ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< 大腸ポリープ検査 | main | 集落の楽しもう会 >>
タイヤ交換、梨畑へ
0

     2019.12.13(金)雨のち晴れ。未明に雨が降ったが、その後快復して日中はポカポカ陽気になった。

     燃えるごみの日だがパス。起床が遅れた。昨夜、あられに整腸の意味でサプリを貰って飲んだ。その影響でよく眠れた。朝方も眠かった。結局この眠気を終日引きずった。

     体調を気にする心境は、微妙に気分を重くする。いろんな出来事を乗り越えて進んでいく日常に、灰色のヴェールが掛ったような気分だった。一旦気持ちが落ち込むと、それまでの高揚感や、ハードルを幾つも超えてきた達成感が吹っ飛んでしまう。人の気分はおかしなものだ。

     

    ☆タイヤ交換

     

     ここ2年ほどは当地に雪が降らない。だが、降った時はスタッドレスでないと怖くて走れない。雪が降らなかったとしても、タイヤ交換は年中行事だ。長い時は3月まで履く。

     午前9時、アクセラとキャロルをそれぞれ運転しながら松田のディーラーに運んだ。待っている間、マツダの新しい車種を見せてもらった。運転席に乗ってみる。買おうという訳ではないが、テレビのCMで見る実物に興味があった。新しい車がCX8だ。6人乗りを強調している。案内されて眺めると想像よりずっと巨大だ。いわゆるSUVという車種で、トヨタのハリアーなど全く問題にならない大きさだ。運転席は結構コンパクトだ。大きい車に乗っているという実感がない。その代わりに、見たことのないようなボタンやつまみが並んでいた。IT化が進み、音響も最高級スピーカーだ。こんな車が要るのかなというのが実感だった。

     

     その後は、CX5を見る。流石に見劣りする。アクセラの新型が並んでいた。流線型で気鋭なフォームが良かった。現在は、アクセラとは呼ばない。MAZDA3という。同じようにスタンザという車があるが、これはMAZDA6だそうだ。ひと時の夢を見た。

     

     タイヤ交換は割と早くに終わった。この時期依頼件数が多く、工場は朝からテンテコ舞だった。

     

    ☆梨畑へ

     

     天気が良かった。タイヤを降ろしてから、あられを誘い梨畑へ出かけた。まず、現在の畑の状態を見せることがあった。そして、ゆずの収穫をする。私は枝を棚に括り付けたり、枝の剪定をした。

     我が家の梨の木は、棚を意識せずに風変わりな延ばし方をしていた。棚との間に空間が空いている。それは承知で棚を整備した。

     

     気付いたことがある。一本の木の枝の更新がかなり早くなっていることだ。使いまわした結果だが、その量が多い。しかも徒長枝がが少ない。木の勢いが弱くなっているのだろうか。来年の栽培に向けて、不安が募った。

     11時を過ぎて脈側通り帰途についた。

     

    ☆午後も梨畑へ

     

     今年、梨の苗木を1本、輝太郎柿の苗木を2本植える。植えると決めた場所の草刈りをした。葉の切れ味が悪く時間が掛かった。だが、植えるあたりを全面刈り終えた。その後は梨の整枝をした。4時を過ぎると暖かい陽気も12月だけあってひんやりとしてきた。今日の処はここまでとした。

     

    ☆トラックの引き取り

     

     山から帰り、長ぐつをサンダルに履き替えたとき携帯に電話が入った。ガソリンスタンドからで、事故修理で出していたトラックが納車されたという。すぐにサンダル姿で受け取りに出かけた。台車は返却する必要だある。

     

     ガソリンを満タンにして返却して自分の黒魔を引き取る。そしてまたガソリンを満たす。代車料金を支払って帰宅した。タケ

    | 食べ物・健康・日常生活 | 07:00 | comments(0) | - | - |