ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 柿の選果、大栄公民館あり方検討審議会 | main | 柿の収穫、アグリフォーラム >>
トラックの修理、秋耕起他
0

     2019.11.29(金)晴れのち雨。今日ばかりは晴れ間が出た。頻繁に雨が降る。しかも冷たい雨だ。晴れ間が欲しいと願う日々だ。ようやく雨が止んだと農作業に取り掛かったところが、夕刻になって強い雨が降った。これで暫く耕起が出来なくなった。

     

    ☆トラックの修理

     

     修理工場の代車が用意できるために、今日トラックを持ち込むことになっていた。8時、業者の向上に持ち込んだ。1週間以上かかるようだ。返却時は燃料を満タンにすればよい。

     借りた代車は持ち込んだ車両と同じだった。オートマチックで安心したが、車体は随分汚れていた。

     

    ☆窯の点火

     

     一昨日に本焼き用の窯詰をした。掛けた釉薬の乾きを待って今朝焼成の点火をする。これも予定していたことだ。

     民芸実習館に入ると、閉めていた扉が開いていた。遅れてやって来た会長さんの話では、詰め残しの作品がまだあったようで、追加で納めたという。窯の手前の作品を確認する。くっ付いていないかだが、心持ち隙間を開ける。扉を閉めてセットした。8時半だった。13時間の焼成の後自動的に止まる。時刻が21時半だ。

     

    ☆農機ローンの手続き

     

     8時半を過ぎて農協の金釉課に向かった。入口で立つがドアが開かなかった。横の貼り紙を呼んでようやく理解した。8時45分に始業時刻が変わっていた。しばらくたって待つ。すぐに扉が開く。中に入って融資担当を呼んだ。

     ここから説明を聞きながら関係書類の記入と捺印を行った。過去3年間の総会議案所など用意する資料も提出した。幸いかかった時間は1時間もなかった。これで今日の予定は全て終えたことになる。

     

    ☆共済申込書の取りまとめ

     

     共済部長として、単年度更新する契約の取りまとめをする。まとめた書類を農済支所に持ち込む。そういう指示をこの間受けていた。今日、午後に取り纏めが完了して早速持ち込んだ。送付用の封筒もあったが、私は持ち込みを旨としている、封筒は別の機会に活用できるよう事務所に返却した。

     

     こうした手続きであちこち走るうちにある横断歩道で渡ろうとする人を見かけた。手前で停車した。最近そういう気分になる。概して日本中、そしてこの町でも同じように止まる人があまりいない。個人主義の高まりか、思いやりの欠如か同とは言えないが、現代人の悪しき癖のようだ。

     私が手前で止まっても渡れない状態が続いた。というのは、反対車線の車が止まらないからだ。社会は皆が歩調を合わせて協力しなければよくならない事例のようだった。

     

     数台が通り過ぎるうち、ようやく1台が停止線で止まって、その方は漸く渡ることが出来た。信号機のない横断歩道だ。

     

    ☆田の耕起

     

     そろそろ秋の耕起に取り掛からねばならなかった。雨が降ってなかなかその機会に恵まれない。他の圃場では雨水が溜まっている。幸い自宅近くの圃場ではそれがなく、思い切ってやってみた。午後早めに取り掛かって、面積が狭くあまり時間が掛からなかった。

     

    ☆梅畑へ

     

     草茫々を心配していた。もうすぐ剪定を行う時期だが、まずは草刈りだ。草刈り機を積んで出かけた。予備の燃料を忘れて、タンクに入っていた量で臨んだ。圃場に入ると草は余り生えておらず、圃場一面に生えていたのが破竹と笹だった。その本数が半端でなかった。圃場全体が笹や破竹で覆われていた。全ては刈れなかったが、ジグザグに圃場内を刈った。今日はどちらかと言えば様子見だった。短時間で切り上げた。

     

    ☆梨畑へ

     

     新しく棚が張られた梨畑を確認した。頼んでいた邪魔になる大木も切られていた。葉が落ちた梨の木と共に眺めるとかなりすっきりした。剪定や芽こぎをするうえで気分が乗る。

     銀杏の木の下を歩く。実が余り落ちていない。今年は明らかに少ない年回りだろう。暫く歩き回ってから帰途に就いた。帰宅して一息つくといきなり雨が降り始めた。帰宅時刻のタイミングが実によかったことになる。

     

     その雨の中、長男をトラックで迎える。その後自宅で時間待ちをした長男を今度は近くの飲食店へ送った。今日は職場で飲み会だそうだ。今度は迎は要らないようだ。タケ

    | 農業 | 07:23 | comments(0) | - | - |