ブログパーツUL5
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タケとあられのブログ

リタイアした夫婦が、郷里の片田舎で両親の世話をしながら、農業や自治会の仕事に追われ、ゆとりがあるはずだった生活に揉まれながら諦めずに趣味に拘り、二人三脚で生き方を模索する、、、そういう記録を発信します。
<< タイヤ交換、梨畑へ | main | 果樹の苗木を植える、巨大なケヤキ材を切る >>
集落の楽しもう会
0

     2019.12.14(土)曇りのち雨。予報が当たった。午後からだと報じていたが、午前中から降り始めた。考えていた農作業などの予定が遠ざかった。

     土曜日は早朝から起きる必要がない。従って二人は寝坊モードだ。私は、のんびりと寝ておれず、6時過ぎに起床した。一人でコーヒーを沸かして、食パンを焼き朝食を摂る。コーヒーには昨日から牛乳を注いでいる。

     あられが起きる。私は自室で年賀状書きをする。

     

    ☆集落の「楽しもう会」

     

     この会は全くの有志の会だ。集落に活気を取り戻す目的で数年前から様々な取り組みをしている。内容は、会の名称通り有志が楽しめる行事にしている。行事ごとの参加は自由にして門戸を開いている。少しずつでもメンバーが増えれば、次第に集落全体に広がることを期待している。

     これまでの参加者は、集落内に限れば高齢者や子供が多い。子供と共にその親が参加することもあるが、働き手の世代の参加が乏しい。有志の取り組みを、自分たちが勝手にやっているとみられている向きもある。それが参加者の伸びない原因でもある。

     

    ☆芋煮会

     

     今回は、年末を控えて季節の旬の里いもを食べる。おにぎりと芋煮だ。9時集合で準備に取り掛かった。最も手間のかかる里芋の皮むきに男性5,6名で取り掛かる。用意した食材は、50名分を想定した。

     里芋の次は大根やその他野菜とこんにゃくだ。此処からの時間は余り掛からなかった。大鍋で3杯を焚く。ご飯が炊きあがり、男性陣でおにぎりを作る。材料を多めに準備した関係で50人分どころか100人分近くになった。

     

     準備ができると、集落内に区内放送で連絡する。やって来たのはお婆さんたちだった。世帯主である男性も、その家族も殆ど姿を現さなかった。やりたいものが勝手にやっているという貧弱な発想しか出来ないのだろうか。

     

    ☆ケーブルテレビの取材

     

     少し前から取材を申し込んでいた。その時は、諾否ははっきりしなかった。里芋の皮むきをしているとき、取材を担当する係が現れた。そこから準備の状況や調理後の食事風景を取材して貰った。中心的な立場の女性や、食事中の長男がマイクを向けられた。考えてきていたのか、結構気の利いたコメントをしていた。

     

     食事を終えると、かなり大量におにぎりと料理が残った。それを関係者で分け合ってめいめいが持ち帰った。参加者は、有志を含めても30名どまりだった。週末を狙ったのだが、いつも子連れで参加する家族などが重なった行事で欠席になった。私用で参加できない家もあった。昨今は、どの行事もこういう状況だ。

     次回は、年明けの1月に来年度の活動を話し合うことになった。出来れば、町の補助が得られる計画を工夫する。

     

     夕刻、あられと長男が町の図書館行事に出かけて行った。クリスマスコンサートか何かで、ゴスペルのミニコンサートだそうだ。私は、自宅で年賀状書きをしながら留守番をした。

     昨年頂いた賀状を見ながら宛名を書いてゆく。裏面はパソコンで編集してすでに印刷済みだ。1枚づつ書きながら相手を思いやる。閃いたコメントをその度に記入する。その中で最近目立ち始めたのが、高齢により以後の出状を控えたいという添え書きだった。それが、高齢という割に70歳を過ぎて間もない人たちだった。健康不安なのか、または他人との付き合いがうっとおしくなった人達か、かつて親しかった人たちですら本音が伺い知れない。年賀状が余るなという予感がよぎる。タケ

    | レジャー・探訪 | 08:14 | comments(0) | - | - |