ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 休息、人権研修 | main | 梅の剪定 >>
梅畑の草刈り、人権フェスティバル2019
0

     2019.12.7(土)雲り時々晴れ。6時、目が開く。今日は土曜日であられも長男も早起きの必要がない。私も、そのまままどろんで6時半に起床した。私には土曜日も日曜日もない。パンを焼いてコーヒーを淹れて飲む。いつも通りの朝で、用事がないだけだ。

     

    ☆梅畑の草刈り

     

     予定が無いわけでは無かった。天気次第でどうなるか分からなかっただけだ。少し前に梅畑に入ると、一面が破竹の林だった。昨年までの比ではないほどに茂り、圃場内が見通せなかった。破竹は生育の季節感がない。年中伸び続ける。その結果だった。6月に収穫してから訪れていなかった。剪定作業を進めるためには、圃場内が見通せるようにしなければならなかった。

     

     8時過ぎ、草刈り機を載せて出発した。幸い笹にも梅の枝にも朝露が殆ど宿っていなかった。草刈り機で払うように切る。圃場内に生えているのは殆どが笹や細い破竹だった。太いもので直径が2センチ程度で、勢いをつけて当てれば問題なく切り倒すことが出来た。圃場内全体を、切って切って切りまくった。腰をかがめて眺めると見通せるようになったのは、取り掛かりから1時間後だった。それほど時間はかからなかった。

     

     手袋をした指先が次第に痺れてきた。体も寒い。だが、作業の終わりごろになってようやく体が温まって来た。切り倒した竹を整理するのは止めた。剪定作業の邪魔にならない程度のスペースを気の周りに確保した。剪定枝の整理と共にやることにした。

     帰宅尻と、あられは既に町の行事で出掛けていた。スタッフの役を担っていた。長男は朝食を済ませて自室にいた。

     

    ☆人権フェスティバル2019

     

     現在、全国的に人件習慣だそうだ。毎年恒例のフェスティバルが開催される。今日は午後13時半からの開催で、私も参加する。昨年は長男を引き連れて臨んだ。今年は私だけ一般参加だ。

     

     11時を過ぎて長男が台所に降りてきた。私は自室で居眠りをしていた。調理をしてくれた。簡単な料理だが、有難かった。11時半頃に二人で食べる。再び時間待ちの休憩をする。12時半過ぎに会場へ出発した。受付開始前だった。

     商工会女性会が淹れるコーヒーを飲む。勿論有料だった。

     

     今日のフェスティバルは、時間帯の短さに対してプログラムがぎっしり詰まっていた。小学生や中学生も登場した。司会はお馴染みの吉本芸人で、町の親善大使を務めるほのまる」だ。7年目になるという。

     

     今日のテーマは、子どもの人権擁護で、いじめやDVなども織り交ぜた盛りだくさんの内容だった。講演は、自らも過酷なDVで悩んだ経験があるという島田妙子さんだ。自らの経験を踏まえて、目下全国各地で講演会やコンサルタンティングで活動されている。

     

     今日学んだことがある。生き方の問題として、負の局面に陥らないようにするためには、勇気をもって過去を断ち切ることだそうだ。済んだことはあまり考えないようにする。怒りの感情が相手にプレッシャーを与えて、これがもとで様々な虐待を生むとして、言葉を発する前に一息入れる「6秒ルール」が紹介された。

     

     とてもためになる集会だったが、出席者が少なかった。150名までだと思う。これもわが町の現実だ。出席者は、よく見かける顔ぶればかりだ。

     ホールで自分の著書を販売している講師に声を掛けた。「政治のニュースにはアドレナリンが出ますね。」「同じです。」言いたかったのは、6秒ルールの意味はなく、その気もないと言いたかった。「どうすれば?」「ニュースを見ません。」「私の場合、ビールを飲んでおおらかな気持ちになるしかないですね。」あくまでも冗談だ。

     (想像だが、過酷な虐待下を生きて、今も精一杯の活動をされている方なら、ふざけた政治状況には辟易とされるはずだ。)

     

     寒さが増す夕刻の時間帯、車を飛ばして帰宅した。少し遅れてあられが帰宅した。明日も梅畑だ。念のため、長男に助力を頼んだ。昨年通りだ。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:56 | comments(0) | - | - |