテナが満杯になった。

     これ以上は収穫できなくなって一旦帰宅、荷を下ろして空コンテナを4ケース積んだ。2番目の圃場へ向かった。此処は子に間倒木に道を塞がれて収穫できなかった。花色が進んでいると考えたが、全体としてはそうでもなかった。ここでも2コンテナを収穫した。

     最後は峠にある圃場で、前回かなり収穫した。枝に残る実が少なくなっていたが、それでも2コンテナ分はあった。収穫の途中である農家のおじいさんがやって来た。隣の集落の人だが、今日最初に収穫した畑でよく会う方だ。此処にも圃場があるとは知らず、雑談を始めた。今年の実の生育がおかしいという話から、防除やイノシシ被害など情報交換した。

     

     4ケースを持ち帰ると合計8個になった。時刻は11時頃で、休みを取らずに自家選果を始めた。正午までには選果は済まなかった。そのうちにあられが帰宅する。昼食後選果を再開した。3時までにはどうにか終了して、出荷準備を終えた。トラックに積んだのは5ケースだった。3ケース近くが不良品だった。

     

    ☆湖南市より返送される

     

     湖南市で開催された市展に交流関係のある当町から8作品を出展した。その返送便が今日届いた。梱包を解き、作品を取りまとめた関係者毎にくくり直して、公民館の大栄分館まで運んだ。取りまとめた人たちには、それぞれ都合の良い時に分館で回収してもらうように依頼した。

     

    ☆出荷

     

     5ケースの柿を出荷した。その帰り道で、不良品ばかりだが2軒のお宅に届けて回った。

     

     農機センターからの連絡で急に代替機の都合が付いた。オペレーターに連絡して、今後の予定を組む。最後の連絡が湯上りの後で、ようやくこれで今日の区切りがついた。タケ

    | 農業 | 07:21 | comments(0) | - | - |