ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 柿の最終選果、柿生産部の打ち上げ | main | 文化団体バスツアー >>
陶芸窯出し、農政委員会
0

     2019.12.3(火)雨のち曇り。今日も雨だ。ゴミ出しはなし。長男を会社まで送り、帰宅してからは、これまでにない寒さで震えた。梅畑の剪定などを考えたが、とてもできる状況ではなかった。

     台所でお茶を飲みながら時間を潰す。明日の文化団体行事の最終確認など電話を架け続ける。

     

    ☆陶芸窯出し

     

     本焼きの窯詰が11月27日で、焼成ボタンを押したのが11月29日だった。窯の中の温度が下がっていると考えて今日窯出しをすることになった。会長さんとお互いが暇だったことが引き金になった。11時の窯出しと約束した。

     

     11時より早めに公民館に出向く。鍵を借りて開錠する。職員一人に手伝いを頼んだ。窯の中には公開講座で製作した作品もあったからだ。

     

     今回は私も期待感があった。色付けに工夫した作品があったからだ。思い通りの色付けが出来たかどうか期待感と緊張感が伴った。

     窯の中の温度は52度で、外気に触れたときに出来る貫入などは起きない温度だった。扉を開ける。外観としては異変はない様子だった。

     問題の私の作品だが、正直期待外れだった。原因は粘土と釉薬の相性だった。安価な赤土を使って製作していた。その粘土と釉薬が馴染まず、発色が良くなかった。釉薬掛けが上手くいった反面発色で失敗したというところだ。

     ひとまず作品をテーブルに並べて二人共退室した。気に入らない出来で、作品を写真に撮らなかった。

     

    ☆部屋の片づけ

     

     夕方に会合がある。それまでは時間の余裕があったが、寒さと雨交じりの天気で何をするということもなく、ただダラダラと過ごした。思いついて、書類の廃棄や整理に取り掛かる。エアコンの効いた部屋で溜まった資料なども分別して、入れ物に収めた。冊子類、雑紙や菓子箱などの厚紙、段ボールという具合に分別した。量が溜まれば紐で括って資源ごみ置き場に運ぶ。

     

    ☆労賃支払明細の印刷

     

     個人ごとの字ss系を記入する白紙用紙が少なくなった。内容を確認しながら用紙の変更を考えた。項目は同じだが集約して、領収証と本人控を1枚の用紙にまとめた。こうすれば必要枚数が少なくて済む。まとめて印刷すればコスト削減にもなる。

     エクセルで再作成してから、公民館で印刷すべく再び外出した。公民館では今日も印刷を頼んだ。待っているとそれはすぐに終わって代金を支払う。営農組合の労賃支払いを進めるためにも必要な行程だった。

     

    ☆農政委員会

     

     7時から9時まで、眠気を押して会議に臨んだ。今日は、先に提出した町長への意見書の回答が届き、それを委員会で確認する。10日の委員会総会の後、意見書の回答を巡って町側と意見交換を行う。そのための準備だった。委員会会長からは前もって異議や質問の他にそれを誰が言及するかまで決めるように求められていた。

     会場に集った時、先に行われた会頭に変更が生じたと事務局長が新たに回答を配布された。それを、私がひと項目ごとに読む、それに対して委員が意見を言う。このやり取りで4項目の吟味を終えた。総じて会議で共有化したのは、すれ違いが多いということだった。当日の発言内容を固めて担当を決めた。会議に目途が付いたのが9時で、終了した。忘年会の日取りや会場を最後に決めて散会した。雨がずっと降り続いていた。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 20:31 | comments(0) | - | - |